重賞回顧

【2019阪神大賞典】ロードヴァンドールの粘り腰【長距離適性は?】

阪神大賞典が終わりました。勝ったシャケトラは能力の違いで勝ち切りましたが、驚いたのがロードヴァンドール。この馬、日経賞で「おっ?」とは感じていたのですが、今回のレースで長距離適性を再確認しました。

まずは阪神大賞典の結果から。

 

阪神大賞典のレース結果

シャケトラが格の違いを見せ圧勝。元々、キタサンブラックなどとやり合っていた馬で、この馬の復活は嬉しいね。前走、AJCCでは瞬発力勝負で勝利。今回の阪神大賞典では、割とタフな流れで圧勝。違う勝ち方をしているのが好感。正直、折り合いに関して不安がないわけではないので、ステイヤーではないと思うが、パワーのありそうな走り方をしているし、東京や京都よりは、阪神や中山で強く狙いたいね。

 

阪神大賞典のレースラップ

逃げ馬候補が多かったので、速いペースになると思ったが、想像以上にサイモンラムセスとロードヴァンドールがやり合ったことで、前半1000mが59.3秒。稍重で、時計のかかる馬場だったことを考えると、相当速いペースだったと思う。

一度、サイモンラムセスにハナを譲ったロードヴァンドールだったが、途中でハナを取り切りペースをさらに引き上げる。このあたりの勝負勘が横山典弘なんだよなあ。

結局、かなりきついペースだったが、後続も脚をなし崩しに使わされ、シャケトラ以外はついてこれなかった。そう考えると、シャケトラのポテンシャルはこの中でも群を抜いていたね。

しかし、その中でも3着に残している「ロードヴァンドール」は、これ相当ステイヤーの適性があると確信しました。この馬を詳しく見ていきます。

 

ロードヴァンドールという馬

父がダイワメジャーで、母父がストームキャット。正直、血統はまったく長距離要素がない。それが、この馬の面白い所でもあります。この馬の長距離適性を感じたのが、去年の日経賞。このレースを振り返ります。

 

2018日経賞(GⅡ)

このレース、途中でキセキが捲るレースになり、結構出入りが激しくなった。
ラップを見ても分かるように、レース途中から11秒台のラップがあり、先行馬には厳しいレース展開だった。ラップで見れば、かなりのロングスパート戦のような形。このレース先行して粘った「ガンコ」と「ロードヴァンドール」は相当ステイヤーズ適性が高いと思う。

ロードヴァンドールも4着ではあるが、先行馬には厳しいレース展開の中、最後まで粘って、勝ち馬とは0.2秒差。4角でガンコよりも外を回った影響なども考えると、非常にいいレースをしたと思う。

今回、阪神大賞典で先行馬が多い中でも粘れているのを見ると、これは前が手薄になると怖い馬になったと思う。前走の日経新春杯は稀に見るハイペースなので度外視でいいと思う。常識の範囲内のペースで、しっかりとしたペースメイクをすれば、長距離重賞でも十分に上位争いができると思う。やる気がある時の横山典弘のペースメイクは、武豊に匹敵するものがあるからね。今後も期待したい。

 

関連記事

  1. 重賞回顧

    【2019大阪杯】アルアイン皐月賞以来のGⅠ制覇【北村友一初GⅠ制覇】

    大阪杯が終わりました。勝ったのは、北村友一騎乗のアルアイン。アルア…

  2. 重賞回顧

    2018菊花賞のペースがやばい

    少し汚いタイトルになってしまいましたが、感じたことを書きたいと思います…

  3. 重賞回顧

    2018有馬記念回顧。ブラストワンピース池添謙一。

    平成最後の有馬記念。良いレースでしたね。池添、やっぱりお前は最高だ…

  4. 重賞回顧

    【芝・ダート両GⅠ制覇】フェブラリーステークスの回顧【モズアスコット】

    モズアスコットが勝ち、芝・ダートGⅠの両制覇となりました。これで矢作厩…

  5. 重賞回顧

    【2019エプソムC】雨がもたらす騎手心理について【レイエンダ】

    エプソムCはルメール騎手騎乗のレイエンダが勝ちました。もうここ…

  6. 重賞回顧

    【2019日本ダービー】伏兵ロジャーバローズが勝利。今の東京の馬場の謎に迫る【ダービーレコード】

    令和初のダービーは、伏兵11番人気のロジャーバローズ(浜中騎手騎乗)が…

  1. 重賞予想

    2018菊花賞(GⅠ)出走馬分析 前半
  2. 重賞予想

    2018アルゼンチン共和国杯(GⅡ)のポイント
  3. 重賞予想

    2018年秋華賞(GⅠ)ペースから見る傾向
  4. 重賞予想

    2018年菊花賞(GⅠ)ペースから見る傾向と分析
  5. 重賞回顧

    2018年9月30日 スプリンターズステークス(GⅠ)回顧
PAGE TOP