重賞回顧

2018マイルCS(GⅠ)レース回顧

マイルCSの回顧をしていきましょう。

 

レース結果

 

ペース

 
ペースは47.1-46.2で+0.9秒のミドルペース。
道中12.1秒のラップがありますが、これは丁度、坂の頂上地点。
この坂でペースが緩むのが京都コースの特徴。

 

そして、何よりも今日の京都コースの特徴は、内が伸びていたこと

9,10Rと最内を突いたムーア騎手が馬券になっていたのを見て、あっ!と思いましたね。
やはり、ムーア騎手はイン突きが上手いです。ジャパンカップのラストインパクトを思い出しました。

 
結局、メインのマイルCSも内を突いた馬のワンツースリー。
この馬場バイアスはかなり大きかったと思います。

 

1番人気モズアスコット、2番人気アエロリットも悲観する内容ではないかな。
モズアスコットは、発汗も目立っていたし、直線で不利も有り、外を回している。
アエロリットは、まず関西圏がダメ。右回りがダメ。あとやっぱり速い上がりを要求されて良いタイプではないと思います。

 

勝ったステルヴィオはスタートを決めて、いつもより前目でレースを進めることができたのが大きかったね。
前走の毎日王冠でも先行勢が残る中、1頭だけ外を回して差し込んでの2着。内容的も強かった。

 

しかし、まぁ木村厩舎もGⅠ初制覇。美浦馬が当たり前のように関西圏で結果を出してくる。今年は、明らかに今までのデータが通用しなくなっている。特にノーザンファーム天栄で仕上げた馬の活躍が目立つ。もう過去のデータは通用しなくなっていることを痛感しますね。

 
競馬って逆張りゲームなんだよなあ。
ということで、これからこのブログでは、基本的に穴馬を推奨していく形とします。よろしくお願いします。

 

関連記事

  1. 重賞回顧

    【2019大阪杯】アルアイン皐月賞以来のGⅠ制覇【北村友一初GⅠ制覇】

    大阪杯が終わりました。勝ったのは、北村友一騎乗のアルアイン。アルア…

  2. 重賞回顧

    【3冠見えた?】コントレイル圧巻の走りで皐月賞勝利【ノースヒルズの戦略とは】

    2020年の皐月賞は、福永祐一騎手騎乗の「コントレイル」が勝ちました。…

  3. 重賞回顧

    関屋記念回顧

    まず関屋記念から。結果としては、…

  4. 重賞回顧

    エルムステークス回顧

    次にエルムステークスの回顧。4、5…

  5. 重賞回顧

    第66回神戸新聞杯(GⅡ)回顧

    更新が止まっており、すみませんでした。これから少しスタイルを変…

  6. 重賞回顧

    川田の逃げが素晴らしい件

    ジャパンカップが終わりました。まずは着順から。&n…

  1. 重賞回顧

    2018マイルCS(GⅠ)レース回顧
  2. 雑記

    【これでも買いますか】藤沢和雄厩舎は重、不良馬場で走らない?【外国人騎手重用】
  3. 重賞予想

    ファンタジスト1600m持つ説
  4. 重賞回顧

    川田の逃げが素晴らしい件
  5. 重賞回顧

    【2019ユニコーンS】ワイドファラオ根性の勝利【ヘニーヒューズ産駒】
PAGE TOP