重賞回顧

2018年秋華賞(GⅠ)レース回顧

アーモンドアイ見事に3冠達成。
ペースや位置取りを考えれば、やはり別格ですわ。

 

ペース分析

ペースは59.6-58.9で+0.7秒のややスロー。
いやー先行馬がこれだけ揃ってて、このペースになるかね・・・
意外とハイペースが予想される時って、こういうことがあるのよね。

ミッキーチャームがスッと先頭に立って、隊列がピタッと決まった感じ。
オスカールビーとか、サヤカチャンといった逃げ候補が、外枠でスタートをうまく切れなかったことも大きかったと思う。
まぁ無理してでも逃げることはできたと思うけど、意味のない逃げをすると、川田くんに後で怒られそうだからね(笑)
いや、冗談で言ってると思われるかもしれないけど、逃げ候補のジョッキーは若手だし、割とありそうで怖い。
ミルコとかも川田くんは怖いって言ってるくらいだしね。

それにしても川田のペース配分は完璧だったね。
前半かなり遅かったが、1000m付近から極端にペースを落とすことなく、後続に脚を使わせつつ、差を広げて直線に入る。
そして、最後まで11秒代のラップをキープ。これで差されたら仕方ないね。見事な騎乗だったと思う。

 

1着アーモンドアイ

ルメールはインタビューで「直線に向いたときに勝てると思った」と言っていたが、とても見ている方はそんな風に見えなかった。
ミッキーチャームが、ペースが上がらない中うまくコントロールし、しかも後続と差を開いたまま直線を向いていたので、これは・・・と一瞬思ったね。しかもアーモンドアイは、前のラッキーライラックなどの馬の手ごたえが悪く、かなり外を回しての差し切りなので、やはり別格だったという印象。この先、ジャパンカップに出るみたいだが、楽しみだね。

 

3着カンタービレ

スタートは普通ぐらいだったが、無理をせず中団につける。おそらく武豊的にはペースが速くなると予想していたのだと思う。
最初からこのレースプランは頭にあったんじゃないかな。ただ、思ったよりペースが上がらず、気づけば横にアーモンドアイがいたので、それをマークする形にしたんだと思う。まぁ、アーモンドアイの後ろから行くのを決めた時点で、アーモンドアイより上に来る可能性はなくなったという感じ。ただ、カンタービレが思ったより長く良い脚を使えることが分かったので、今後も注目だね。崩れたのはダービーだけなので、その原因を距離だと考えれば、今後も1800m前後なら活躍できるのでは。

 

4着サラキア

スタートは、やや出遅れぐらい。今までと比べるといくらかはマシ。
道中は内を進む形で、内から捌いて直線。ジリジリ伸びるも、前との差を詰めれず、アーモンドアイに差され、ゴール前でカンタービレにも差され4着に。うーん、うまく捌いてきたと思うけどね。この馬はスパッと切れる脚はなくて、ジリジリ伸びる感じ。崩れることもないけど、決め手に欠ける感じ。意外と小回りの方が合うんじゃないかな?ただスタートが決まらないのがネック。狙うのが難しい馬になりそう。

 

関連記事

  1. 重賞回顧

    2018マイルCS(GⅠ)レース回顧

    マイルCSの回顧をしていきましょう。レース…

  2. 重賞回顧

    2018有馬記念回顧。ブラストワンピース池添謙一。

    平成最後の有馬記念。良いレースでしたね。池添、やっぱりお前は最高だ…

  3. 重賞回顧

    【ウインブライト】2019中山記念(GⅡ)の結果と回顧【ディアドラ】

    中山記念のおさらいを。第93回中山記念(GⅡ)結果ウイ…

  4. 重賞回顧

    【2019NHKマイルカップ】グランアレグリアはなぜ負けたのか【アドマイヤマーズ】

    NHKマイルカップ、勝ったのは2番人気M.デムーロ騎乗のアドマイヤマー…

  5. 重賞

    【レース回顧】ジャパンカップ(GⅠ)を制したのはスワーヴリチャード

    最近、顕著な高速馬場化が進む東京競馬場ですが、重馬場で行われた今年のジ…

  6. 重賞回顧

    川田の逃げが素晴らしい件

    ジャパンカップが終わりました。まずは着順から。&n…

  1. 重賞予想

    【2019日本ダービー】3強ではなく2強。本命はダノンキングリー【世代の頂点を決…
  2. 重賞予想

    2018ジャパンカップ(GⅠ)穴馬:ミッキースワローの魅力
  3. 重賞予想

    有馬記念で1万円を10万円に。Part3 枠順発表前予想
  4. 雑記

    【桜花賞2019出走予定馬】これを見れば3歳牝馬の勢力図が分かるPART2【賞金…
  5. 雑記

    【馬券で生かせる】ピッチ走法の馬とは【得意・不得意な条件】
PAGE TOP