重賞予想

【2019日経賞】同型少ないメイショウテッコンの巻き返しに期待【エタリオウの取捨は?】

土曜日の中山メインは、芝2500mで行われる「日経賞(GⅡ)」です。
まずは展開予想から。

展開予想

逃げ馬候補としては、メイショウテッコン、グランアルマダ、クリンチャーあたり。
三浦皇成がどういう風に乗ってくるか未知数だけど、クリンチャーは二の足が遅いのが特徴。中山2500mの大外枠は、小頭数とはいえ、先行したい馬には結構きついと思う。

そんな中で、メイショウテッコンも近走スタートの出が悪いので何とも言えないが、スタートさえ上手く切れば枠的にも、この馬が逃げることになるだろう。

エタリオウは後ろから行くことになるだろうし、有力所で先行するのはルックトゥワイスぐらいか。前はそこまで速くならないと思うし、ペース的にはスローからややミドルくらいの想定で。

 

予想

◎メイショウテッコン
〇エタリオウ
▲カフェブリッツ
△ルックトゥワイス
×サクラアンプルール
×チェスナットコート
×ブラックバゴ

 

◎メイショウテッコン

まず、ここ2走の敗因がはっきりしている。

菊花賞は言うまでもないが、3ハロン戦どころか2ハロン戦になった超が付くほどのドスロー。メイショウテッコンは、瞬間的な切れ味がある馬ではないことは明らかなので、参考外といっていいだろう。そもそも、この菊花賞は、ただ瞬発力がある馬が上位に来ているだけのレース。

日経新春杯は、スタートで出遅れ、結構なハイペースを途中から捲る競馬。ラップ的に見ても残り4ハロン目が最速になっているように、かなりの消耗戦。上位に来ている馬はすべて後方または内々で我慢していた馬なので、捲ったメイショウテッコンにはきついレースになった。

元々、神戸新聞杯では、ある程度のスローの中でエタリオウと互角にやれているし、外回りよりは確実に内回りが向いている馬。内回りのラジオNIKKEI賞では、GⅠ馬フィエールマンを撃破している。マンハッタンカフェ産駒なので、中山2500mも合うはずだし、調教の動きも良かったので、ここは本命で。

 

〇エタリオウ

スローでもミドルペースでも、それなりの脚は使えるのだが、あと一歩足りないのがエタリオウ。
しかも、今までのレースがある程度スローに振れていることが多いので、ペースが流れた中で良い脚が使えるかは意外と未知数。

ただ、出し切る展開になった日本ダービーでは、最後鋭い脚で差してきているように、前半のペースさえスローなら、それなりの脚は使ってくる。それでも最後方に近いところからの追い込みになるので、差し損ねは十分に考えられる。調教も、そこまで良いとは言えない出来だったので対抗に。

 

▲カフェブリッツ

まぁ単純に、強さとオッズの差が大きいという点で、この評価に。
このレース自体スローを想定しているので、先行するという点がまずプラス。
ダイヤモンドSでも、スローペースから最後の3ハロン速いラップを踏んでいる中、先行し、それなりの脚を使えていたので、展開を考えて3番手評価に。メイショウテッコンと同じマンハッタンカフェ産駒だしね。

 

ちょこっとワンポイント

最後の1頭に迷った時に、日経賞過去10年データから使えるデータをご紹介。

馬体重を気にしましょう。
中山コースということで、馬格のある馬の好走が目立ちます。480キロ以上は欲しいところ。

 

関連記事

  1. 重賞予想

    有馬記念で1万円を10万円に。Part2 過去の傾向について

    各馬を見ていく前に、「有馬記念」の過去データを簡単に見ていきましょう。…

  2. 重賞予想

    有馬記念。買い目最終決定。

    土曜日のレースを確認しました。まず、土曜メイン、有馬記念と同じ条件…

  3. 重賞予想

    ファンタジスト1600m持つ説

    武豊騎手騎乗のファンタジストが朝日杯に出走予定です。武豊騎手と…

  4. 重賞予想

    2018年8月12日 第23回 エルムステークス(G3)

    まず出馬表から内枠に先行馬が揃った印象です。&…

  5. 重賞予想

    有馬記念で1万円を10万円に。Part1 天気・馬場について

    いよいよ、今週末は年末のグランプリ、有馬記念です。キタサンブラック…

  1. 重賞回顧

    第64回産経賞オールカマー(GⅡ)回顧
  2. 重賞予想

    朝日杯の穴馬。オススメ2頭。
  3. 重賞予想

    2018年8月12日 第53回関屋記念(G3)
  4. 重賞予想

    【2019宝塚記念】5歳にして本格化したリスグラシュー【雨予報?】
  5. 重賞予想

    根岸ステークス2019の出走馬分析
PAGE TOP