重賞予想

【GⅡ】中山記念の攻略法とは【ディアドラは危ない?】

まず、中山記念のメンバーを見てみましょう。

中々の豪華メンバーですね。
GⅠ馬5頭が出走予定です。

軽~く、中山記念の年齢別成績を見ましょう。

中山記念 過去10年年齢別成績

やはり、若い馬の台頭が目立ちます。
4,5歳の勝率が高いですね。ただ、6歳馬の回収率が高いのが、このレースの難しい所でしょうか。

 

そんな中、何から入るか難しいこのレース。
中山記念を予想する上で重要なポイントを一つ見つけました。

それは、上がり(切れ味)が重要視されないレースだというところ。

具体的に見てみましょう。

 

ここ3年の中山記念が例年と違う?

簡単に説明すると、上がり3位以内の脚を使っていない馬が勝っているということです。

過去10年の勝ち馬と、位置取り、上がりタイムが載った表を見てみましょう。

ここ3年の上がりタイムに色がついていないことが分かります。
つまりこれは、「勝ち馬の上がり3ハロンタイムが、3位以内ではない」ということを示しています。

これは、近年の傾向でもあり、中山記念特有の傾向でもあります。
このコースは、上がりタイムに差があまり出ないコースなのです。

去年の中山記念を例に見ていきます。

 

2017年 中山記念(GⅡ)

勝ったウインブライトは、上がり4位の脚を使って、好位から抜け出す競馬。

好位からそこそこの脚

これが、中山記念の必勝法ですね。

上がりに着目して見てみると、上がり1位を使ったペルシアンナイトが34.4。勝ったウインブライトが34.9なので、ペルシアンナイトが差し切れるわけがありませんよね。

全体的に見ても、そこまで上がりタイムに差がありません。

つまり、いくら切れる脚を持っていても、その力を発揮しにくい舞台だということ。
これは、かなり重要ですね。

 

こう見てみると、今回人気が予想されるディアドラや、ステルヴィオあたりは、後ろからの競馬が予想されます。仮に後ろからの競馬になると、十分差し損ねも考えられるのではないでしょうか。

中山記念のキーワードは「好位から、そこそこの脚」です。お忘れないように。

 

関連記事

  1. 重賞予想

    【2019金鯱賞】リスグラシューの魅力とは【実は左回り巧者?】

    今週のメインレースは、中京競馬場で行われる「GⅡ金鯱賞」。今の金鯱…

  2. 重賞予想

    2018秋華賞(GⅠ)出走馬分析 アーモンドアイ

    桜花賞では、最後方から持ったまま全馬を置き去りにし、1冠目。オーク…

  3. 重賞予想

    根岸ステークス2019の出走馬分析

    いよいよ、今週から東京開催の始まりです。個人的には東京ダートが得意…

  4. 重賞予想

    【枠順確定後】大阪杯の最終予想【伏兵の台頭も】

    懸念していた土曜日の雨ですが、予想よりかなり降りました。管理人は関…

  5. 重賞予想

    2018年9月30日 スプリンターズステークス(GⅠ)全馬分析前半

    1ラインスピリットどんなレースでも善戦はするのだが、逆に言…

  6. 重賞予想

    【2019日経賞】同型少ないメイショウテッコンの巻き返しに期待【エタリオウの取捨は?】

    土曜日の中山メインは、芝2500mで行われる「日経賞(GⅡ)」です。…

  1. 重賞回顧

    【ダノンプレミアム復活】2019金鯱賞回顧【大阪杯に向けて】
  2. 雑記

    GⅠより東京ダートを狙いますよね?皆さん。
  3. 重賞予想

    ミッキーロケットに続きマカヒキも回避…どうなるジャパンカップ
  4. 重賞予想

    2018秋華賞(GⅠ)予想
  5. 雑記

    【桜花賞2019出走予定馬】これを見れば3歳牝馬の勢力図が分かるPART2【賞金…
PAGE TOP