重賞予想

【枠順確定後】大阪杯(GⅠ)の予想【出走馬分析】

今週は、阪神芝2000mで行われるGⅠ「大阪杯」です。

予想する上で少し気になるのが土曜日の雨。これが、どれくらい降るのかによって予想が大きく変わってきます。特に今年の阪神は、例年に比べてタフな馬場コンディションになっている。雨が降ると、よりその傾向が顕著になるので、土曜日の雨量には要注目です。

週中に書いた大阪杯の記事はこちら。

 

 

枠順と展開予想

うーん、何とも言えない難しい枠順になりました。
とりあえず、逃げたいキセキは4枠6番という絶好枠に入ったので、スムーズに逃げることができるでしょう。中途半端なペースで逃げる馬ではないので、ある程度離した逃げになるかな。

ペースとしては、少なくとも前半60秒を切るくらいのペースで行って、馬場次第だが、1分59秒前後くらいの決着になると予想。キセキが逃げる展開だと仕掛けは早くなるため、出し切る展開になりそう。内回りだし、ロスなく立ち回れる脚質で、長く良い脚を使える馬を狙いたい。

 

最終予想は土曜日に挙げるとして、今回は馬場別の狙い馬について。

 

重い馬場のとき

エポカドーロ

とにかく、この馬は速い上がりが使えない馬で、だいたい好走している時はレースの上がりが35秒前後の時。今回も土曜日に雨が降り、全体時計が2分ぐらいかかる馬場になればチャンスあり。枠順も良く、キセキが引っ張る締まったレース展開も合うだろう。馬場次第で評価が大きく変わる一頭。

ブラストワンピース

ほんとは宝塚記念で狙いたい馬で、有馬記念でのパフォーマンスを考えると力のいる馬場での適性が高いと見た。そもそも馬体重が530キロくらいある馬で、ハービンジャー産駒。馬力型と見るのが普通だろう。もちろん毎日杯で高速馬場にも対応しているが、内回りの2000mが向く馬ではないと思う。馬場が良ければ消したいくらい。

 

軽い馬場のとき

エアウィンザー

普通の馬場だったら本命候補。なんといってもチャレンジCの内容が優秀で、締まったレースラップを勝ちに行く競馬で圧勝。先行できる脚質、長く良い脚を使えるという、阪神内回り2000mの適性にマッチした馬。前走のコメントを見ても、あまり馬場は悪くない方が良さそう。天気次第だね。

 

土曜日の傾向を踏まえて、土曜日の夜に馬場状態も含めた最終見解を発表します。

 

関連記事

  1. 重賞予想

    2018ジャパンカップ(GⅠ)穴馬:ミッキースワローの魅力

    出走馬が続々と回避し、少し寂しいジャパンカップ。穴馬2頭目の推…

  2. 重賞予想

    2018秋華賞(GⅠ)予想

    ◎アーモンドアイもうここは素直に。秋華賞自体流れやすいレースで…

  3. 重賞予想

    2018年9月30日 スプリンターズステークス(GⅠ)全馬分析前半

    1ラインスピリットどんなレースでも善戦はするのだが、逆に言…

  4. 重賞予想

    【2019天皇賞春】関東馬フィエールマンとグローリーヴェイズが挑む【平成最後のGⅠ】

    いよいよ、平成最後のGⅠ「天皇賞・春」です。今回は、「フィエールマ…

  5. 重賞予想

    2018秋華賞(GⅠ)出走馬分析 サラキア

    素材は確かだが、出遅れという致命的な弱点を持つサラキア。前走ローズ…

  6. 重賞予想

    【2019日本ダービー】3強ではなく2強。本命はダノンキングリー【世代の頂点を決める1戦】

    さて、明日は東京優駿「日本ダービー」です。土曜日の馬場を見る限…

  1. 重賞回顧

    【2019阪神大賞典】ロードヴァンドールの粘り腰【長距離適性は?】
  2. 雑記

    【必勝法】東京ダートで勝ちたい人へ【1400m,1600m】
  3. 重賞回顧

    2018有馬記念回顧。ブラストワンピース池添謙一。
  4. 重賞予想

    【天皇賞春に向けて】阪神大賞典(GⅡ)の危険馬と狙う馬【阪神3000m】
  5. 重賞回顧

    2018年9月30日 スプリンターズステークス(GⅠ)回顧
PAGE TOP