重賞予想

有馬記念。買い目最終決定。

土曜日のレースを確認しました。
まず、土曜メイン、有馬記念と同じ条件で行われてたグレイトフルSを振り返ります。

グレイトフルS

ここで、過去3年のグレイトフルSのタイムを見てみます。

タイムだけで言うと、過去4年で一番早いです。
暮れの中山にしては、タイムが出る馬場と言えます。
ですが、上がり3Fが一番かかっているのも本年です。
血統で見ても、土曜日はハービンジャー産駒、ルーラーシップ産駒など欧州血統が活躍していました。
何とも言えない馬場ですね。

 

最終予想と買い目。

◎モズカッチャン

迷ったが、買いたい中で一番内に入ったので本命に。
まず、この馬は叩き良化型だし、前走エリ女は休み明けで3着。
内枠で良績を上げている馬で、立ち回りも上手い。
鞍上はM.デムーロ。期待したい。

 

〇レイデオロ

まぁ軸としては最適かな。
確かに、枠的には少し外に入ってしまったが、確かな決め手を持っている馬。
差し脚がない馬が外枠に入ってしまうと、かなりきついということは前の記事で紹介しましたが、この馬に関しては問題なし。操縦性も高く、オールカマーを馬群を捌いての勝利。中山のコース適性もある程度は克服している。ルメールの手腕にも期待したい。

 

▲パフォーマプロミス

これは良い枠に入ったので浮上した。ある程度前につけられる馬で、この枠というのは単純に買い。
6歳だが、体質の問題で、それほど使っていない馬なので、大丈夫。調教の動きも抜群で、ここに来て本格派の気配。跳びが綺麗な馬なので、馬場が荒れると評価を落とそうかと思っていたが、幸いそこまで雨の影響はなさそう。この馬も外人騎手。そういう1年だということにしましょう。

 

△ブラストワンピース

うーん、正直人気し過ぎよなーという印象。
唯一の3歳馬だし、実力もある馬だと思うので仕方ない気もするが。
かなり馬格のある馬で、前走は長かったと思う。エンジンがかかるのが遅いタイプなので、できれば先行してほしいが、なにせ池添が乗れてないんだよなー。評価は少し下げた。

 

△ミッキーロケット

枠が外なので評価を下げた。
内なら本命まで考えていた馬なので、正直この枠順は痛い。
上手くスタートを決めて内に潜り込んでどこまでというイメージかな。少し買いづらくなった。

 

×マカヒキ

ここからは3着候補。
ダービーを勝っているが、馬格もあって、パワー型になっているイメージ。
思えば、弥生賞が強い内容だったので、もしかしたら中山が向いている可能性も。
内枠の岩田なので、内を突いてどこまで食い込めるか。

 

×ミッキースワロー

まず中山巧者であることが一つ。
外差しが決まるのなら、勝負が決まった後に3着ぐらいにこないかな。

 

買い目

馬連BOX 3,5,8,12 6点 700円ずつ
3連単フォーメーション 3,5,8,12→3,5,8,12→3,4,5,8,10,11,12 60点

計 10,200円

 

一年の総決算、有馬記念。楽しみましょう。

 

関連記事

  1. 重賞予想

    2018ジャパンカップ(GⅠ)穴馬:ミッキースワローの魅力

    出走馬が続々と回避し、少し寂しいジャパンカップ。穴馬2頭目の推…

  2. 重賞予想

    2018年8月19日 第54回 札幌記念(G2)

    夏の大一番、札幌記念です!まずはメンバーから。&nbs…

  3. 重賞予想

    【札幌記念2019】札幌記念は”キングカメハメハ”を狙え【フィエールマン、ワグネリアン】

    今週は真夏のビッグレース「札幌記念」です。毎年、有力馬がここを始動…

  4. 重賞予想

    【2019大阪杯】阪神内回り2000m攻略の鍵とは【出走予定馬分析】

    今週は、阪神芝2000mで行われるGⅠ「大阪杯」です。まずは、阪神…

  5. 重賞予想

    2018菊花賞(GⅠ)出走馬分析 前半

    アイトーン前が手薄になれば考えますが、まぁ厳しいでしょう。…

  6. 重賞予想

    【2019高松宮記念】ここ2年とはまったく違う馬場。狙える馬は?【高速馬場】

    いよいよ、春のスプリントGⅠ「高松宮記念」です。土曜日の競馬を見る…

  1. 重賞回顧

    エルムステークス回顧
  2. 雑記

    【フェブラリーS優勝】インティは今後、ダート界の王に君臨するのか【7連勝中】
  3. 重賞予想

    【2019天皇賞春】関東馬フィエールマンとグローリーヴェイズが挑む【平成最後のG…
  4. 重賞回顧

    【2019ユニコーンS】ワイドファラオ根性の勝利【ヘニーヒューズ産駒】
  5. 重賞予想

    【枠順確定後】大阪杯の最終予想【伏兵の台頭も】
PAGE TOP