重賞回顧

【弥生賞2着】シュヴァルツリーゼの走法と可能性【皐月賞や日本ダービーは?】

弥生賞が終わり、そろそろクラシックに向けて世代の整理をしたいところ。
弥生賞を見て、「シュヴァルツリーゼ」という馬が気になったので分析したいと思います。

 

弥生賞の回顧

まずは弥生賞の回顧から。

雨が降り、重馬場で行われたため、少し特殊なレースになったかなと。
ペースを見てみましょう。

ペースとしては、ほぼミドルペース。
レースの上がりが37秒なので、雨の中山らしく割とタフなレースになったかなと。

正直、今回のレースに関しては、コース取りの差がもろに出たかなという感じ。
直線の入り口の時点で、ほぼ横並びだったので、馬場の良い外を回せた組が上位を独占したと言っていいでしょう。直線の様子を見てみましょう。

結局、この赤丸の3頭が1~3着独占ですからね。
まぁ、この順位がそのまま力量差と言われると違うかなと思いますね。

その中で、気になった馬が2頭。
「ニシノデイジー」と「シュヴァルツリーゼ」ですね。

 

ニシノデイジーの気性について

とにかく、この馬は折り合いを欠くんですよね。
前走のホープフルSでもそうですが、勝浦騎手がずっと手綱を引っ張っている様子が目立っていました。
現状、距離が伸びるのは良くないですね。皐月賞はともかく、ダービーとかになるとダメでしょう。

続いて、本題の「シュヴァルツリーゼ」について

 

シュヴァルツリーゼについて

弥生賞を見て、この馬面白いなと思ったのが「シュヴァルツリーゼ」です。
まずは、この馬のプロフィールから。

ハーツクライ産駒で、サンデーレーシング、堀厩舎。うん、走る条件は整ってますね。

この馬の特徴が、とにかく個性的な走り方です。

 

シュヴァルツリーゼの走り方

何と言うか、ここまでワイルドな走り方も珍しいです。
弥生賞の走り方を見てみましょう。

大外の黄色帽の5番がシュヴァルツリーゼ。
この馬の走り方の特徴は、「脚を高く上げる」「頭が高い」「掻き込むように走る」でしょうか。

頭が高い走り方というのは、基本的に中山コースのように坂があるコースが向きます。
今回のレースでも、坂を登る段階で加速しているのが印象的です。

この走り方を見ると、中山の馬場が悪いコースがドンピシャに向いた感がありますね。

ちなみに今回、スタート直後に横の馬に寄られるという不利があっての2着です。
スタート直後の写真がこちら。

結構な不利を受けながらも、2着までこれたのは立派ですね。

走り方を見ると、坂のある道悪が向いたと言いましたが、実はこの馬、新馬戦はまったく真逆の条件である、東京の良馬場で、ドスローのレースを勝ち上がっています。

シュヴァルツリーゼの新馬戦

前半1000mが65.5秒という地獄のようなドスロー。
ラップを見ても明らかに最後の600mしか走ってないようなレース。最後までラップが減速していない、いわゆる加速ラップのレースです。

そのレースを、33.6秒の脚を使って差し切っています。
つまり、この馬は今回の弥生賞で真逆のレースタイプに適応することができることを示したのです。

血統、厩舎、馬主的にも魅力のある「シュヴァルツリーゼ」
今後のレースでも注目していきたいと思います。

 

関連記事

  1. 重賞回顧

    2018天皇賞秋(GⅠ)レース回顧

    レース回顧まぁ瞬発力勝負になる!と言うと、そうはならないんです…

  2. 重賞回顧

    アルゼンチン共和国杯(GⅡ)回顧

    今日の東京のレースを見てて思ったのだが、関東の騎手のペース配分酷すぎな…

  3. 重賞回顧

    【2019天皇賞春・回顧】フィエールマン最強の証明を果たす【C.ルメール】

    平成最後のGⅠ「天皇賞・春」を制したのは、C.ルメール騎乗のフィエール…

  4. 重賞回顧

    2018年秋華賞(GⅠ)レース回顧

    アーモンドアイ見事に3冠達成。ペースや位置取りを考えれば、…

  5. 重賞回顧

    第64回産経賞オールカマー(GⅡ)回顧

    ペースは1.5秒のスロー。…

  6. 重賞回顧

    【2019NHKマイルカップ】グランアレグリアはなぜ負けたのか【アドマイヤマーズ】

    NHKマイルカップ、勝ったのは2番人気M.デムーロ騎乗のアドマイヤマー…

  1. 重賞予想

    2018年9月2日 新潟記念(G3)
  2. 重賞回顧

    【2019札幌記念】ブラストワンピース復活【この後は凱旋門賞か?】
  3. 重賞予想

    【2019天皇賞春】関東馬フィエールマンとグローリーヴェイズが挑む【平成最後のG…
  4. 重賞回顧

    【2019ユニコーンS】ワイドファラオ根性の勝利【ヘニーヒューズ産駒】
  5. 雑記

    サトノダイヤモンドが復活した理由
PAGE TOP