重賞回顧

1/3ページ

【2019NHKマイルカップ】グランアレグリアはなぜ負けたのか【アドマイヤマーズ】

NHKマイルカップ、勝ったのは2番人気M.デムーロ騎乗のアドマイヤマーズでした。 1番人気グランアレグリアは降着で5着に。 この記事では、グランアレグリアがなぜ負けたのか見ていきます。   NHKマイルカップの結果 ペースとしては45.8-46.6でほぼ平均ペース。 前に行きたいメンバーも多かったし、何よりグランアレグリアとアドマイヤマーズが早めに仕掛けるだろうという予想だったので、この […]

【2019天皇賞春・回顧】フィエールマン最強の証明を果たす【C.ルメール】

  • 2019.04.28

平成最後のGⅠ「天皇賞・春」を制したのは、C.ルメール騎乗のフィエールマンでした。 何と言うか、ある意味平成最後にふさわしい決着でしたね。 「ノーザンファーム天栄&ルメール」という、平成の終わりを席巻したコンビが、平成最後のGⅠを締めくくりました。 まずは、レース結果とラップから。   天皇賞の結果とレースラップ レースラップを見ると、ちょうど半分くらいで一番ラップが緩んでいることが分か […]

【2019大阪杯】アルアイン皐月賞以来のGⅠ制覇【北村友一初GⅠ制覇】

大阪杯が終わりました。 勝ったのは、北村友一騎乗のアルアイン。アルアインは、3歳の皐月賞以来のGⅠ2勝目。鞍上の北村友一はGⅠ初制覇となった。 まず、結果とラップタイムから。   大阪杯のレース結果 スタートでキセキが後手を踏んだことで、内からエポカドーロが逃げる展開。ペースは61.3-59.7で明確なスロー。うーん、この展開でエポカドーロ勝てないか・・・本命にしていた自分にとっては直線 […]

【2019高松宮記念】ミスターメロディ初の1200mでGⅠ制覇【波乱決着】

高松宮記念を制したのは、初の1200m挑戦のミスターメロディでした。 うーん、予想としては結構予想通りだったんだが、ここまで荒れるとねえ。 まぁ、レースとしては結構分かりやすいレースで、タイムが速く、馬場が良かったので単純に内を通せた馬が上位に来たという印象。内外の馬場差は無かったということでしょう。 結果とラップを見ていきます。   高松宮記念の結果とラップ 勝ちタイムは1.07.3 […]

【2019阪神大賞典】ロードヴァンドールの粘り腰【長距離適性は?】

阪神大賞典が終わりました。勝ったシャケトラは能力の違いで勝ち切りましたが、驚いたのがロードヴァンドール。この馬、日経賞で「おっ?」とは感じていたのですが、今回のレースで長距離適性を再確認しました。 まずは阪神大賞典の結果から。   阪神大賞典のレース結果 シャケトラが格の違いを見せ圧勝。元々、キタサンブラックなどとやり合っていた馬で、この馬の復活は嬉しいね。前走、AJCCでは瞬発力勝負で […]

【ダノンプレミアム復活】2019金鯱賞回顧【大阪杯に向けて】

金鯱賞の回顧を少し。 大阪杯に向けての展望にも触れていきたいと思います。 金鯱賞の結果 ダノンプレミアムが、ダービー以来のレースで見事な復活を見せつけた。 後で、ラップを振り返るが、ダノンプレミアムの得意なラップになったことも確かだが、素直に強さを見せつけたレースだった。この馬は、何というか、力強さがある走り方をするなあという印象。 本命、リスグラシューも良い走りだった。ほんとに、左回りではコーナ […]

【弥生賞2着】シュヴァルツリーゼの走法と可能性【皐月賞や日本ダービーは?】

弥生賞が終わり、そろそろクラシックに向けて世代の整理をしたいところ。 弥生賞を見て、「シュヴァルツリーゼ」という馬が気になったので分析したいと思います。   弥生賞の回顧 まずは弥生賞の回顧から。 雨が降り、重馬場で行われたため、少し特殊なレースになったかなと。 ペースを見てみましょう。 ペースとしては、ほぼミドルペース。 レースの上がりが37秒なので、雨の中山らしく割とタフなレースにな […]

【ウインブライト】2019中山記念(GⅡ)の結果と回顧【ディアドラ】

中山記念のおさらいを。 第93回中山記念(GⅡ)結果 ウインブライトが中山適性を見せつけ見事勝利。 自分で言うのもなんですが、今回の予想は完璧でしたね。 中山記念の記事はこちら↓       結果としては、分析通りになりました。 上がりに差が出ない。「好位から、そこそこの脚」を使う馬が来る。結果と上がりタイムを見ても、まさにその通りの結果になったのではないでしょうか。 […]

またジェネラーレウーノのラップが酷い件について

  • 2019.01.20

また、田辺さんがやってくれましたよ・・・ なんとなくステイインシアトルが逃げた時点で嫌な予感はしてたんだけど、ラップ見てやっぱりなと。   まずはAJCCの結果を見てみましょう。     ペースが49.3-46.3で3秒のドスロー。 そもそも、ステイインシアトルはスローで結果を出している馬なので、この逃げは分かる。 問題はジェネラーレウーノ田辺、あなたですよ。 今まで […]

シンザン記念&今開催の京都と中山の分析

シンザン記念を振り返ります。 ペースは47.3-48.4で-1.1秒のややハイペース。 まぁハイペースというよりは、時計がかかる馬場なので、相対的に前半が速くなってしまった感じ。 今開催の京都は開幕週にしては、かなり時計がかかっている。過去10年のシンザン記念のタイムを見てみましょう。 17年、18年は馬場が悪かったので参考外とし、良馬場で開催された中では今年が1番遅いタイム。 今年の開催で特徴的 […]

1 3