重賞予想

【2019金鯱賞】リスグラシューの魅力とは【実は左回り巧者?】

今週のメインレースは、中京競馬場で行われる「GⅡ金鯱賞」。
今の金鯱賞は、この後行われる「GⅠ大阪杯」に向けての、ステップレース的な位置付けですね。

netkeibaの人気想定がこちら↓

今年注目の上がり馬「エアウィンザー」や、GⅠでも堅実な「アルアイン」、復帰戦が注目される「ダノンプレミアム」が人気の中心ですね。

私が注目しているのは「リスグラシュー」です。
この馬が、なぜ金鯱賞で狙えるのか説明したいと思います。

 

リスグラシューの魅力とは

リスグラシューは、通算成績4-7-7-3と堅実な馬。
GⅠでは2着続きで、あと一歩のところでタイトルを掴み損ねていましたが、昨年のエリザベス女王杯で「マジックマン」モレイラに導かれ、悲願のGⅠ制覇を果たしました。

この馬、なぜ2,3着が多かったかと言いますと、「エンジンのかかりが遅い」という欠点に原因があります。
特に、右回りで、その傾向が顕著に表れていました。

右回りのレースを振り返ります。

 

2017年 エリザベス女王杯(GⅠ)

3歳で挑んだエリザベス女王杯は、リスグラシューが8着に敗れたレースです。
レースラップはこちら。

レースラップから明らかなように、最後の3ハロン戦ですね。ギアチェンジと、トップスピードが要求されたレース。右回りだと、4コーナーの入り口、このラップで言うと11.6の地点で遅れをとるのが、リスグラシューの特徴です。実際に映像で見てみましょう。

内の赤帽子の6番がリスグラシューです。
直線入り口でポジションが下がり、残り100mくらいで、ようやく伸びてくる。これが右回りでのリスグラシューの特徴です。

同じような傾向が、ローズSや、阪神牝馬Sでも見られましたので、よければご覧ください。

 

左回りでは別馬になるリスグラシュー

右回りでは、4コーナーでエンジンがかからず、ポジションを下げてしまう「リスグラシュー」ですが、左回りだと別馬のようなギアチェンジを見せます。

4歳の初戦、東京新聞杯を振り返ります。

2018年 東京新聞杯(GⅡ)

4歳初戦に選んだのが、牡馬混合戦である東京新聞杯。馬群を捌き、アルテミスS以来の勝利を挙げました。
レースラップを見てみます。

ペース的には、ミドルペースですが、4コーナーで12.4から11.1とギアチェンジが要求されています。
実際に、4コーナーの映像を見てみましょう。

明らかに、左回りの方がコーナーでの反応が良いのが分かるでしょうか。
11.1秒の地点でもポジションを下げることなく、それどころか、11.0秒の最速地点で抜け出しているように、左回りだとギアチェンジにも対応できています。

 

結論

このように、リスグラシューは右回りよりも左回りで能力を発揮できている馬です。

実を言うと、昨年のエリザベス女王杯は、惨敗した一昨年のエリザベス女王杯と同じラップ推移で、これを勝ち切ったというのは、いよいよ本格化したかと思わせる内容でした。

リスグラシューの特徴としては、前半のペースが上がらない方が良く、重い馬場でも鋭い脚を繰り出せるので、できれば少し馬場が重くなってほしいというのが本音。
日曜日は午後くらいから雨予報なので、少し雨が降って、騎手の意識が少し控えめに働くようになれば理想かな。いずれにしても、左回りでこその馬だと思っているので、ここは強く狙いたい。

 

関連記事

  1. 重賞予想

    2018天皇賞秋は間違いなく瞬発力勝負になる

    まずは、出走馬を見ていきましょう。2018天皇賞秋出馬表…

  2. 重賞予想

    【根岸ステークス2019】枠順確定後分析

    根岸ステークスの枠順が発表されました。まずは枠順を見てみましょう。…

  3. 重賞予想

    2018年秋華賞(GⅠ)ペースから見る傾向

    今週は3歳牝馬最後の1冠「秋華賞」です。まず、基本データを見てみま…

  4. 重賞予想

    【GⅡ】中山記念が向く馬、向かない馬【出走馬分析】

    中山記念の出走馬分析と、予想を行っていきたいと思います。まずは枠順…

  5. 重賞予想

    朝日杯の穴馬。オススメ2頭。

    朝日杯の枠順が確定しました。グランアレグリアは2枠2番…

  6. 重賞予想

    有馬記念で1万円を10万円に。Part2 過去の傾向について

    各馬を見ていく前に、「有馬記念」の過去データを簡単に見ていきましょう。…

  1. 雑記

    ハービンジャー産駒は長距離が苦手?
  2. 雑記

    【桜花賞2019出走予定馬】これを見れば3歳牝馬の勢力図が分かるPART3【賞金…
  3. 重賞予想

    2018年9月2日 新潟記念(G3)
  4. 重賞回顧

    【2019高松宮記念】ミスターメロディ初の1200mでGⅠ制覇【波乱決着】
  5. 重賞回顧

    第64回産経賞オールカマー(GⅡ)回顧
PAGE TOP