重賞予想

2018秋華賞(GⅠ)出走馬分析 パイオニアバイオ

常に堅実に走り、フローラSで人気薄ながら2着にきた、パイオニアバイオが秋華賞に出走。
しぶとい末脚を京都内回り2000mで生かせるか。

 

フローラS

ペースは61.1-58.4で2.7秒のスローペース。
外枠から先行し、最後までジリジリと末脚を持続し、クビ差2着。
ラップを見ると、最後の4ハロンで11秒代に突入しており、スローからのロンスパという形。
1,3,4着馬は重賞でそこそこ走っている馬なので、この2着はかなり評価できると思う。

 

紫苑S

ペースは60.1-57.9で3.1秒のスロー
このレースの面白いところは、スローはスローでも仕掛けが早いところ。
1000m通過地点からずっと11秒代のラップを刻んでいる。

このラップ推移って、かなり秋華賞に近いと思うんだよなあ。
もちろん、秋華賞は傾向として、もう少し前半が流れるわけだが、京都では下り坂からペースが上がるので、後半のラップ推移はこれと同じような流れになると思う。
回避してしまったが、ノームコアやマウレアがいたら秋華賞では狙っていたと思う。
パイオニアバイオは明らかに、このレースの最後で脚を余しているのが分かる。
内で詰まって仕掛けが遅れたことが脚を余した原因なので、フローラSのように出し切る展開になれば、結果は変わっていたと思う。

 

秋華賞に向けて

現在10番人気だが、期待値はかなり高いと思っている。
過去のレースからも、ロンスパに対応できることは証明できているので、あとは中団くらいから、しっかりと進路を取って進めてほしい。
もちろん、アーモンドアイは別次元の末脚を使ってくるので、逆転は難しいと思うが、スムーズに運ぶことができたら馬券内も全然あると思う。ただ、不安なのはジョッキー。福永とか空いてるのになあ。

 

関連記事

  1. 重賞予想

    2018天皇賞秋は間違いなく瞬発力勝負になる

    まずは、出走馬を見ていきましょう。2018天皇賞秋出馬表…

  2. 重賞予想

    2018菊花賞(GⅠ)出走馬分析 前半

    アイトーン前が手薄になれば考えますが、まぁ厳しいでしょう。…

  3. 重賞予想

    2018秋華賞(GⅠ)出走馬分析 アーモンドアイ

    桜花賞では、最後方から持ったまま全馬を置き去りにし、1冠目。オーク…

  4. 重賞予想

    【2019ヴィクトリアマイル】ラッキーライラックの不安点とは【荒れるGⅠ】

    今週は、春の牝馬の頂点を決めるヴィクトリアマイルです。まずは、土曜…

  5. 重賞予想

    【雨予報】2019阪神大賞典(GⅡ)で狙いたい穴馬とは【出走予定馬】

    今週は伝統の長距離重賞、「阪神大賞典」です。メンバーを見て「お…

  1. 重賞回顧

    【2019日本ダービー】伏兵ロジャーバローズが勝利。今の東京の馬場の謎に迫る【ダ…
  2. 平場予想

    今週の競馬について。
  3. 重賞予想

    2018ジャパンカップ(GⅠ)穴馬:ミッキースワローの魅力
  4. 重賞予想

    【根岸ステークス2019】枠順確定後分析
  5. 重賞予想

    2018年8月12日 第53回関屋記念(G3)
PAGE TOP