重賞予想

2018アルゼンチン共和国杯(GⅡ)のポイント

今週は、GⅠの中休み(JBCがありますが)アルゼンチン共和国杯(GⅡ)です。
ズバリ、展開の鍵を握るのは「ウインテンダネス(松岡)」だと考えています。
まず、ウインテンダネスの成績から見ていきましょう。

ウインテンダネス

このウインテンダネスという馬を端的に言うと
「長く良い脚を使う馬。切れる脚は使えない。高速馬場巧者?」です。

私は、馬のペース適性を見るときに、RPCIという指標を参考にしています。
これは、最後の3ハロン(600m)ラップと、それ以外の平均ラップ(Ave-3F)を比べ、まったく差がなければ50。最後の3ハロン以外のラップに比べ、最後の3ハロンが早ければ数字が大きくなり、逆なら数字が小さくなるというもの。

PCI=Ave-3F÷上がり3ハロンタイム×100−50

なぜ、ウインテンダネスが切れる脚が使えないと判断したかというと、この馬の好走したレースと、凡走したレースの特徴を研究したためです。例えば、凡走したレース、前走の京都大賞典、2018年4月21日府中S、2017年11月19日1000万下の3つを見ていきましょう。

 

府中S(1600万下)


 
このレースのRPCIは、56.9。比較的上がり3Fが速いレースです。
見るべきポイントは、各馬の上がり3Fタイム。あまりどの馬も変わりませんね。つまり各馬、同じような上がりタイムを使っているということです。では何が勝敗を分けるでしょうか?そうですね、直線での位置取りです。つまり前にいたもの勝ちです。このレースで分かることは、ウインテンダネスが、相対的に切れる脚が使えないということです。「切れる脚=瞬間最大速度」と考えていただいていいでしょう。切れる馬というのは、速いラップが求められるレースで、他馬より相対的に速い上がりを使い、上位に来る馬です。今回のメンバーでいうとホウオウドリームのような馬(また別記事で紹介します)
ウインテンダネスは、この府中Sで33.4秒という上がりを使うことができていますが、これは相対的に見て、突出して速いわけではありません。しかも、ある程度後ろの位置取りだったにもかかわらずです。
というわけで、このレースの敗因は単純に位置取りですね。切れる脚を使える馬ではないので、差し切れなかった。それだけです。

 

1000万下


このレースのRPCIは66.4。いかに上がりに特化したレースか分かるでしょう。ラップ推移を見ても、最後の3ハロンだけ速いのが、一目瞭然です。まぁこのレースも以下同文ですね。位置取りの差が出たレースでしょう。まぁウインテンダネス自身も33.2秒の上がりを使っているので、これ以上の上がりを求めるのは、さすがに酷でしょうね。

 

京都大賞典(GⅡ)


このレース、ウインテンダネスが逃げたのですが、ラップで見るとL2地点からペースが上がっているのが分かります。つまり仕掛けが遅かったレースと言えます。この馬の好走レースを後で紹介しますが、この馬の良さは、長く良い脚を使うところ。この良さを消した騎乗になってしまいました。まぁそれを抜きにしても上がり36.1秒はバテすぎだし、休み明け、この開催の京都は時計がかかっていたなど、馬の状態が良くなかったこともあるでしょう。

 

続いて、好走レースを見ていきましょう。

緑風S(1600万下)


このレースのポイントは残り1200m地点から11秒代のラップを踏んでいるところ。
しかも、残り1000mを57.5秒というタイムで駆け抜けています。このタイムはかなり優秀。
目黒記念を見ても分かるが、この馬は、12秒ちょうど~11秒代後半のラップを維持する能力に長けている。

つまり、このアルゼンチン共和国杯。ウインテンダネスの仕掛け、ペース配分がレースのカギを握りそう。
ウインテンダネスは内目の枠から、できるだけ先行したいですね。次の記事では、ドスローで穴を開けそうな馬をご紹介します。

 

関連記事

  1. 重賞予想

    【2019高松宮記念】ここ2年とはまったく違う馬場。狙える馬は?【高速馬場】

    いよいよ、春のスプリントGⅠ「高松宮記念」です。土曜日の競馬を見る…

  2. 重賞予想

    2019シンザン記念。出走馬検討。

    2019年、最初の3歳重賞。シンザン記念。去年のアーモンドアイ、古…

  3. 重賞予想

    2018天皇賞秋は間違いなく瞬発力勝負になる

    まずは、出走馬を見ていきましょう。2018天皇賞秋出馬表…

  4. 重賞予想

    ミッキーロケットに続きマカヒキも回避…どうなるジャパンカップ

    この記事を書き始める前に、マカヒキのジャパンカップ回避が発表されました…

  5. 重賞予想

    【2019NHKマイルカップ】3歳マイル王に輝くのはどの馬か【グランアレグリアが牡牝マイル統一か】

    平成が終わり、いよいよ時代は「令和」に。令和に入って最初のGⅠは「…

  6. 重賞予想

    2018年菊花賞(GⅠ)ペースから見る傾向と分析

    今週は3歳牡馬クラシック、最後の1冠「菊花賞」です。まずは基本デー…

  1. 重賞予想

    2018天皇賞秋(GⅠ) 枠順発表後分析
  2. 重賞予想

    【GⅠ】フェブラリーステークス狙いの2頭【出走馬分析】
  3. 重賞回顧

    エルムステークス回顧
  4. 重賞予想

    【2019NHKマイルカップ】人気薄を買うなら差し馬を狙え【ヴィッテルスバッハ】…
  5. 重賞予想

    2018天皇賞秋は間違いなく瞬発力勝負になる
PAGE TOP