雑記

【右手前・左手前】手前を替えるとは【得意・不得意】

よく競馬において、「手前を替える」という表現が使われます。
そもそも、手前を替えるとは、どのようなことを言うのでしょうか。

そもそも手前とは

馬が走る時、前脚を同時に踏み出すことはできません。必ず、どちらかの脚を先に出して走ることになります。人間もそうですが、馬にも「右利き・左利き」というものがあると私は考えてます。ここで、右手前・左手前の違いを見ていきましょう。

右手前とは

右手前とは、左脚を先に着け、右脚を後に着ける走り方。
写真で見ると、右脚が前に来る走り方ですね。実際、写真で見てみましょう。

1番の白帽子の馬の脚を見てください。
左脚を先に着け、右脚が前に来ている状態。これが右手前です。

どういう時に右手前で走るかというと、右回りコースのコーナーです。
右回りでは、右手前で走らないとコーナーで大きく外に膨れてしまいます。
ですが、右回りでずっと右手前で走ってしまうと疲れてしまいます。
ですので、最後の直線部分では「左手前」で走ることで疲労を分散させます。

つまり、右回りコースでは
コーナー → 右手前
直線   → 左手前
で走るのが一般的です。



左手前とは

左手前は右手前の逆ですね。
右脚を先に着け、左脚を後に着ける走り方。写真で見ると、左脚が前に来る走り方ですね。
これも、実際に写真で見てみましょう。

15番のピンク帽の馬を見てください。
右脚を先に着け、左脚が前に出ています。これが左手前です。

コーナーと直線の走り方も右手前と真逆です。
左手前で走るのは、左回りコースのコーナーです。

まとめると↓

右回りコース
コーナー →右手前
直線   →左手前

左回りコース
コーナー →左手前
直線   →右手前

 

利き脚とは

人間でも右利き、左利きがあるように、馬にも利き脚があると言いましたが、実際に右回りだけが得意な馬、左回りだけが得意な馬というのがいます。

例えば、ディープインパクトは「右手前」が得意だと言われています。
東京競馬場のような左回りコースでは、最後の直線が「右手前」になるため、直線だけで他馬をごぼう抜きすることができます。

一方、右回りでは最後の直線が「左手前」になります。ディープインパクトが唯一国内で負けた1度目の有馬記念は、先行したハーツクライを最後の直線で捉えることができませんでした。

しかし、引退レースとなった2度目の有馬記念では、最後のコーナーで武豊騎手がスッと促し、直線の入り口では先頭に立ち、見事1着。つまり「右手前」が得意ということは、右回りのコーナーが得意だということになります。ディープインパクトが右回りで勝っている時は、コーナーでスッとポジションを上げているのも納得ではないでしょうか。

では、最近で最も分かりやすい例である「スワーヴリチャード」という馬を見ていきましょう。
まぁ、手前の説明で使った写真も、すべてスワーヴリチャードなんですが(笑)


スワーヴリチャードという馬

スワーヴリチャードは、3歳クラシック時点で「左回り」が得意な馬として有名でした。
調教師の方もおっしゃっていましたが、とにかく右手前で走るのが好きな馬だと。

実際、3歳時に馬券外に飛んでいるのは皐月賞と有馬記念の2回。両方とも「右回り」のコースですね。

普通、右回りコースでは、「コーナーを右手前、直線を左手前」で走ります。
しかし、このスワーヴリチャードは「右手前」が好きすぎて、最後の直線も右手前で走ってしまうのです。

実際に写真で見てみましょう。

これは、4着に敗れた有馬記念の最後の直線です。

一番外のオレンジ帽がスワーヴリチャードですが、「右手前」で走っていることが分かります。
他の馬はすべて「左手前」で最後の直線を走っています。青帽のシャケトラが一番分かりやすいですかね。

右回りということは、当然コーナー部分は「右手前」で走っているわけなので、最後の直線は疲れていない「左手前」で走らないと伸びないことになります。
結果的に、この時は疲れたのか直線で斜行してしまい、他の馬に迷惑をかける形になりました。

 

それに比べ、左回りではスムーズに最後の直線で自慢の「右手前」を披露できるため、強さを発揮します。

3歳時の共同通信杯の写真を見てみましょう。

綺麗に右脚が前に出て「右手前」になっています。
実際、左回りでは直線で鋭い差し脚を発揮できています。

 

そんな前評判の中、挑んだ4歳時のGⅠ大阪杯。
右回りの不安が囁かれる中で、M.デムーロに導かれ1着に。
なぜ、大阪杯でスワーヴリチャードが勝てたのか分析します。


なぜスワーヴリチャードは大阪杯で勝てたのか

理由は2つあると思います。

1、右手前が得意という点を生かしたミルコの捲り
2、直線で左手前が使えている

 

1、右手前が得意という点を生かしたミルコの捲り

ディープインパクトの話の時にもお話しましたが、「右手前」が得意ということは、右回りのコーナリングが得意ということになります。大阪杯は内回りの2000mなので、最後の直線が短く、「左手前」が得意でも、その強みを生かせずに終わってしまうことが大いにあります。

ましてや、スワーヴリチャードは「左手前」が苦手なので、強みである「右手前」を生かせるコーナリングで他馬より優位に立つという騎乗は、ファインプレーだったと思います。
この時はペースも遅かったので、それを見越した捲りだったと思いますが。

 

2、直線で左手前が使えている

今までは、右回りの最後の直線で「右手前」で走っていたスワーヴリチャードが、大阪杯では「左手前」が使えています。写真で見てみましょう。

左手前の説明の時も使った写真ですが、これは大阪杯のゴールシーンです。
15番スワーヴリチャードは「左手前」で走ることができています。

厩舎側の努力もあると思いますが、馬自身の成長も立派ですね。

 

「右手前」が得意な点を生かしたミルコのファインプレーと、馬自身の成長がもたらした、大阪杯での勝利だったと思います。

 

このように、馬によっては「左回りが得意な馬」「右回りが得意な馬」がいます。
それには、「手前」が関係していることが多いです。
手前に注目してレースを見てみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

  1. 雑記

    【簡単に万馬券が取れる】三連単の買い方講座【狙うレースとは】

    さて、今回の記事は「馬券の買い方」についてです。皆さんは、どのよう…

  2. 雑記

    【WIN5とは】2018年12月28日のWIN5を買うしかない

    2018年の有馬記念が終わり、例年であれば中央競馬は終わり。なので…

  3. 雑記

    【フェブラリーS優勝】インティは今後、ダート界の王に君臨するのか【7連勝中】

    先週のフェブラリーSを制した武豊騎乗のインティ。世代交代が進まない…

  4. 雑記

    【桜花賞2019出走予定馬】これを見れば3歳牝馬の勢力図が分かるPART2【賞金・ボーダーライン】

    前回の記事の続きで、桜花賞の出走予定馬の分析を行っていきます。PAR…

  5. 雑記

    ハービンジャー産駒は長距離が苦手?

    菊花賞で上位人気が予想される「ブラストワンピース」ここ最近ネットで…

  6. 雑記

    【WIN5対策】中山芝1600mの傾向【枠順、血統】

    今週のWIN5はキャリーオーバーで熱い!ということで、改めてWIN…

  1. 平場予想

    2018年10月7日 東京7R ダート1600m予想
  2. 重賞回顧

    シンザン記念&今開催の京都と中山の分析
  3. 重賞予想

    2019シンザン記念。出走馬検討。
  4. 雑記

    【競馬予想】JRA-VANデータラボの使い方【TARGET frontier J…
  5. 重賞予想

    【枠順確定後】大阪杯(GⅠ)の予想【出走馬分析】
PAGE TOP