重賞回顧

アルゼンチン共和国杯(GⅡ)回顧

今日の東京のレースを見てて思ったのだが、関東の騎手のペース配分酷すぎないか。
ルメール、デムーロがいないだけで、こんなにもペースの読めないレースになるのかと愕然。

いまの東京は高速馬場なので、上がり33秒どころか、32秒代が出る馬場。
天皇賞秋は、キセキ川田がペースを落とさない上手い逃げで、究極の瞬発力勝負にならなかったが、騎手のレベルや、馬次第では究極の切れ味を問われる馬場だということは頭に入れておきたい。

そんな中で、アルゼンチン共和国杯を振り返っていく。

 

アルゼンチン共和国杯


 
注目していたウインテンダネスを中心に見ていきます。
ヴォージュが逃げるかと思ったが、スタートが良くなく、ウインテンダネスが逃げる形に。

まずラップを見て一言。ペース上げるの遅いよ・・・

11秒代のラップを踏んでいるのが、最後の3Fから。このウインテンダネスは瞬発力勝負ではなく、長い脚を使う馬なので、L6の13.0地点ぐらいからもう少しペースを上げて、ある程度他馬を引き離して直線を迎えて欲しかった。緑風Sのようにね。高速馬場自体は向いていると思うので残念だね。叩いて良くなる馬だと思うので、まだ狙えると思う。

 

あとは、パフォーマプロミスがここまで上がりの競馬に対応してくると思わなかった。もう6歳ではあるが、ステイゴールド産駒の成長力に期待したいね。

ノーブルマーズは、こういう上がりの競馬は向かないね。有馬記念とかで地味に狙いたい。

 

関連記事

  1. 重賞回顧

    【弥生賞2着】シュヴァルツリーゼの走法と可能性【皐月賞や日本ダービーは?】

    弥生賞が終わり、そろそろクラシックに向けて世代の整理をしたいところ。…

  2. 重賞回顧

    【3冠見えた?】コントレイル圧巻の走りで皐月賞勝利【ノースヒルズの戦略とは】

    2020年の皐月賞は、福永祐一騎手騎乗の「コントレイル」が勝ちました。…

  3. 重賞回顧

    【2019阪神大賞典】ロードヴァンドールの粘り腰【長距離適性は?】

    阪神大賞典が終わりました。勝ったシャケトラは能力の違いで勝ち切りました…

  4. 重賞回顧

    【2019天皇賞春・回顧】フィエールマン最強の証明を果たす【C.ルメール】

    平成最後のGⅠ「天皇賞・春」を制したのは、C.ルメール騎乗のフィエール…

  5. 重賞回顧

    【ウインブライト】2019中山記念(GⅡ)の結果と回顧【ディアドラ】

    中山記念のおさらいを。第93回中山記念(GⅡ)結果ウイ…

  6. 重賞回顧

    関屋記念回顧

    まず関屋記念から。結果としては、…

  1. 重賞回顧

    【2019高松宮記念】ミスターメロディ初の1200mでGⅠ制覇【波乱決着】
  2. 平場

    【札幌新潟小倉】2019年8月11日の競馬【関屋記念】
  3. 重賞予想

    2018菊花賞(GⅠ)出走馬分析 後半
  4. 雑記

    【再び来日!】昨年のダミアン・レーンの成績を振り返る【オーストラリア出身】
  5. 重賞

    【枠順確定後】2020年京都金杯(GⅢ)買える馬。買えない馬。
PAGE TOP