重賞

【未知なる可能性】デアリングタクトの将来性とは【2020桜花賞】

さて、桜花賞が終わりました。
勝ったのは2番人気の「デアリングタクト」でした。

ちなみに”daring”が「大胆な」という意味で、デアリングタクトは「大胆な戦法」という意味だそう。まさに馬名の由来の如く、大胆に大外一気を決め、圧倒的な力を見せつけました。

大雨が降る中、重馬場を一頭だけ次元の違う脚で追い込んできましたね。
前走の時計があまりにも良かったため、重馬場でのパフォーマンスを疑問視する声もありましたが何のその。むしろ、相対的に強さが目立つ勝ち方となりました。まぁ、父が重馬場で圧倒的なパフォーマンスを見せたエピファネイアなので、重馬場をこなす可能性は十分ありましたよね。割とピッチ走法の馬ですしね。

それにしても、この馬が前日まで1番人気だったことが最近の馬券購入者のレベルを表していますね。もちろん期待込みのオッズだったんでしょうけど。

まず、簡単に桜花賞を振り返りましょう。



2020年4月12日 第80回桜花賞(GⅠ)

ペースが34.9-38.1なので、3.2秒のハイペース。重馬場の中でかなり飛ばしましたね。まぁレシステンシア武豊としては、切れ味勝負が分が悪いことは分かっていたと思うので(まぁこの馬場なら、そもそも切れ味勝負にはならないでしょうが)このようなペースになったのでしょう。スマイルカナも前走逃げずに良いところがまったくなかったので、いっそのこと逃げてしまおうという感じですかね。

レースの上がりが38.1秒かかっている中で、デアリングタクトの上がりタイムが36.6秒。上がり2位の脚を使ったクラヴァシュドールが37.1秒なので、0.5秒の差があります。いや、これは強い。ただ、クラヴァシュドールも道中かなりの不利があっての4着なので、見た目以上に強かったと思いますけどね。

ここからは、デアリングタクトの将来性について考えたいと思います。

デアリングタクトの強さは既に証明されていた?

2戦2勝で、まだ半信半疑の部分が多かったデアリングタクトですが、実は新馬戦、エルフィンSともに、あのアーモンドアイと同じようなパフォーマンスを見せていたのです。どの部分がアーモンドアイと似通っていたのかというと「加速ラップを差し切っている」という点です。

レースラップが加速ラップを踏んでいるということは、前の馬が決して止まっているわけではないレースの中で、前にいる馬を差し切っているわけなので強さが目立つのです。前の馬がバテて、ペースが落ちたところを差し切るのが普通の差し馬ですが、前が止まっていない中で差し切るというのは、並大抵の力ではできません。デアリングタクトは新馬戦、エルフィンSのどちらでも、この展開の中で差し切るというパフォーマンスを見せていました。

まずは、アーモンドアイのシンザン記念から。

レースラップが12.1-11.7-11.5となっています。
実際、2・3着馬は逃げた馬と2番手の馬なので、決して前が止まっているわけではありません。

しかし、この時はアーモンドアイも2.9倍ついていたのですね・・・



続いて、デアリングタクトの新馬戦とエルフィンSを見ていきましょう。

新馬戦のラップが12.2-11.7.11.3で、それを差し切り勝ち。
まぁ取り立てて強いというほどでもないですが。

続いてエルフィンS。
このレースが12.0-11.7-11.4のラップで、それを差し切り4馬身差の圧勝。相手も決して弱い相手ではないですし、この時点で一躍主役候補に躍り出たという感じですかね。

まとめ

デアリングタクトは父エピファネイア、母父キングカメハメハですから、長い距離も十分こなせるでしょう。
この馬の懸念材料は、内で揉まれた時どうか。究極の切れ味勝負になった時にどうか。ですかね。

レースぶりを見ていると、馬群を割るというよりは、すべて大外を回して差し切る展開です。多頭数で内枠になった場合、外に出すロスなどを考えると、まだ付け入る隙はありそうです。

あとは、切れ味という点においては、スパッと究極的に切れるというタイプではないように思います。むしろ、今回の桜花賞で重馬場への適性が思ったより高かったので、パンパンの良馬場で究極の切れ味を求められたときにディープインパクト産駒に切れ負けする可能性はあると思います。

ただ、松山騎手はいまやトップクラスに信頼できる騎手になりましたし、この2点をうまく克服できれば、あわよくば3冠も見えてくる素材ではないかと思います。今後の「デアリングタクト」の活躍に注目ですね。



関連記事

  1. 重賞

    【2019有馬記念】アーモンドアイ~アエロリット【出走馬分析】

    いよいよ、来週はグランプリ有馬記念です。今年も1年早かったですね。…

  2. 重賞

    【牡馬クラシック1冠目】2020皐月賞(GⅠ)で激走するのはこの馬だ【重馬場】

    先週の牝馬クラシック「桜花賞」に続き、牡馬クラシック1冠目「皐月賞」で…

  3. 重賞

    【レース回顧】ジャパンカップ(GⅠ)を制したのはスワーヴリチャード

    最近、顕著な高速馬場化が進む東京競馬場ですが、重馬場で行われた今年のジ…

  4. 重賞

    【2020ヴィクトリアマイルGⅠ】アーモンドアイが次に負けるレースを予想してみる。

    2020年のヴィクトリアマイルは、アーモンドアイの圧勝でした。持っ…

  5. 重賞

    【春のスプリンター王決定戦】GⅠ高松宮記念(中京芝1200m)【無観客GⅠ】

    明日は春のスプリンター王決定戦「GⅠ高松宮記念」です。無観客でのG…

  6. 重賞

    【2020NHKマイルC】キンシャサノキセキ産駒の適性距離は?【ルフトシュトローム】

    キンシャサノキセキ産駒の「ガロアクリーク」が皐月賞3着で、驚いた方も多…

  1. 雑記

    【必勝法】東京ダートで勝ちたい人へ【1400m,1600m】
  2. 重賞予想

    朝日杯FS(GⅠ)はグランアレグリア1強なのか?
  3. 重賞予想

    2018秋華賞(GⅠ)出走馬分析 パイオニアバイオ
  4. 重賞予想

    【根岸ステークス2019】枠順確定後分析
  5. 重賞予想

    2018菊花賞(GⅠ)出走馬分析 前半
PAGE TOP