重賞回顧

関屋記念回顧

まず関屋記念から。

 

結果としては、

牝馬が1~3着を独占する形となりました。

 

 

 

個人的に反省しているのは

この前走斤量データを紹介していなかったこと。

 

 

過去10年のうち

前走より斤量減の馬が

9勝を挙げていたということ・・・

 

プリモシーン、エイシンティンクルはこれに該当します

 

 

一方、ワントゥワンは

斤量増、馬格もないという

ダブルの不利データを覆して2着に来ました。

 

恐るべしデムーロといったところでしょうか。

 

 

ヤングマンパワーは6歳になりましたが、

外目の枠からスムーズにいけたときは

まだまだやれるという印象を受けました。

 

 

以上、関屋記念の回顧でした。

 

 

関連記事

  1. 重賞回顧

    【弥生賞2着】シュヴァルツリーゼの走法と可能性【皐月賞や日本ダービーは?】

    弥生賞が終わり、そろそろクラシックに向けて世代の整理をしたいところ。…

  2. 重賞回顧

    【ダノンプレミアム復活】2019金鯱賞回顧【大阪杯に向けて】

    金鯱賞の回顧を少し。大阪杯に向けての展望にも触れていきたいと思いま…

  3. 重賞回顧

    【3冠見えた?】コントレイル圧巻の走りで皐月賞勝利【ノースヒルズの戦略とは】

    2020年の皐月賞は、福永祐一騎手騎乗の「コントレイル」が勝ちました。…

  4. 重賞回顧

    【2019阪神大賞典】ロードヴァンドールの粘り腰【長距離適性は?】

    阪神大賞典が終わりました。勝ったシャケトラは能力の違いで勝ち切りました…

  5. 重賞回顧

    【2019重賞回顧】新潟記念、小倉2歳ステークス

    新潟記念と小倉2歳ステークスの回顧を少し。レイエンダの惨敗っぷりを…

  6. 重賞回顧

    2018年秋華賞(GⅠ)レース回顧

    アーモンドアイ見事に3冠達成。ペースや位置取りを考えれば、…

  1. 雑記

    ハービンジャー産駒は長距離が苦手?
  2. 雑記

    【右手前・左手前】手前を替えるとは【得意・不得意】
  3. 重賞回顧

    【2019日本ダービー】伏兵ロジャーバローズが勝利。今の東京の馬場の謎に迫る【ダ…
  4. 重賞予想

    【GⅠ】フェブラリーステークス狙いの2頭【出走馬分析】
  5. 重賞

    【2020.3.8】頭を使って馬券を買おう【弥生賞ディープインパクト記念】
PAGE TOP