雑記

【WIN5対策】中山芝1600mの傾向【枠順、血統】

今週のWIN5はキャリーオーバーで熱い!
ということで、改めてWIN5の対象となるコース、レースを分析していきます。

まずは、東風SとアネモネSの舞台となる「中山芝1600m」から。

 

コース形態

中山芝1600mは、内枠が有利だとよく言われますが、そこまで内がずば抜けて良いという訳でもありません。まぁ外よりは内の方が良いのは確か。これは枠順の時にお話しします。

コース形態を見て感じる中山芝1600mの特徴は「スタート後すぐコーナーがある」「起伏が平坦→下り→上りの順」であることですかね。

この特徴を踏まえて、傾向を見ていきます。

※この後紹介するデータは、過去3年の中山芝1600mのデータです。

 

枠順

実はそこまで傾向はありません。脚質によりますね。
パトロールビデオを見る限り、先行する馬は6枠までに入った方が良いと、個人的に思いますね。

中山芝1600mのスタート直後を見てみましょう。

ちょうど、11番と12番がゲートの区切り?境目にあたります。

どうでもいいんですが、この区切り目が大きい影響を与えると思うのは私だけでしょうか。結構、スタート後の不利って多いし、与える影響も大きいんですよね。例えば、昨年の天皇賞秋のスワーヴリチャードとか。
単純に、11番と12番の馬は間が空いているので、不利を受けにくいと考えています。

それはさておき、コース形態的に、先行するなら11番までに入りたいところですかね。

 

脚質

これには、明確な傾向があり、前に行けることが強みになります。
当然、上がりもある程度必要なので、前でしぶとい脚を使える馬が、この舞台に向いている馬と言えるでしょう。それは、この後紹介する血統にも表れています。

 

血統

ディープインパクトが上位なのは仕方ないとして、ダイワメジャーや、マツリダゴッホ、スクリーンヒーローなど、ズブい血統が活躍している舞台でもあります。

スパッと切れる脚というよりは、前からしぶとい脚が繰り出せるというところがポイントですね。

 

 

馬体重

割と綺麗に、体重が重くなるほど成績が良くなる傾向ですね。
これは、ダートにも見られる傾向で、やはりキレよりもパワーが求められるということでしょう。

 

これを踏まえて、次の記事では各レースごとに注目馬を紹介していきます。

 

関連記事

  1. 雑記

    2018年を終えて。来年に向けた抱負について。

    2018年、中央競馬が幕を閉じました。武豊の4000勝や、ルメール…

  2. 雑記

    このサイトの説明&使い方

    まず、最初の記事として、「このブログを始めた経緯」について…

  3. 雑記

    【桜花賞2019出走予定馬】これを見れば3歳牝馬の勢力図が分かる【賞金・ボーダーライン】

    いよいよ、2019年のクラシック競争が始まります。今回は、3歳牝馬の…

  4. 雑記

    サトノダイヤモンドが復活した理由

    去年の阪神大賞典以来1年7か月ぶりの勝利を挙げたサトノダイヤモンド…

  5. 雑記

    【WIN5とは】2018年12月28日のWIN5を買うしかない

    2018年の有馬記念が終わり、例年であれば中央競馬は終わり。なので…

  6. 雑記

    【これでも買いますか】藤沢和雄厩舎は重、不良馬場で走らない?【外国人騎手重用】

    藤沢和雄厩舎の馬は重馬場、不良馬場では走らない・・・私の周りでは、…

  1. 平場予想

    2018年10月6日 東京8Rダート1400m予想
  2. 重賞回顧

    【2019NHKマイルカップ】グランアレグリアはなぜ負けたのか【アドマイヤマーズ…
  3. 重賞

    【2022フェブラリーステークス】高齢馬の悲願達成か、白毛馬の復活か【2022年…
  4. 重賞予想

    2018年菊花賞(GⅠ)ペースから見る傾向と分析
  5. 重賞予想

    2018年9月30日 スプリンターズステークス(GⅠ)全馬分析後半
PAGE TOP