重賞予想

2018秋華賞(GⅠ)出走馬分析 サラキア

素材は確かだが、出遅れという致命的な弱点を持つサラキア。
前走ローズSでは2着に入り、秋華賞への出走権をもぎ取った。
モレイラの騎乗停止で、急遽池添に手綱が戻る形となったが、スタートを決めアーモンドアイの3冠を阻止することができるか。

 

白百合S

ペースは46.8-46.9でミドルペース。
相変わらずスタートが悪く後方からの競馬に。
徐々に位置を上げるが、先頭とはかなり距離がある中で直線を迎える。
末脚を伸ばし、何とか2番手の馬はゴール前で差すが、メイショウテッコンには遥か及ばずの2着。
やはり、スタートの悪さがかなり痛い。
流れた中でも末脚は確かで、持続した良い脚が使えているのは好材料。

 

青島特別500万下

パッと見て分かると思うが、このレースまったく道中緩んでいない。
確かに、この時の小倉は超高速馬場だったのもあるが、このラップを捲って3馬身差のレコード勝利は評価してよい。
ラップ的には11.6あたりのペースを外から捲っていっているので、淡々とした流れにも対応できそうだ。

 

ローズS

このレースも出遅れ気味だが、前よりは少しマシになった印象。ただ、相変わらず出ないのは変わらない。
ただ、このレースでは意識して前半出していき、二の足で中団ぐらいにつける。
そのまま直線、ペースが遅い中で内有利、前が止まらない状況の中、外からジリジリと末脚を伸ばし2着。
前半出していったのもあり、多少末脚が削がれた印象もあるが、それでも最低限、権利を取ってきた。
内、前がバイアス的に有利だったと思うので、よくやったのではないだろうか。

 

秋華賞に向けて

正直、出遅れはかなり痛い。今回も奇数枠、出遅れは必須だろう。
ただ、ペースとしてはスローからのトップスピード戦よりは、淡々とした流れから末脚を引き出すレースの方が向いている感じがするので、秋華賞のペース自体は合いそう。あとは、ある程度スタートが出て、無理なく中団ぐらいの位置が取れれば、もしかすると、もしかするかもしれない。池添も単純な差し比べでアーモンドアイに勝てるとは思っていないだろうし、勝ちに行くのであれば、ある程度ロスのない競馬をするのではないか。あとはスタートが出るのを祈るだけだね。

 

関連記事

  1. 重賞予想

    【2019日本ダービー】3強ではなく2強。本命はダノンキングリー【世代の頂点を決める1戦】

    さて、明日は東京優駿「日本ダービー」です。土曜日の馬場を見る限…

  2. 重賞予想

    【2019大阪杯】阪神内回り2000m攻略の鍵とは【出走予定馬分析】

    今週は、阪神芝2000mで行われるGⅠ「大阪杯」です。まずは、阪神…

  3. 重賞予想

    2018天皇賞秋(GⅠ) 枠順発表後分析

    まず、枠を見た瞬間、「あ、これはダンビュラ…

  4. 重賞予想

    2018アルゼンチン共和国杯(GⅡ)のポイント

    今週は、GⅠの中休み(JBCがありますが)アルゼンチン共和国杯(GⅡ)…

  5. 重賞予想

    2018菊花賞(GⅠ)出走馬分析 前半

    アイトーン前が手薄になれば考えますが、まぁ厳しいでしょう。…

  6. 重賞予想

    有馬記念で1万円を10万円に。Part3 枠順発表前予想

    週末の天気を見ていますが、少し降りそうですね。それを考慮して、枠順…

  1. 重賞回顧

    第66回神戸新聞杯(GⅡ)回顧
  2. 重賞予想

    【GⅠ】フェブラリーステークスの予想【出走馬分析】
  3. 重賞回顧

    第64回産経賞オールカマー(GⅡ)回顧
  4. 馬場傾向

    9月29日(土)阪神 馬場傾向(芝)
  5. 重賞回顧

    シンザン記念&今開催の京都と中山の分析
PAGE TOP