重賞予想

【雨予報】2019阪神大賞典(GⅡ)で狙いたい穴馬とは【出走予定馬】

今週は伝統の長距離重賞、「阪神大賞典」です。

メンバーを見て「おお…」となりましたね、正直。
フェイムゲームやアルバートがいない長距離界は、かなり層が薄い。大阪杯がGⅠに昇格した影響で、中距離層がすべてそちらに流れたのも大きいようで。ユーキャンスマイルといった、若い世代にとって代わるのも時間の問題でしょうか。

そういえば、シュヴァルグランは、なぜ今頃になって海外レースに行くんでしょうか。今の長距離界の層の薄さを考えると、間違いなく主役なんだけどなあ。

まぁそれはさておき、阪神大賞典の話に移りましょう。

 

阪神大賞典の傾向

阪神大賞典は、阪神芝内回り3000mで行われます。
このコースは、阪神大賞典でしか使われないコースなのですが、基本的に阪神内回りの傾向は同じです。
それは、「早め仕掛けの展開になりやすいこと」です。

阪神大賞典の過去10年のラップを見てみましょう。

過去10年で見ても、最速ラップが最後のL1になっていることは一度もなく、L2,L3がほとんど。去年に至っては、L4が最速です。つまり、仕掛けが早くなりやすく、出し切るレースになりやすいということ。一般的に出し切るレースの方が、強い馬が勝つ傾向になりますので、このレースは固い決着が多いレースになっています。

仕掛けが早くなりやすい理由としては、阪神内回りのコース形態が関係しています。

 

阪神内回りのコース形態とは

阪神内回りコースは、残り600m地点が4コーナーと3コーナーの中心くらいにあり、直線に入ってから勝負してもほぼ間に合いません。外回りであれば、残り600m地点が4コーナーの入り口ですので、直線でごぼう抜きということが起こったりしますが、内回りはそれがほとんどありません。

 

高低差を見ても、3コーナー入り口ぐらいから徐々に下っていくコース形態なので、必然的に3コーナーあたりからペースが上がるようになり、仕掛けが早くなるということです。

つまり、阪神内回りで大切なのは、「コーナーでの加速力」「器用さ」「長く良い脚を使える」といった能力です。これは大阪杯など、内回り2000mでも一緒ですので、意識しておきましょう。

 

では、今回の阪神大賞典で狙うべき馬はどの馬でしょうか。

 

穴狙いは禁物?1番人気「シャケトラ」の取捨はどうする

今回の想定人気をnetkeibaさんで見ると。

前走、長期休養明けのAJCCで見事1着になった「シャケトラ」が1番人気予想です。

正直、メンバーがメンバーだけに、ここでは格が一つ抜けていますかね。個人的に、関西での戸崎騎手にあまり良い印象はないのですが、馬の力だけを見ると抜けているように感じます。

前走のAJCCは、GⅠ馬「フィエールマン」を撃破。しかも、ペース的には最後の3ハロン戦、いわゆる瞬発力勝負でした。これはフィエールマンが得意とする展開で、正直この展開でシャケトラが正攻法で勝ち切るのには驚きました。

元々、日経賞で見せたように、外を回しても、長く良い脚を使える馬。しかしその後、使った「天皇賞春」では、最内枠でスタートに失敗し、出していくと掛かって大惨敗したように、やや折り合いに難がある馬。ただ、前走を見ても、スローペースをかかることなく折り合えていたので、年齢を重ねての成長も見込めそうだ。ここは軸は固いんじゃないかな。

 

阪神大賞典で狙うべき穴馬とは

では、狙うべき穴馬はというと、私は「コルコバード」と「ケントオー」にしたいと思います。
今週末は雨予報なので、少しタフな馬場を想定した結果、この2頭を狙おうかと。それぞれ見ていきます。

 

コルコバードの魅力

この馬の魅力としては、末脚が確かなこと。今までのキャリアで、上がりが5位以下だったことはありません。しかも、切れる脚というよりは長く良い脚を使える。これは、先ほど説明した阪神大賞典の傾向に合致する点です。

特に特筆すべきは、3走前の丹頂S。このレースは出入りが激しくなったことで、レースで一度も11秒台のラップを踏んでいないという、まさに持久力比べの一戦。リッジマンに敗れはしたが、後方から捲り気味にレースを進めて、上がり最速での2着。

勝ったリッジマンは、今回の阪神大賞典では2番人気想定。この時の丹頂Sで、リッジマンは52キロだったのに対し、コルコバードは53キロ。一方、今回はリッジマンは57キロなのに対し、コルコバードは54キロ。十分、逆転があってもいいかなと思います。

 

ケントオーの魅力

実は、ずっとどこかで穴を開けると思っている一頭。

2016年の6月まで遡らないと勝利がない当馬ですが、実は重賞でもそれなりに走っています。
前走の京都記念も、勝ち馬と0.2秒差の5着。去年の京都記念も勝ち馬と0.5秒差の5着。ディアドラやミッキーロケットにも先着しており、結構侮れないですよ、この馬。上がりタイムも結構上位の脚を使えていますし、想定ブービー人気ですので、3着狙いで買いたいですね。

馬場が悪くなるのも、この馬にとっては好都合で、激走している時はほとんど重馬場。まぁそもそも京都記念で好走するくらいですから、タフな馬場は得意なのでしょう。

 

関連記事

  1. 重賞予想

    【2019天皇賞春】関東馬フィエールマンとグローリーヴェイズが挑む【平成最後のGⅠ】

    いよいよ、平成最後のGⅠ「天皇賞・春」です。今回は、「フィエールマ…

  2. 重賞予想

    ミッキーロケットに続きマカヒキも回避…どうなるジャパンカップ

    この記事を書き始める前に、マカヒキのジャパンカップ回避が発表されました…

  3. 重賞予想

    2018秋華賞(GⅠ)出走馬分析 アーモンドアイ

    桜花賞では、最後方から持ったまま全馬を置き去りにし、1冠目。オーク…

  4. 重賞予想

    有馬記念。買い目最終決定。

    土曜日のレースを確認しました。まず、土曜メイン、有馬記念と同じ条件…

  5. 重賞予想

    【GⅠ】フェブラリーステークス狙いの2頭【出走馬分析】

    私事ですが、引っ越しで忙しく、更新が途絶えてしまいました・・・こう…

  6. 重賞予想

    2018秋華賞(GⅠ)出走馬分析 パイオニアバイオ

    常に堅実に走り、フローラSで人気薄ながら2着にきた、パイオニアバイオが…

  1. 重賞予想

    2018菊花賞(GⅠ)出走馬分析 後半
  2. 重賞予想

    【2019NHKマイルカップ】人気薄を買うなら差し馬を狙え【ヴィッテルスバッハ】…
  3. 重賞予想

    【GⅡ】中山記念が向く馬、向かない馬【出走馬分析】
  4. 重賞予想

    【2019中京記念】荒れるハンデ重賞も最近は平穏【出走予定馬分析】
  5. 平場予想

    【東京3R】2/17(日)オススメの一頭
PAGE TOP