重賞予想

有馬記念で1万円を10万円に。Part3 枠順発表前予想

週末の天気を見ていますが、少し降りそうですね。
それを考慮して、枠順発表前ですが、予想を整理したいと思います。

 

◎ミッキーロケット

条件としては揃いつつある。
まず少し雨が降ってくれることは、この馬にとってプラスに働く。
そもそも、この馬は瞬発力に秀でた馬ではない。それは近走の上がりタイムを見ても分かる。
好走した宝塚記念を見ても、10秒台のラップを求められるレースは苦手で、12秒前後のラップを淡々と刻むレースが得意だと分かる。
ミッキーロケットの強みは、先行できること。有馬記念の好走条件に一番マッチするのが当馬だと思う。
あとは、とにかく内枠が欲しい。内に入れば強く狙いたい一頭。

 

〇レイデオロ

前走、天皇賞秋では強い競馬を見せたレイデオロ。
キセキが作り出した淡々とした速いラップを、正攻法で完封勝利。
時計も優秀で、今回もキセキが逃げる展開になると、締まったレースになると思われる。
そんな中で、締まったラップのレースを快勝していることは大きな強み。

そして、キセキは、ジャパンカップを使い、有馬記念が秋4走目なのに対し、レイデオロは秋3走目。
実際、ルメールの都合に合わせて、有馬記念を使う予定になったはずですが。ジャパンカップにアーモンドアイが参戦したのでね。そういう意味で言えば、レイデオロも本来はジャパンカップを使いたかったはず。
藤沢厩舎も、中山はあまり好きなコースじゃない。
それでも、今年のルメールは、やはり買わざるを得ないですね。
枠も、この馬は外過ぎなければ、どこでも良いと思う。
基本的に上がりが使える馬は、外でも2,3着に来る可能性はあると考えた方が良い。
ミッキーロケットのような馬が外に入ると、2,3着も厳しくなるのだが・・・

 

▲ブラストワンピース

唯一参戦の3歳馬、ブラストワンピース。
父ハービンジャー、母父キングカメハメハという血統。モズカッチャンと一緒ですね。
とにかく馬体が立派で、馬体重も530キロある。それゆえに内を割る勝負根性もあり、新馬、ゆりかもめ賞、毎日杯では、馬群を蹴散らして抜け出している。
そういう意味では、馬群が凝縮しやすい有馬記念はもってこい。内枠もどんとこいである。
ただ、スタートに不安があり、上手くスタートを切れるかどうかは結構重要。
菊花賞からの距離短縮も良いと思う。後は池添が上手く乗ってくれるかどうか。
今年は、持ち前の勝負強さが影を潜めているが、元々大舞台に強い騎手。
グランプリも、オルフェーヴル、ドリームジャーニーで何度も制覇している舞台。ここは期待したい。

 

△モズカッチャン

前走、エリザベス女王杯3着。
元々、叩き良化型タイプ。3歳時も、叩きのローズSで惨敗、秋華賞で3着、3走目のエリザベス女王杯で勝利と、いかにも叩き良化型の典型。
今回は、エリザベス女王杯が休み明けで3着。いかにも使って良くなりそうだ。
この馬の取捨は、馬体重でも判断したい。前走が+6キロ。
3歳時も、ローズSで+14キロ。秋華賞、エリ女と馬体重を絞ってきている。
今回も、しっかり絞れていれば期待大だ。
鞍上、Mデムーロも、先週朝日杯を制覇し、ようやく調子を上げてきた感じ。ノッてくると手が付けれない騎手なので、要警戒だ。

 

△パフォーマプロミス

前走、アルゼンチン共和国杯を完勝。
アルゼンチン共和国杯→有馬記念は、ゴールドアクターと同じ。
この馬は6歳馬なのがデータ的には気になるが、そもそも大切に使われてきた馬で、まだキャリア14走。
6歳馬ながら、ようやく本格化してきた感じで、その点は大丈夫そう。
父ステイゴールドで舞台設定もバッチリ。
ある程度、前目にもつけられる馬なので、内枠が欲しいね。

 

×シュヴァルグラン

この馬に関しては、同じ6歳馬でも下降線気味の6歳馬。
やはり、去年のレースぶりと比べると、物足りなさは感じるが、前走ジャパンカップも悪くはない。
昨年の有馬記念も、若干の不利を受けながら3着。
能力は認めるが、これ以上の評価はできないかな。

 

×キセキ

この秋、ある意味一番の成長を見せた馬ではないでしょうか。
川田騎手に変わり、脚質を逃げに変えてから、素晴らしいレースぶりを見せています。
この馬の逃げの特徴は、とにかく厳しい流れを作ること。
前々走、前走と、川田騎手の逃げは完璧だったと思います。
ですが、逆に言うと、それでも勝ちきれなかった。
加えて、今回は秋4走目。相当キツいレースにはなると思う。
前に行く馬なので、もちろん内目の枠が欲しいところ。

 

 

関連記事

  1. 重賞予想

    2018ジャパンカップ(GⅠ)穴馬:ミッキースワローの魅力

    出走馬が続々と回避し、少し寂しいジャパンカップ。穴馬2頭目の推…

  2. 重賞予想

    ファンタジスト1600m持つ説

    武豊騎手騎乗のファンタジストが朝日杯に出走予定です。武豊騎手と…

  3. 重賞予想

    2018秋華賞(GⅠ)出走馬分析 サラキア

    素材は確かだが、出遅れという致命的な弱点を持つサラキア。前走ローズ…

  4. 重賞予想

    2018菊花賞(GⅠ)出走馬分析 前半

    アイトーン前が手薄になれば考えますが、まぁ厳しいでしょう。…

  5. 重賞予想

    2018秋華賞(GⅠ)出走馬分析 パイオニアバイオ

    常に堅実に走り、フローラSで人気薄ながら2着にきた、パイオニアバイオが…

  6. 重賞予想

    【GⅡ】中山記念が向く馬、向かない馬【出走馬分析】

    中山記念の出走馬分析と、予想を行っていきたいと思います。まずは枠順…

  1. 重賞回顧

    【2019阪神大賞典】ロードヴァンドールの粘り腰【長距離適性は?】
  2. 重賞回顧

    【弥生賞2着】シュヴァルツリーゼの走法と可能性【皐月賞や日本ダービーは?】
  3. 重賞予想

    2018年9月30日 スプリンターズステークス(GⅠ)全馬分析前半
  4. 重賞予想

    2018菊花賞(GⅠ)出走馬分析 前半
  5. 重賞予想

    2019シンザン記念。出走馬検討。
PAGE TOP