重賞

今週のおさらい

では、買ったレースのおさらいをしていきます。

 

2018年10月7日 東京4Rダート新馬1600m

◎メイクハッピー(2番人気1着)
〇ミコノホマレ(6番人気15着)
▲ホウオウモントレー(1番人気2着)


ペースは47.2-50.7で3.5秒のハイペース。
勝ったメイクハッピーは相当強いですね。
▲ホウオウモントレーは、父キンシャサノキセキですので、1600は少し長いと思い印を下げましたが、やはり距離は少し短い方が良いですね。

 

ちなみにキンシャサノキセキ産駒の新馬戦過去5年の成績。

ある程度芝でもダートでも成績は出ています。

 
では、ダートの距離別成績を見てみましょう。

明らかに、距離が短い方が良いです。
この理由から▲ホウオウモントレーは印を下げました。
実際レースを見てみると、残り200mの地点でメイクハッピーに突き放されてますね。
このように、1番人気モレイラ騎乗の馬でも明確な理由で不安点を見つけることができます。
このレースの場合、このマイナス点を差し引いても、ホウオウモントレーを抜くことができる馬はメイクハッピー以外いなかったということですね(笑)

 

2018年10月7日 東京7R ダート1600m

◎フィスキオ(1番人気2着)
〇ジュンパッション(3番人気1着)
▲ユイノチョッパー(2番人気4着)

最終的に1,2,3番人気を推す形に。すみません。
まぁでも順当に決まったという感じですね。
やはり東京ダート1600mは、外枠からスムーズに先行できる馬を狙いましょう。

 

個人的には、新馬戦にこれから注目していきたいと思います。
新馬戦は、オープンクラスまで行く馬と、未勝利で終わってしまう馬が同時に走るレースで、ポイントさえ掴めば一番勝てるレースなのではないかと思っているからです。まだまだ新馬戦に関しては素人なので、このブログで皆さんとともに研究していけたらと考えています。

 
 

関連記事

  1. 重賞

    【牡馬クラシック1冠目】2020皐月賞(GⅠ)で激走するのはこの馬だ【重馬場】

    先週の牝馬クラシック「桜花賞」に続き、牡馬クラシック1冠目「皐月賞」で…

  2. 重賞

    【2020年最初のGⅠ】フェブラリーステークス(GⅠ)【東京ダート1600m】

    さて、いよいよ2020年最初のGⅠ「フェブラリーステークス」です。…

  3. 重賞

    【2019有馬記念】アーモンドアイ~アエロリット【出走馬分析】

    いよいよ、来週はグランプリ有馬記念です。今年も1年早かったですね。…

  4. 重賞

    【名馬への登竜門】シンザン記念(GⅢ)の勝ち馬候補は2頭のみ【京都芝1600m】

    今週はジェンティルドンナ、オルフェーヴル、アーモンドアイなど名馬が輩出…

  5. 重賞

    【デアリングタクト2冠達成なるか】第81回優駿牝馬(GⅠ)と明日の田辺騎手

    さて、オークスです。田辺騎手予報がメインなので、オークスは手短に。…

  6. 重賞

    【2020NHKマイルC】キンシャサノキセキ産駒の適性距離は?【ルフトシュトローム】

    キンシャサノキセキ産駒の「ガロアクリーク」が皐月賞3着で、驚いた方も多…

  1. 重賞予想

    2018ジャパンカップ(GⅠ)穴馬:ミッキースワローの魅力
  2. 重賞

    【2020年最初のGⅠ】フェブラリーステークス(GⅠ)【東京ダート1600m】
  3. 平場予想

    2018年10月6日 東京8Rダート1400m予想
  4. 重賞回顧

    【3冠見えた?】コントレイル圧巻の走りで皐月賞勝利【ノースヒルズの戦略とは】
  5. 重賞回顧

    【2019大阪杯】アルアイン皐月賞以来のGⅠ制覇【北村友一初GⅠ制覇】
PAGE TOP