雑記

絶好調。C.ルメールを徹底分析してみた

秋華賞、菊花賞、天皇賞秋とGⅠレース3連勝。
今年のGⅠ勝利数は「6」となり、武豊、安藤勝己、池添謙一、M.デムーロと並び最多タイ。

現在、重賞騎乗機会8連続連対中と、まぁどれだけ勝つんだというルメール騎手。
そのルメール騎手の、去年と今年のデータを見ていきたいと思います。

 

調教師別成績

競馬に詳しい方には有名かもしれませんが、ルメール&藤沢厩舎はとても有名ですね。
藤沢調教師がルメールを乗せる時は仕上げているというサインです。

去年の、藤沢厩舎の騎手別成績を用意しましたのでご覧ください。

なんと、年間44勝のうち、ルメール騎手で34勝。これは大変なことですよw
基本、藤沢厩舎でルメールを乗せることができるのに、乗せていない場合は仕上げていないと考えて大丈夫です。

もう1つ面白いデータがありまして、それがこちら。

藤沢調教師は、トリッキーなコースが嫌いということで有名です。

そもそも、広いコースで伸び伸び走らせることを前提に馬作りしているそうですね。

特に中山コースは、馬に負担がかかることもあり、あまり走らせません。
データにも顕著に表れており、ルメール騎手とのコンビでも成績があまり良くありません。

 

距離別成績

これは、自分も調べていて「なるほどな」と思ったのですが、よく「長距離は騎手が大事」と言われることがありますね。
長距離のレースは、騎手の駆け引きが問われるので、騎手の手腕が成績に影響を及ぼしやすい。ということです。
ここで、先ほどのデータを見てみると、明らかに距離が伸びた方が成績が良いことが分かります。

ルメール騎手ほどの腕があると、短距離のレースよりも長距離のレースの方が、馬の力を最大限に引き出せるということですね。

 

また、同様にこのデータを見て思ったのですが、ダートより芝の方が成績が良いです。
まぁ、どちらにしても優秀な成績には変わりませんが(笑)

 

まとめると、

ルメール騎手を買う時に意識すべき点
1、短距離よりも長距離を狙え
2、ダートより芝を狙え

 

特に、距離別の成績は、実際データで見ると、「なるほど」と思いました。
極端な言い方をすると、短距離レースは、騎手の腕があまり問われないということですね。
つまり、いくらルメールといえど1200mしかないと、どうしようもないということ。
そう思うと、中山ダート1200mで、時々意味が分からない馬が突っ込んでくるのも納得できます。
これからの開催、今回紹介したことを意識して、ルメール騎手を買うことをおススメします。

 

関連記事

  1. 雑記

    ハービンジャー産駒は長距離が苦手?

    菊花賞で上位人気が予想される「ブラストワンピース」ここ最近ネットで…

  2. 雑記

    【WIN5とは】2018年12月28日のWIN5を買うしかない

    2018年の有馬記念が終わり、例年であれば中央競馬は終わり。なので…

  3. 雑記

    サトノダイヤモンドが復活した理由

    去年の阪神大賞典以来1年7か月ぶりの勝利を挙げたサトノダイヤモンド…

  4. 雑記

    2018年10月7日のお得情報&勝負レース

    明日のレースのお得情報を一つ。ズバリ、東京ダート1600mの新…

  5. 雑記

    このサイトの説明&使い方

    まず、最初の記事として、「このブログを始めた経緯」について…

  6. 雑記

    2018年を終えて。来年に向けた抱負について。

    2018年、中央競馬が幕を閉じました。武豊の4000勝や、ルメール…

  1. 雑記

    【桜花賞2019出走予定馬】これを見れば3歳牝馬の勢力図が分かるPART4【賞金…
  2. 重賞予想

    2018年8月12日 第53回関屋記念(G3)
  3. 重賞予想

    【2019高松宮記念】ここ2年とはまったく違う馬場。狙える馬は?【高速馬場】
  4. 重賞予想

    2018年9月29日 スプリンターズステークス(GⅠ)
  5. 雑記

    サトノダイヤモンドが復活した理由
PAGE TOP