重賞回顧

関屋記念回顧

まず関屋記念から。

 

結果としては、

牝馬が1~3着を独占する形となりました。

 

 

 

個人的に反省しているのは

この前走斤量データを紹介していなかったこと。

 

 

過去10年のうち

前走より斤量減の馬が

9勝を挙げていたということ・・・

 

プリモシーン、エイシンティンクルはこれに該当します

 

 

一方、ワントゥワンは

斤量増、馬格もないという

ダブルの不利データを覆して2着に来ました。

 

恐るべしデムーロといったところでしょうか。

 

 

ヤングマンパワーは6歳になりましたが、

外目の枠からスムーズにいけたときは

まだまだやれるという印象を受けました。

 

 

以上、関屋記念の回顧でした。

 

 

関連記事

  1. 重賞

    【レース回顧】ジャパンカップ(GⅠ)を制したのはスワーヴリチャード

    最近、顕著な高速馬場化が進む東京競馬場ですが、重馬場で行われた今年のジ…

  2. 重賞回顧

    【2019エプソムC】雨がもたらす騎手心理について【レイエンダ】

    エプソムCはルメール騎手騎乗のレイエンダが勝ちました。もうここ…

  3. 重賞回顧

    【2019ユニコーンS】ワイドファラオ根性の勝利【ヘニーヒューズ産駒】

    ユニコーンSは3番人気「ワイドファラオ」が勝利しました。この馬、個…

  4. 重賞回顧

    またジェネラーレウーノのラップが酷い件について

    また、田辺さんがやってくれましたよ・・・なんとなくステイインシアト…

  5. 重賞回顧

    【2019大阪杯】アルアイン皐月賞以来のGⅠ制覇【北村友一初GⅠ制覇】

    大阪杯が終わりました。勝ったのは、北村友一騎乗のアルアイン。アルア…

  6. 重賞回顧

    2018有馬記念回顧。ブラストワンピース池添謙一。

    平成最後の有馬記念。良いレースでしたね。池添、やっぱりお前は最高だ…

  1. 雑記

    【桜花賞2019出走予定馬】これを見れば3歳牝馬の勢力図が分かるPART4【賞金…
  2. 重賞予想

    2018菊花賞(GⅠ)出走馬分析 前半
  3. 重賞予想

    2018アルゼンチン共和国杯(GⅡ)のポイント
  4. 平場予想

    1/19(土)の競馬について
  5. 重賞予想

    2018秋華賞(GⅠ)出走馬分析 アーモンドアイ
PAGE TOP