重賞回顧

2018菊花賞のペースがやばい

少し汚いタイトルになってしまいましたが、感じたことを書きたいと思います。

菊花賞を制したのは、ルメール騎手騎乗のフィエールマン
実は日曜日、京都競馬場で観戦していたのですが、ゴールの瞬間、「おい、ルメールこれ持ってくるのか・・・」といった声が多く聞かれました。私も、その一人ですが(笑)

単刀直入に言いますが、今回の菊花賞のペースは異常です。

実際にラップを見てみましょう。

2018年菊花賞ラップ

過去10年の菊花賞のラップ

前半1000mの入りが62.7秒。
この時点で、極悪馬場だった去年を除いて、過去10年で一番遅いタイム。
まぁここまでは、まだ分かる。
そこから誰も仕掛けることなく、ペースが上がったのは何とL2地点。しかもそのラップは10.7
10秒代のラップを踏んでいるのは過去10年の菊花賞で初めて。
ましてや、今開催の京都は時計がかかっていた。その中で「10.7」というラップがどれだけ異常な数字か分かるだろうか。
競走馬の中でも、究極の切れ味をL2地点で問われているのだ。

それが、上位入選した馬の血統にも表れている。
もともと、長距離のスタミナ勝負に向かず、切れ味を得意とするディープインパクト産駒が上位に来ているのだ。
1着のフィエールマン、さらに大外枠の12番人気グローリーヴェイズが5着に来ていることも、このレースの特異性を如実に表している。

そもそも、私が疑問に感じたのは、先行馬のジョッキーについてだ。
特に上位人気に推されていた、エポカドーロ、ジェネラーレウーノは切れ味勝負を望んでいないタイプだ。
その中でも逃げたジェネラーレウーノ田辺のペース配分は理解不能である。
田辺は日本ダービー後のコメントでも「遅い流れが良くなかった」とコメントしている。
つまり、遅い流れで、速い脚が使えないのが分かっているにも関わらず、逃げて、速い脚を使うレースを作り上げたのだ。
まったく意味がわからないが、馬主欄を見て、わかってしまった。そう、同馬主のエタリオウをアシストしている気がしてならないのだ。むしろ、そうじゃないと、どう考えても辻褄が合わない。これをエタリオウ目線で考えると、恐ろしく辻褄が合うのだ。
エタリオウは、日本ダービー、神戸新聞杯とスローから強烈な差し脚で上位に食い込んできた馬だ。そんなエタリオウの弱点がスタートである。スタートで後手を踏むので、いつも後方からの競馬になり、届かず2着が続いていた。そんな中、今回の菊花賞でも、エタリオウは序盤後方からのスタートになってしまう。しかし、道中ペースが緩いため、無理せずポジションを上げることができた。さらに、本来3コーナーからの下り坂でペースが上がるのが例年の菊花賞だが、まったくペースが上がらない。そんな中、エタリオウは外からジワジワとポジションを上げ、4コーナーの入り口では、先頭列に並んで直線を迎える。本来、下り坂でペースが上がれば、外から上げていく差し馬は、速いラップを距離をロスしながら回す形になるので、明らかに不利になる。こう見ていくと、エタリオウ目線で見ると、ジェネラーレウーノのレースメイクぶりは完璧なのである。

さらに、もう一つ。この超絶な瞬発力勝負を演出したことによって、エポカドーロの好走を防ぐことができたのだ。エポカドーロも基本的に速い脚が使えるタイプではないので、私は直線入り口、いや4コーナー前でエポカドーロの負けを確信しました(ええ、私はエポカドーロから馬券を買っていましたw)

 

結局、今回の菊花賞。レースとしては残り400mだけしか走ってないようなものです。相当なギアチェンジが求められたレースと言ってよいでしょう。フィエールマンは相当ギアチェンジ能力が高く、切れる馬だということですね。このレースで長距離適性があるとは思わない方が良いです。逆に、エポカドーロ、ジェネラーレウーノはまったく参考外のレースなので気にしなくて大丈夫です。

 

関連記事

  1. 重賞回顧

    【2019NHKマイルカップ】グランアレグリアはなぜ負けたのか【アドマイヤマーズ】

    NHKマイルカップ、勝ったのは2番人気M.デムーロ騎乗のアドマイヤマー…

  2. 重賞回顧

    【2019天皇賞春・回顧】フィエールマン最強の証明を果たす【C.ルメール】

    平成最後のGⅠ「天皇賞・春」を制したのは、C.ルメール騎乗のフィエール…

  3. 重賞回顧

    【2019ユニコーンS】ワイドファラオ根性の勝利【ヘニーヒューズ産駒】

    ユニコーンSは3番人気「ワイドファラオ」が勝利しました。この馬、個…

  4. 重賞回顧

    【2019大阪杯】アルアイン皐月賞以来のGⅠ制覇【北村友一初GⅠ制覇】

    大阪杯が終わりました。勝ったのは、北村友一騎乗のアルアイン。アルア…

  5. 重賞回顧

    2018有馬記念回顧。ブラストワンピース池添謙一。

    平成最後の有馬記念。良いレースでしたね。池添、やっぱりお前は最高だ…

  6. 重賞回顧

    【芝・ダート両GⅠ制覇】フェブラリーステークスの回顧【モズアスコット】

    モズアスコットが勝ち、芝・ダートGⅠの両制覇となりました。これで矢作厩…

  1. 重賞回顧

    第64回産経賞オールカマー(GⅡ)回顧
  2. 平場予想

    2018年10月6日 東京6Rダート1400m予想
  3. 重賞

    【2020エリザベス女王杯】大外枠も関係なし。ラッキーライラック連覇達成【引退レ…
  4. 重賞予想

    2018アルゼンチン共和国杯(GⅡ)のポイント
  5. 重賞

    【阪神芝2000m】GⅠ大阪杯のポイントは高速馬場【続く無観客GⅠ】
PAGE TOP