重賞予想

2018武蔵野S(GⅢ)出走馬分析

まず、武蔵野Sの過去データで、使えそうなデータを紹介していきます。

 

圧倒的に関東馬<<関西馬

過去10年の成績

関東馬の成績

関西馬の成績

圧倒的に関西馬が強いことが分かります。

 

・関東馬 2-0-2-37
・関西馬 8-10-8-91

 

7歳以上は成績落ちる。3歳が好成績。

年齢別成績

関東馬の年齢別成績

関西馬の年齢別成績

 

・関東馬は3歳だけ
・関西馬は6歳馬まで好成績

 

関西馬で前走上がり1位が好成績

 

・前走上がり1位の関西馬 4-1-2-17

 

では、個別に出走馬を見ていきましょう。

1、イーグルフェザー

まず、関東馬なのでマイナス。距離延長もマイナス。良い脚を使える馬なので差しの展開になればというところ。

2、インカンテーション

8歳にして、復活を遂げたインカンテーション。元々、1800mで活躍していたが、最近は短い距離でも結果を出している。ハイペースだった前走のプロキオンS、フェブラリーSでも差してくることができているし、去年の武蔵野Sのような落ち着いたペースでも前目で粘れている。勝ちきれないが、安定感はあるね。

3、ウェスタールンド

前走シリウスSで、最後方からとんでもない鬼脚を繰り出し、2着。1着オメガパフューム、3着サンライズソアがJBCクラシックでも上位に来たように、レベルも高かった。関西馬でもあるし、前走上がり1位。距離短縮がどうかだが、楽しみだね。

4、カゼノコ

強烈な差し脚を持っている当馬だが、最近はその脚も鈍り気味。あまり東京も合わないと思うし、調子も上がっていないと思う。

5、カデナ

もうどうしようもなくなって、ダートに活路をという感じだが、厳しいでしょうね。

6、クインズサターン

この馬も差し馬。パイロ産駒だし、東京ダート1600実績もある。距離短縮もいいと思う。外枠が欲しいね。

7、クルーガー

ここでダート再挑戦かあ。実は、この馬、未勝利でアポロケンタッキーを破っている。キンカメ産駒だし、ダートは合うと思う。状態面も見たいし、半信半疑かな。

8、グレンツェント

長期休み明けだし、関東馬。差し脚も鈍ってきているし、買いたくないかな。

9、ゴールデンバローズ

バローズの冠名の馬って、なんとなく過剰人気して飛ぶイメージしかない。買わないかな。

10、サノイチ

厳しいと思います。

11、サンライズノヴァ

やはり、この馬のベストは1400だと思う。
とにかくスタートが下手で、前のペース次第のところは大きい。
ただ、この馬に乗る時の戸崎は、とにかく出し切ろうと大外に回すので、持続力のある脚で差し込むことができる。
頭で買うのは、意外と勇気のいる馬だと思う。ただ、安定感はこの中でも随一かな。

 

後半は後ほど。

 

関連記事

  1. 重賞予想

    2018秋華賞(GⅠ)出走馬分析 アーモンドアイ

    桜花賞では、最後方から持ったまま全馬を置き去りにし、1冠目。オーク…

  2. 重賞予想

    有馬記念で1万円を10万円に。Part1 天気・馬場について

    いよいよ、今週末は年末のグランプリ、有馬記念です。キタサンブラック…

  3. 重賞予想

    2018年9月30日 スプリンターズステークス(GⅠ)全馬分析前半

    1ラインスピリットどんなレースでも善戦はするのだが、逆に言…

  4. 重賞予想

    【枠順確定後】大阪杯の最終予想【伏兵の台頭も】

    懸念していた土曜日の雨ですが、予想よりかなり降りました。管理人は関…

  5. 重賞予想

    2018秋華賞(GⅠ)出走馬分析 パイオニアバイオ

    常に堅実に走り、フローラSで人気薄ながら2着にきた、パイオニアバイオが…

  6. 重賞予想

    有馬記念で1万円を10万円に。Part2 過去の傾向について

    各馬を見ていく前に、「有馬記念」の過去データを簡単に見ていきましょう。…

  1. 雑記

    【再び来日!】昨年のダミアン・レーンの成績を振り返る【オーストラリア出身】
  2. 雑記

    【WIN5とは】2018年12月28日のWIN5を買うしかない
  3. 重賞予想

    【GⅡ】中山記念が向く馬、向かない馬【出走馬分析】
  4. 重賞回顧

    エルムステークス回顧
  5. 馬場傾向

    2018年10月6日 東京芝コース傾向分析
PAGE TOP