重賞回顧

またジェネラーレウーノのラップが酷い件について

また、田辺さんがやってくれましたよ・・・
なんとなくステイインシアトルが逃げた時点で嫌な予感はしてたんだけど、ラップ見てやっぱりなと。

 

まずはAJCCの結果を見てみましょう。

 

 

ペースが49.3-46.3で3秒のドスロー。
そもそも、ステイインシアトルはスローで結果を出している馬なので、この逃げは分かる。

問題はジェネラーレウーノ田辺、あなたですよ。

今まで、ジェネラーレウーノは33秒台を一度も出したことがない馬。切れる脚が使えないことぐらい誰でも分かっている。そして、菊花賞であれだけ言われたはずなのに、またこのレースラップ・・・マジですか・・・

 

菊花賞の時に書いた記事はこちら→https://birdstrike.work/post-451/

 

菊花賞の時に、同馬主のエタリオウに向いた流れを作ったんじゃないかと予測して、納得したわけですが、今回のAJCCを見ると、それも違うなと。これ、単純に田辺はペースが分かってないだけだわ。正直、ジェネラーレウーノの良さをまったく生かせていない騎乗なので、批判が来て当然だと思う。

田辺は中山の乗り方が上手いが、よく見れば、大体が大外ぶん回しがハマっているだけ。中山以外ではあまり結果も出ていないしね。

 

次に、勝ったシャケトラと、フィエールマンの評価を。

1着シャケトラ

ここで勝ちますか~というのが率直な感想。
元々、力のある馬で、日経賞や、一昨年の有馬記念でも本命にした馬。
さすがに休み明けは厳しいと思っていたのだが、やはりノーザンは仕上げてくるわ。
冷静に考えれば、調教もすごい時計が出ていたし、ノーザンが仕上げて出さないわけがないよね。反省。
しかし、この中山の舞台設定も合っていたのも確かで、マンハッタンカフェ産駒の非根幹距離は合うんでしょうね。日経賞でのパフォーマンスも圧巻でしたしね。今後もこのような条件なら期待できるでしょう。

 

2着フィエールマン

まぁ、このレースラップなら、そりゃ来るよなと。
まだこのレースをもって、長い脚が使えるとは言えないかなあ。驚異的な瞬発力があるのは確かなので、使う条件をよく見て取捨していきたい。
馬群を割れるのが、この馬の良いところなので、その点は今回も良かったと思う。

 

結局、迷ったときはスローに振れる方に賭けた方が良いのかもしれない。
ダンビュライトもこの流れなら仕方ないよなあ。
ジェネラーレウーノと違い、ダンビュライトはスタートが安定しないから、レースを作れないところが難しいねえ。なかなか馬券的に手を出しづらい一頭になってしまったね。

 

関連記事

  1. 重賞回顧

    2018年9月30日 スプリンターズステークス(GⅠ)回顧

    ペースは33.0-35.3 ▲2.3秒のハイペース…

  2. 重賞回顧

    【2019札幌記念】ブラストワンピース復活【この後は凱旋門賞か?】

    札幌記念が終わりました。うーん、ノーザンファームの思惑通りというよ…

  3. 重賞回顧

    第66回神戸新聞杯(GⅡ)回顧

    更新が止まっており、すみませんでした。これから少しスタイルを変…

  4. 重賞回顧

    【2019天皇賞春・回顧】フィエールマン最強の証明を果たす【C.ルメール】

    平成最後のGⅠ「天皇賞・春」を制したのは、C.ルメール騎乗のフィエール…

  5. 重賞回顧

    2018有馬記念回顧。ブラストワンピース池添謙一。

    平成最後の有馬記念。良いレースでしたね。池添、やっぱりお前は最高だ…

  6. 重賞回顧

    【2019NHKマイルカップ】グランアレグリアはなぜ負けたのか【アドマイヤマーズ】

    NHKマイルカップ、勝ったのは2番人気M.デムーロ騎乗のアドマイヤマー…

  1. 雑記

    サトノダイヤモンドが復活した理由
  2. 重賞回顧

    【ダノンプレミアム復活】2019金鯱賞回顧【大阪杯に向けて】
  3. 重賞予想

    2018アルゼンチン共和国杯(GⅡ)のポイント
  4. 重賞回顧

    第66回神戸新聞杯(GⅡ)回顧
  5. 重賞回顧

    【2019日本ダービー】伏兵ロジャーバローズが勝利。今の東京の馬場の謎に迫る【ダ…
PAGE TOP