重賞回顧

シンザン記念&今開催の京都と中山の分析

シンザン記念を振り返ります。

ペースは47.3-48.4で-1.1秒のややハイペース。
まぁハイペースというよりは、時計がかかる馬場なので、相対的に前半が速くなってしまった感じ。
今開催の京都は開幕週にしては、かなり時計がかかっている。過去10年のシンザン記念のタイムを見てみましょう。

17年、18年は馬場が悪かったので参考外とし、良馬場で開催された中では今年が1番遅いタイム。
今年の開催で特徴的なのが、上がり3Fがかかっているところ。

では、個別に見ていきましょう。

1着 ヴァルディゼール

まぁ上位の中では一番上手く内を立ち回っているのは確かだが、力のいる馬場で末脚が使えたのもまた確か。
ただ上位の差は、完全に立ち回りの差だと思う。

2着 マイネルフラップ

正直、びっくりしたというのが本音。
コーナーでかなりロスのある立ち回りだったが、最後まで切れる脚というよりは、力強い脚で伸び続けた。
出走馬分析でも述べたが、力のいる馬場で実績を出しているのは分かっていた。
重賞でどうかという点で、軽視してしまった。反省したい。

3着 ミッキーブリランテ

これもなかなか強い競馬をしていたと思う。
この馬もピッチ走法なので、道悪も向いていると思う。
今回に関しては、1800mの経験が、このタフなレースに生きたと思う。

4着 パッシングスルー

期待していたんだけどねえ。
まぁ正攻法でいって伸びきれなかったという感じ。普通に考えれば牝馬の関東馬というのは、輸送もあるのでかなりきついのは確かなんだよね。それでも、ノーザンファーム天栄での調整にかけたのだが、やっぱりアーモンドアイって別格なんだなと思わされた。
この馬に関しては、新馬戦の感じからも、高速馬場で切れる脚が使える方が良いと思う。

 

次に中山の馬場について少々触れます。

京都と比べるために、マイル戦で見てみると、3歳オープンのジュニアカップが1.33.8。
この時期の中山にしてはかなり時計が出ています。
京都は時計がかかる馬場、中山は高速馬場とみてよさそうです。

 

関連記事

  1. 重賞回顧

    【2019ユニコーンS】ワイドファラオ根性の勝利【ヘニーヒューズ産駒】

    ユニコーンSは3番人気「ワイドファラオ」が勝利しました。この馬、個…

  2. 重賞回顧

    アルゼンチン共和国杯(GⅡ)回顧

    今日の東京のレースを見てて思ったのだが、関東の騎手のペース配分酷すぎな…

  3. 重賞回顧

    2018年9月30日 スプリンターズステークス(GⅠ)回顧

    ペースは33.0-35.3 ▲2.3秒のハイペース…

  4. 重賞回顧

    【2019天皇賞春・回顧】フィエールマン最強の証明を果たす【C.ルメール】

    平成最後のGⅠ「天皇賞・春」を制したのは、C.ルメール騎乗のフィエール…

  5. 重賞回顧

    【3冠見えた?】コントレイル圧巻の走りで皐月賞勝利【ノースヒルズの戦略とは】

    2020年の皐月賞は、福永祐一騎手騎乗の「コントレイル」が勝ちました。…

  6. 重賞回顧

    【2019大阪杯】アルアイン皐月賞以来のGⅠ制覇【北村友一初GⅠ制覇】

    大阪杯が終わりました。勝ったのは、北村友一騎乗のアルアイン。アルア…

  1. 平場

    【札幌新潟小倉】2019年8月11日の競馬【関屋記念】
  2. 重賞回顧

    【2019大阪杯】アルアイン皐月賞以来のGⅠ制覇【北村友一初GⅠ制覇】
  3. 雑記

    2018年を終えて。来年に向けた抱負について。
  4. 雑記

    このサイトの説明&使い方
  5. 重賞予想

    【2019天皇賞春】関東馬フィエールマンとグローリーヴェイズが挑む【平成最後のG…
PAGE TOP