雑記

【WIN5対策】中山芝1600mの傾向【枠順、血統】

今週のWIN5はキャリーオーバーで熱い!
ということで、改めてWIN5の対象となるコース、レースを分析していきます。

まずは、東風SとアネモネSの舞台となる「中山芝1600m」から。

 

コース形態

中山芝1600mは、内枠が有利だとよく言われますが、そこまで内がずば抜けて良いという訳でもありません。まぁ外よりは内の方が良いのは確か。これは枠順の時にお話しします。

コース形態を見て感じる中山芝1600mの特徴は「スタート後すぐコーナーがある」「起伏が平坦→下り→上りの順」であることですかね。

この特徴を踏まえて、傾向を見ていきます。

※この後紹介するデータは、過去3年の中山芝1600mのデータです。

 

枠順

実はそこまで傾向はありません。脚質によりますね。
パトロールビデオを見る限り、先行する馬は6枠までに入った方が良いと、個人的に思いますね。

中山芝1600mのスタート直後を見てみましょう。

ちょうど、11番と12番がゲートの区切り?境目にあたります。

どうでもいいんですが、この区切り目が大きい影響を与えると思うのは私だけでしょうか。結構、スタート後の不利って多いし、与える影響も大きいんですよね。例えば、昨年の天皇賞秋のスワーヴリチャードとか。
単純に、11番と12番の馬は間が空いているので、不利を受けにくいと考えています。

それはさておき、コース形態的に、先行するなら11番までに入りたいところですかね。

 

脚質

これには、明確な傾向があり、前に行けることが強みになります。
当然、上がりもある程度必要なので、前でしぶとい脚を使える馬が、この舞台に向いている馬と言えるでしょう。それは、この後紹介する血統にも表れています。

 

血統

ディープインパクトが上位なのは仕方ないとして、ダイワメジャーや、マツリダゴッホ、スクリーンヒーローなど、ズブい血統が活躍している舞台でもあります。

スパッと切れる脚というよりは、前からしぶとい脚が繰り出せるというところがポイントですね。

 

 

馬体重

割と綺麗に、体重が重くなるほど成績が良くなる傾向ですね。
これは、ダートにも見られる傾向で、やはりキレよりもパワーが求められるということでしょう。

 

これを踏まえて、次の記事では各レースごとに注目馬を紹介していきます。

 

関連記事

  1. 雑記

    絶好調。C.ルメールを徹底分析してみた

    秋華賞、菊花賞、天皇賞秋とGⅠレース3連勝。今年のGⅠ勝利数は「6…

  2. 雑記

    2018年を終えて。来年に向けた抱負について。

    2018年、中央競馬が幕を閉じました。武豊の4000勝や、ルメール…

  3. 雑記

    このサイトの説明&使い方

    まず、最初の記事として、「このブログを始めた経緯」について…

  4. 雑記

    【フェブラリーS優勝】インティは今後、ダート界の王に君臨するのか【7連勝中】

    先週のフェブラリーSを制した武豊騎乗のインティ。世代交代が進まない…

  5. 雑記

    サトノダイヤモンドが復活した理由

    去年の阪神大賞典以来1年7か月ぶりの勝利を挙げたサトノダイヤモンド…

  6. 雑記

    【競馬予想】JRA-VANデータラボの使い方【TARGET frontier JV(ターゲット)】

    こんにちは。この記事では、JRA-VANデータラボの人気No.1ソ…

  1. 重賞予想

    【2019安田記念】テーマは内伸び高速馬場。2強はどう克服する?【アーモンドアイ…
  2. 重賞予想

    2018秋華賞(GⅠ)出走馬分析 オールフォーラヴ
  3. 重賞予想

    【GⅠ】フェブラリーステークス狙いの2頭【出走馬分析】
  4. 重賞予想

    有馬記念で1万円を10万円に。Part1 天気・馬場について
  5. 重賞予想

    2018秋華賞(GⅠ)出走馬分析 パイオニアバイオ
PAGE TOP