重賞回顧

関屋記念回顧

まず関屋記念から。

 

結果としては、

牝馬が1~3着を独占する形となりました。

 

 

 

個人的に反省しているのは

この前走斤量データを紹介していなかったこと。

 

 

過去10年のうち

前走より斤量減の馬が

9勝を挙げていたということ・・・

 

プリモシーン、エイシンティンクルはこれに該当します

 

 

一方、ワントゥワンは

斤量増、馬格もないという

ダブルの不利データを覆して2着に来ました。

 

恐るべしデムーロといったところでしょうか。

 

 

ヤングマンパワーは6歳になりましたが、

外目の枠からスムーズにいけたときは

まだまだやれるという印象を受けました。

 

 

以上、関屋記念の回顧でした。

 

 

関連記事

  1. 重賞回顧

    【2019エプソムC】雨がもたらす騎手心理について【レイエンダ】

    エプソムCはルメール騎手騎乗のレイエンダが勝ちました。もうここ…

  2. 重賞回顧

    【2019日本ダービー】伏兵ロジャーバローズが勝利。今の東京の馬場の謎に迫る【ダービーレコード】

    令和初のダービーは、伏兵11番人気のロジャーバローズ(浜中騎手騎乗)が…

  3. 重賞回顧

    2018年秋華賞(GⅠ)レース回顧

    アーモンドアイ見事に3冠達成。ペースや位置取りを考えれば、…

  4. 重賞回顧

    【3冠見えた?】コントレイル圧巻の走りで皐月賞勝利【ノースヒルズの戦略とは】

    2020年の皐月賞は、福永祐一騎手騎乗の「コントレイル」が勝ちました。…

  5. 重賞回顧

    2018菊花賞のペースがやばい

    少し汚いタイトルになってしまいましたが、感じたことを書きたいと思います…

  6. 重賞回顧

    アルゼンチン共和国杯(GⅡ)回顧

    今日の東京のレースを見てて思ったのだが、関東の騎手のペース配分酷すぎな…

  1. 平場予想

    今週の競馬について。
  2. 重賞

    【デアリングタクト2冠達成なるか】第81回優駿牝馬(GⅠ)と明日の田辺騎手
  3. 重賞予想

    有馬記念で1万円を10万円に。Part2 過去の傾向について
  4. 重賞予想

    2019シンザン記念。出走馬検討。
  5. 重賞予想

    2018アルゼンチン共和国杯(GⅡ)のポイント
PAGE TOP