重賞回顧

シンザン記念&今開催の京都と中山の分析

シンザン記念を振り返ります。

ペースは47.3-48.4で-1.1秒のややハイペース。
まぁハイペースというよりは、時計がかかる馬場なので、相対的に前半が速くなってしまった感じ。
今開催の京都は開幕週にしては、かなり時計がかかっている。過去10年のシンザン記念のタイムを見てみましょう。

17年、18年は馬場が悪かったので参考外とし、良馬場で開催された中では今年が1番遅いタイム。
今年の開催で特徴的なのが、上がり3Fがかかっているところ。

では、個別に見ていきましょう。

1着 ヴァルディゼール

まぁ上位の中では一番上手く内を立ち回っているのは確かだが、力のいる馬場で末脚が使えたのもまた確か。
ただ上位の差は、完全に立ち回りの差だと思う。

2着 マイネルフラップ

正直、びっくりしたというのが本音。
コーナーでかなりロスのある立ち回りだったが、最後まで切れる脚というよりは、力強い脚で伸び続けた。
出走馬分析でも述べたが、力のいる馬場で実績を出しているのは分かっていた。
重賞でどうかという点で、軽視してしまった。反省したい。

3着 ミッキーブリランテ

これもなかなか強い競馬をしていたと思う。
この馬もピッチ走法なので、道悪も向いていると思う。
今回に関しては、1800mの経験が、このタフなレースに生きたと思う。

4着 パッシングスルー

期待していたんだけどねえ。
まぁ正攻法でいって伸びきれなかったという感じ。普通に考えれば牝馬の関東馬というのは、輸送もあるのでかなりきついのは確かなんだよね。それでも、ノーザンファーム天栄での調整にかけたのだが、やっぱりアーモンドアイって別格なんだなと思わされた。
この馬に関しては、新馬戦の感じからも、高速馬場で切れる脚が使える方が良いと思う。

 

次に中山の馬場について少々触れます。

京都と比べるために、マイル戦で見てみると、3歳オープンのジュニアカップが1.33.8。
この時期の中山にしてはかなり時計が出ています。
京都は時計がかかる馬場、中山は高速馬場とみてよさそうです。

 

関連記事

  1. 重賞回顧

    2018有馬記念回顧。ブラストワンピース池添謙一。

    平成最後の有馬記念。良いレースでしたね。池添、やっぱりお前は最高だ…

  2. 重賞回顧

    【2019高松宮記念】ミスターメロディ初の1200mでGⅠ制覇【波乱決着】

    高松宮記念を制したのは、初の1200m挑戦のミスターメロディでした。…

  3. 重賞回顧

    【2019日本ダービー】伏兵ロジャーバローズが勝利。今の東京の馬場の謎に迫る【ダービーレコード】

    令和初のダービーは、伏兵11番人気のロジャーバローズ(浜中騎手騎乗)が…

  4. 重賞回顧

    【2019エプソムC】雨がもたらす騎手心理について【レイエンダ】

    エプソムCはルメール騎手騎乗のレイエンダが勝ちました。もうここ…

  5. 重賞回顧

    アルゼンチン共和国杯(GⅡ)回顧

    今日の東京のレースを見てて思ったのだが、関東の騎手のペース配分酷すぎな…

  6. 重賞回顧

    第64回産経賞オールカマー(GⅡ)回顧

    ペースは1.5秒のスロー。…

  1. 重賞回顧

    【2019ユニコーンS】ワイドファラオ根性の勝利【ヘニーヒューズ産駒】
  2. 雑記

    【2019桜花賞・皐月賞】グランアレグリア、サートゥルナーリアに見るノーザンファ…
  3. 重賞予想

    【2019日本ダービー】3強ではなく2強。本命はダノンキングリー【世代の頂点を決…
  4. 重賞予想

    【2019金鯱賞】リスグラシューの魅力とは【実は左回り巧者?】
  5. 平場回顧

    2018年10月2日 阪神6Rダート1400m回顧
PAGE TOP