重賞

【2019有馬記念】アルアイン~クロコスミア【出走馬分析】

出走馬分析の続きを。

アルアイン

松山に皐月賞、北村友一に大阪杯のGⅠタイトルをプレゼント。ディープインパクト産駒としては息の長い活躍を見せている当馬。初GⅠタイトルを獲得した松山とのコンビで有終の美を飾れるか。

ここに来て松山とのコンビに戻るのね。ダービー以来。何とも言えない気持ち。
前走はさすがに負けすぎだけど、天皇賞秋は外枠がしんどかったし、敗戦理由は割と明確。中山はGⅠ獲りの舞台だし、元々この馬は決め手比べでは部が悪い馬。多少、上がりがかかる中での持久力勝負なら、結構いい勝負ができるんじゃないかな。脚質的に内枠が欲しいところ。大外枠とかになったらジ・エンドだね。



エタリオウ

最強の1勝馬と言われるエタリオウ。ステイゴールド産駒得意の中山で、2勝目が有馬記念というサプライズを見せることができるか。

想定人気はかなり低いみたいだけど、結構侮れないと思っている。こういう馬が意外と走るのも有馬記念だからね。少し前にサウンズオブアースという同じような戦績の馬がいたけど、その馬も2勝という身分で有馬記念2着だったからね。近走を見てもそこまで大敗しているわけではないし、枠順さえよければ紐で買うことも考えている。頭は相当嵌らないと厳しいと思うけどね。

キセキ

昨年の秋はGⅠ戦線を賑わせたキセキ。脚質転換により才能が開花したように思える当馬だが、脚質転換する前の菊花賞から勝ち星を挙げることができていない。久々に勝利の美酒を味わうことができるか。

思えば、川田がGⅠなかなか勝てなかったっていうのは、このキセキの戦績からもよく分かりますな。見事に2,3着ばっかり。

それでも、この馬の昨年のレースぶりはすさまじかった。思えば昨年の有馬記念、秋3走目で余力も無い中、14番枠という逃げ馬にとっては相当きつい枠順で、スタートも少し遅れ、無理やり逃げて0.6秒差の5着。これ、相当強かったと思うんです。去年のレース後に回顧してますのでご覧ください。

 

 

今年も凱旋門賞帰りですので、体調が1番不安です。去年と同じくらいのコンディションで、良い枠に入れば十分圏内でしょう。



クロコスミア

エリザベス女王杯3年連続3着が示すように、名脇役として奮闘してきた。最後のレース、皆が驚く主役の座に辿り着けるか。

この馬は好走パターンが割とハッキリしている馬。ズバリ、前半スローからの瞬発力勝負。エリザベス女王杯は、最後の3ハロンが11秒台で推移するレースで、前半がスローになりやすいレース。それがぴったり嵌るんだよね。

有馬記念の場合、仕掛けが早くなる傾向にあり、最後の1ハロンで明確にラップが落ちる。これは、また別の記事で紹介しようと思う。とにかく、有馬記念のラップには少し合わないかなという印象。キセキという別タイプの逃げ馬もいるし、キセキは後半ロングスパートを仕掛ける馬なので、相性も悪そう。ちょっと条件としては厳しいかな。馬券的にはお世話になった馬。ありがとうクロコスミア。



関連記事

  1. 重賞

    【2020年最初のGⅠ】フェブラリーステークス(GⅠ)【東京ダート1600m】

    さて、いよいよ2020年最初のGⅠ「フェブラリーステークス」です。…

  2. 重賞

    【春のスプリンター王決定戦】GⅠ高松宮記念(中京芝1200m)【無観客GⅠ】

    明日は春のスプリンター王決定戦「GⅠ高松宮記念」です。無観客でのG…

  3. 重賞

    【枠順確定後】2020年京都金杯(GⅢ)買える馬。買えない馬。

    1月5日(日)の京都金杯の枠順が確定しました。そもそも、前日にならない…

  4. 重賞

    【2020エリザベス女王杯】大外枠も関係なし。ラッキーライラック連覇達成【引退レース?】

    11月15日、阪神競馬場で行われた第45回エリザベス女王杯。勝った…

  5. 重賞

    【未知なる可能性】デアリングタクトの将来性とは【2020桜花賞】

    さて、桜花賞が終わりました。勝ったのは2番人気の「デアリングタクト…

  6. 重賞

    【2021秋華賞】ソダシ2冠達成なるか。伏兵の台頭はあるのか

    さぁ牝馬3冠目、秋華賞です。今年は阪神2000mでの開催となります…

  1. 平場

    【札幌新潟小倉】2019年8月11日の競馬【関屋記念】
  2. 重賞予想

    【雨予報】2019阪神大賞典(GⅡ)で狙いたい穴馬とは【出走予定馬】
  3. 重賞回顧

    アルゼンチン共和国杯(GⅡ)回顧
  4. 雑記

    【2019桜花賞・皐月賞】グランアレグリア、サートゥルナーリアに見るノーザンファ…
  5. 重賞回顧

    2018菊花賞のペースがやばい
PAGE TOP