重賞予想

ミッキーロケットに続きマカヒキも回避…どうなるジャパンカップ

この記事を書き始める前に、マカヒキのジャパンカップ回避が発表されました。
先週、回避が発表されたミッキーロケットとともに「有馬記念」を目指す模様です。

もうここまで来ると、ノーザンファームがアーモンドアイを勝たせる流れになっているとしか思えません(笑)

 

ジャパンカップの気になるデータ

 

年齢別成績

3,4,5歳が馬券の中心ですね。
このデータを見ると、シュヴァルグランは切りたくなりますね。
前走の負け方も悪かったですし。

 

人気別成績

1,2着はほとんどが人気馬ですね・・・ぐぬぬ

 

間隔別成績

ポイントは2つ
・休み明けは走らない
・明け2,3戦目の馬が馬券内のほとんど

ミッキースワローとサトノクラウンが休み明けです。
ミッキースワローはともかく、サトノクラウンはいらないでしょう。年齢的にも旬は過ぎましたし、上がりがかかるレースで結果を出している馬なので、ジャパンカップは適性と正反対のレースです。だからこそ、今年の宝塚記念で狙ったのですが、走らなかった。合っているレースでさえ走らなかったわけですから、ジャパンカップでは要らないでしょう。

 

ジャパンカップの予想オッズ

 

穴馬候補

ウインテンダネス(内田騎手騎乗)

穴馬として挙げられるのこの馬ぐらいなんですけど・・・

まず、このレース1番の注目はもちろん「アーモンドアイ」
普通に考えてアーモンドアイに勝つためには、アーモンドアイより後ろにいてはダメです。秋華賞で言うと、カンタービレは3着でしたが、明らかにアーモンドアイに勝てる見込みはありませんでした。逆に川田騎手騎乗のミッキーチャームは、一瞬「おっ!」と思わせましたね。つまり、アーモンドアイより前にいないと、アーモンドアイに勝てる可能性は限りなく低くなります。
そうなると、候補としては「キセキ」「ウインテンダネス」などが挙げられます。ここでは、ウインテンダネスについて見ていきます。

 

ウインテンダネスの魅力

・アーモンドアイより前の位置が取れる
・長く良い脚を使うことができる

 

アーモンドアイより前の位置が取れる

これは、先ほど述べた通りですね。前を取るとなると、内枠が必須です。これだけは枠が出るまで分かりません。

 

長く良い脚を使うことができる

これは、以前も別記事で述べましたが、ウインテンダネスは長く良い脚を使うことができるのが長所です。何はともあれ、4走前の緑風Sを見てください。このレースが素晴らしい。このレース、ウインテンダネスが逃げたのですが、最後の1000mを57.5秒というタイムで駆け抜けています。これは、大阪杯のスワーブリチャードの最後の1000mが57.1秒(あくまで概算)で駆け抜けたのを見ても、かなり早いタイム。もちろん馬場差もありますが、今の東京は高速馬場。仮にアーモンドアイにある程度差をつけて直線を迎え、直線勝負にさせなければ十分勝負になるタイム。そういう意味では、前走のアルゼンチン共和国杯は最悪でした。上がり3F最速が32.5秒。ウインテンダネスの良さをまったく生かせていないレースメイクでした。てか、あの週の東京はほんとに芝のレースラップが酷かった。なので、まったく度外視で大丈夫です。内枠を引いて、しっかりとしたレースメイクができれば、ある程度勝負できるはず。鞍上も緑風Sで騎乗していた内田騎手。菱田騎手や、松岡騎手に比べれば期待できます。

以上、穴馬展望でした。

 

関連記事

  1. 重賞予想

    朝日杯FS(GⅠ)はグランアレグリア1強なのか?

    阪神JF(GⅠ)でダノンファンタジーが勝利しました。そのダノンファ…

  2. 重賞予想

    【2019金鯱賞】リスグラシューの魅力とは【実は左回り巧者?】

    今週のメインレースは、中京競馬場で行われる「GⅡ金鯱賞」。今の金鯱…

  3. 重賞予想

    2018秋華賞(GⅠ)出走馬分析 カンタービレ

    フラワーC、ローズSと重賞2勝のカンタービレ。デムーロ、ルメールで…

  4. 重賞予想

    2018年8月12日 第23回 エルムステークス(G3)

    まず出馬表から内枠に先行馬が揃った印象です。&…

  5. 重賞予想

    2018武蔵野S(GⅢ)出走馬分析

    まず、武蔵野Sの過去データで、使えそうなデータを紹介していきます。…

  6. 重賞予想

    2018天皇賞秋は間違いなく瞬発力勝負になる

    まずは、出走馬を見ていきましょう。2018天皇賞秋出馬表…

  1. 雑記

    サトノダイヤモンドが復活した理由
  2. 雑記

    GⅠより東京ダートを狙いますよね?皆さん。
  3. 重賞回顧

    関屋記念回顧
  4. 重賞予想

    【2019宝塚記念】5歳にして本格化したリスグラシュー【雨予報?】
  5. 重賞予想

    【2019日経賞】同型少ないメイショウテッコンの巻き返しに期待【エタリオウの取捨…
PAGE TOP