重賞予想

2018秋華賞(GⅠ)出走馬分析 アーモンドアイ

桜花賞では、最後方から持ったまま全馬を置き去りにし、1冠目。
オークスでは、スタートから先行し、他馬をねじ伏せ2冠を達成したアーモンドアイ。
再び、ぶっつけでの秋華賞となるが、久しぶりの3冠牝馬誕生となるか。

 

シンザン記念

ペース的には49.0-48.1でややスロー。
中緩みで、L1最速ラップとなっている。
馬場も悪い中で、前が止まらない加速ラップを、後方から突き抜けている。
L2からの伸びは異常で、多少の道悪なら問題ないだろう。

 

桜花賞

ペースは46.6-46.5でミドルペース。

多少の中緩みがあって、3ハロン勝負。
ラッキーライラックが完璧な競馬で抜け出しているのだが、問答無用で大外からノーステッキで抜け出し圧勝。
多少ペースが上がっても、確かな末脚が使え、直線だけで差を埋めることができる。かなりインパクトのある勝ち方だった。

 

優駿牝馬

ペースは59.6-59.6でミドルペース。
スタートを5分に決め、中団ぐらいの位置取りを取る。
そのまま直線ではスムーズに反応し、先頭に立つと他馬を寄せ付けず完勝。
桜花賞を直線だけで突き抜けたにも関わらず、戦法を変え、正攻法で勝つあたりがルメール憎しというところか。
距離の壁が不安視されていたが、まったく問題ないレース運びだった。
それどころか、中団につけれる二の足と、最後のスピードの持続力をまざまざと見せつけた。

 

秋華賞に向けて

正直、隙はほとんどないように見える。
多少ペースが上がっても大丈夫だし、道悪も問題なし。
後方一辺倒の競馬が続いていたが、オークスで、ある程度の位置につけれることも証明した。
あとは下手に内枠で窮屈な競馬になるよりは、中枠から外枠の方がいいのかなと。
1枠とかにならない限りは、この馬の3冠は近いだろう。

 

関連記事

  1. 重賞予想

    2018秋華賞(GⅠ)出走馬分析 パイオニアバイオ

    常に堅実に走り、フローラSで人気薄ながら2着にきた、パイオニアバイオが…

  2. 重賞予想

    【2019日本ダービー】3強ではなく2強。本命はダノンキングリー【世代の頂点を決める1戦】

    さて、明日は東京優駿「日本ダービー」です。土曜日の馬場を見る限…

  3. 重賞予想

    2018アルゼンチン共和国杯(GⅡ)のポイント

    今週は、GⅠの中休み(JBCがありますが)アルゼンチン共和国杯(GⅡ)…

  4. 重賞予想

    2018年9月29日 スプリンターズステークス(GⅠ)

    まずは、出走表から。今回は重馬場適…

  5. 重賞予想

    【2019優駿牝馬オークス】穴狙いは禁物。オークスは固いGⅠ【桜花賞組が中心】

    今週は優駿牝馬(オークス)です。GⅠの中でも「荒れるGⅠ」と「…

  6. 重賞予想

    2018年菊花賞(GⅠ)ペースから見る傾向と分析

    今週は3歳牡馬クラシック、最後の1冠「菊花賞」です。まずは基本デー…

  1. 重賞予想

    【枠順確定後】大阪杯(GⅠ)の予想【出走馬分析】
  2. 重賞予想

    2018秋華賞(GⅠ)予想
  3. 重賞

    【レース回顧】ジャパンカップ(GⅠ)を制したのはスワーヴリチャード
  4. 雑記

    サトノダイヤモンドが復活した理由
  5. 重賞回顧

    第66回神戸新聞杯(GⅡ)回顧
PAGE TOP