雑記

2018年を終えて。来年に向けた抱負について。

2018年、中央競馬が幕を閉じました。
武豊の4000勝や、ルメールの最多勝記録更新など、今年も話題が尽きない1年でした。

この記事では、今年の感想と、個人的な来年の予想スタイル、このサイトの方向性についてお話していきます。

 

今年の感想

私自身、今まで、過去のデータを研究して予想を組み立てていたのですが、今年はどうも成績が上がらない年でした。データ派の人は同じ感想を持たれているのではないでしょうか。それもそのはずです、データクラッシャーな1年だったからです。ズバリ原因は、ノーザンファーム天栄を中心とした関東馬の躍進です。
例えば、有馬記念。過去10年で連対馬の内訳が関西馬19頭、関東馬1頭。
今年は、勝ったブラストワンピース、2着レイデオロともに関東馬です。過去10年で、連対馬20頭のうち19頭が関西馬だったのが、今年は連対馬がともに関東馬。
秋のGⅠを振り返ってみても、秋華賞アーモンドアイ、菊花賞フィエールマン、天皇賞秋レイデオロ、マイルCSステルヴィオ、JCアーモンドアイ、有馬記念ブラストワンピースと関東馬がズラリ。
今まで、競馬界は“西高東低”が当たり前の前提でしたが、この流れは変わりつつあります。それは、紛れもなく「ノーザンファーム天栄」の影響です。西の栗東に負けない調教施設をノーザンファーム天栄が用意したことで、明らかに傾向が変わりつつあります。これは来年以降も気を付けなければなりません。

 

個人的な来年の予想スタイル、サイトの方向性について

来年の予想のポイントは大きく分けて3つ。
1、ダート戦に着目する
2、血統の勉強に本格的に取り組む
3、前に行ける馬に着目する

1、ダート戦に着目する

ずっと考えていたのですが、明らかに芝よりもダートの方が予想しやすいと思うのです。
そもそも、芝のレースは馬場のバイアス(傾向)が細かい条件で変わってくるため、予想しにくい。
それに比べダートは単純で、時計がかかる(良)か、時計が速い(稍重、重、不良)の2パターンです。
芝のように、内が荒れてきているとか、芝の長さとか基本的には考えなくて良いわけです。
さらに、血統面に関しても、芝で強い血統がダートで人気することも多くあるので、配当が美味しいことがダートでは多い。来年はダートの予想に力を入れていきます。

 

2、血統の勉強に本格的に取り組む

ダートに着目する上で欠かせないのが血統だと思っています。
簡単にこのサイトでも紹介していきたいと思います。

 

3、前に行ける馬に着目する

あらゆるデータを見ても、やはり競馬は前に行ける馬が数字が良いことが分かる。
これに関しては、来年中に何かしらの独自指数を出せるようにしたいと思います。

来年は、皆さんに必要とされる情報が発信できるように頑張りたいと思います。
来年もよろしくお願いします。

 

関連記事

  1. 雑記

    【再び来日!】昨年のダミアン・レーンの成績を振り返る【オーストラリア出身】

    昨年の有馬記念をリスグラシューで制した「D.レーン」が日本にやってきま…

  2. 雑記

    【WIN5とは】2018年12月28日のWIN5を買うしかない

    2018年の有馬記念が終わり、例年であれば中央競馬は終わり。なので…

  3. 雑記

    【右手前・左手前】手前を替えるとは【得意・不得意】

    よく競馬において、「手前を替える」という表現が使われます。そもそも…

  4. 雑記

    【桜花賞2019出走予定馬】これを見れば3歳牝馬の勢力図が分かるPART2【賞金・ボーダーライン】

    前回の記事の続きで、桜花賞の出走予定馬の分析を行っていきます。PAR…

  5. 雑記

    【フェブラリーS優勝】インティは今後、ダート界の王に君臨するのか【7連勝中】

    先週のフェブラリーSを制した武豊騎乗のインティ。世代交代が進まない…

  1. 重賞

    2018年10月2日 阪神6Rダート1400m回顧
  2. 重賞予想

    2018年9月29日 スプリンターズステークス(GⅠ)
  3. 重賞予想

    【2019宝塚記念】5歳にして本格化したリスグラシュー【雨予報?】
  4. 雑記

    【これでも買いますか】藤沢和雄厩舎は重、不良馬場で走らない?【外国人騎手重用】
  5. 重賞回顧

    エルムステークス回顧
PAGE TOP