重賞

【名馬への登竜門】シンザン記念(GⅢ)の勝ち馬候補は2頭のみ【京都芝1600m】

今週はジェンティルドンナ、オルフェーヴル、アーモンドアイなど名馬が輩出された出世レース「シンザン記念」です。先週の京都金杯は「サウンドキアラ」から3連複を購入し、見事的中することができました。年始から当たると気持ちが良いですね。この調子で行きたいです。

先週の京都金杯も終わってみれば松山、北村友一のワンツー。この2人の存在感は昨年からえげつないですね。これは、また記事でまとめようと思います。騎手選びだけで馬券攻略できるのでは?と最近は考えるほど。まぁ、またの機会に。

では、シンザン記念の出走馬から。



シンザン記念(GⅢ)出走メンバー

きさらぎ賞に比べて、シンザン記念は出走馬が多いイメージだったのですが、今回は10頭立て。少し寂しいですね。重賞レースで出走頭数が少なくなるのには理由があります。特に最近顕著なのが「ノーザンファームの使い分け」です。

ズバリ、今回の勝ち馬候補は「サンクテュエール」「ルーツドール」の2頭に絞られたといっても過言ではないです。東の「サンクテュエール」、西の「ルーツドール」といったところでしょうか。この2頭に絞ってそれぞれ見ていきたいと思います。

サンクテュエール

藤沢厩舎&ルメールの黄金コンビ2020年版。父ディープインパクト、母が米国血統という、いかにも王道中の王道です。ルメールが先週はアメリカで休暇を満喫していたようなので、時差ボケしていないかが心配ですかね。過去走を見ていきましょう。

新馬戦

ペースは37.5-33.7なのでかなりのスロー。まぁ新潟の新馬なので、直線だけの競馬という感じ。スタートの出も良く、軽く促す程度で2番手を確保。そのまま直線を迎えて、最初は少し反応が悪かったが、最後の200mでムチで促されると切れ味を発揮し、逃げ馬を交わしてのゴール。反応が悪いと書いたが、単純に逃げ馬が10.9のラップで走っているので、それを交わせというのが無理な話。そう考えると、最後の1ハロンも10秒台のラップを踏んでいると考えることができ、2ハロン続けて10秒台のラップを踏んでいることになる。やはり切れ味はあるね。まぁ新潟なので参考記録程度に考えますが。



アルテミスS

ペースが36.3-33.7で、これもドスローと言っていいレベル。このレース見れば見るほどリアアメリアが強いんだよね(笑)

このレースでも2番手につけて、しっかり33.6秒の脚を使って逃げ馬を交わしているし、決して悪いレースぶりではないと思う。リアアメリアの驚異的な切れ味に屈しただけという感じかな。

サンクテュエールの良いところは「ある程度先行できる」「切れ味がある」ですかね。
逆に不安な点は「流れたペースの経験がない」ところですね。仮定ですが、おそらくペースが流れることでパフォーマンスは低下するでしょうね。ディープインパクト産駒ですし。あとは、今の京都の馬場コンディションですね。今の京都は「内有利、少し重い馬場」という感じでしょう。サンクテュエールとしては、最内枠ですし、「スローの内有利、前残り」が理想ですね。少し馬場が重いので、騎手の意識が落ちペースが落ちるようだったら最有力ですね。

あ、あまり天気を気にしていなかったですが、日曜日は雨ですか・・・雨が降ると微妙ですね。評価は少し落とした方が良いかと思います。



ルーツドール

フィエールマンの妹で、父がジャスタウェイ。あれ、ジャスタウェイ産駒重賞勝ってたっけ?と思って、調べてみたら「ロードマイウェイ」が勝ってたんですね。ジャスタウェイ産駒は、あまり切れるイメージがなくて、どちかというと持久力タイプのイメージ。ヴェロックスとかね。

新馬戦

ペースが35.3-34.3でややスローぐらい。時計が早いので新馬としては十分流れている方だと思う。この馬もスタートは良く、2番手から直線突き放すという内容。ただ、サンクテュエールとはまったく違う勝ち方で、サンクテュエールは切れ味で、ルーツドールは持続力特化型ということ。このレースでも10秒台のラップは踏んでいなくて、11秒台のラップを持続している形。馬格もある馬で、パワー型と見た。

結論としては、軽い馬場、スローなら「サンクテュエール」。タフな馬場、ミドルペースなら「ルーツドール」でという感じ。分かりやすくていいね。



関連記事

  1. 重賞

    【2020年】京都金杯(GⅢ)芝1600m【荒れるハンデ重賞】

    さて、2020年最初の重賞「京都金杯」です。毎年恒例のハンデ重賞。…

  2. 重賞

    【2020年最初のGⅠ】フェブラリーステークス(GⅠ)【東京ダート1600m】

    さて、いよいよ2020年最初のGⅠ「フェブラリーステークス」です。…

  3. 重賞

    【レース回顧】ジャパンカップ(GⅠ)を制したのはスワーヴリチャード

    最近、顕著な高速馬場化が進む東京競馬場ですが、重馬場で行われた今年のジ…

  4. 重賞

    【2019有馬記念】なぜアーモンドアイは有馬記念に出走するのか

    今週は2歳GⅠ朝日杯FSですが、有馬記念にアーモンドアイが参戦というこ…

  5. 重賞

    【秋のマイル王決定戦】マイルCSの勝ち馬を見つけよう【スワンS組は?】

    今週末は秋のマイル王決定戦。マイルチャンピオンシップ(GⅠ)です。…

  6. 重賞

    【暮れの2歳GⅠ】阪神JFはノーザンファーム生産馬に注目

    明日は牝馬の2歳GⅠ「阪神ジュベナイルフィリーズ」です。どうで…

  1. 雑記

    【2019桜花賞・皐月賞】グランアレグリア、サートゥルナーリアに見るノーザンファ…
  2. 重賞予想

    朝日杯の穴馬。オススメ2頭。
  3. 平場

    1/27(日)ダート必勝法で15万円獲得【東京1R】
  4. 雑記

    【必勝法】東京ダートで勝ちたい人へ【1400m,1600m】
  5. 平場回顧

    2018年10月2日 阪神6Rダート1400m回顧
PAGE TOP