馬場傾向

9月29日(土)阪神 馬場傾向(芝)

台風接近中の日本列島。

まだ台風本体は来ていませんが、
朝から雨が降り続いております。

 

阪神は朝から
芝:重
ダート:不良
のコンディションで開催されました。

 

まずは、芝から

かなり、差し馬場になっています。

枠順傾向を見ても

ピンク帽がきています。

内が荒れていることがよくわかります。

 

 

8Rの芝2600m戦

勝った馬は最内の馬ですが、

各馬、内を開けて走っているのが分かります。

 

ちなみに、勝った馬も内から差してきた馬です。

相当、重い馬場が得意な馬なのでしょう。

 

 

10Rの芝1200m戦

武豊騎手が前人未到の4000勝

を飾ったレースですが、

 

この馬もピンク帽で、

外々をスムーズに走って快勝となりました。

 

3着の8番が

人気薄で外から差してきているのが分かります。

 

12R芝1400m戦

これも大外18番の馬が勝利。

2着に来たオレンジ帽の武豊騎手も

この後、外に進路を取っています。

 

 

以上のように

阪神の芝は最終週+雨ということもあり、

かなり内が荒れて、

差し馬場になっているものと思われます。

 

 

関連記事

  1. 馬場傾向

    【高松宮記念】中京1200mコースの特徴とラップ【今年の中京の馬場はどうなの?】

    今週は電撃の6ハロン戦、GⅠ高松宮記念です。過去のラップ、コース形…

  2. 馬場傾向

    9月29日(土)阪神 馬場傾向(ダート)

    続いて、ダートの傾向。う~ん。まあ、あ…

  3. 馬場傾向

    2018年10月6日 東京芝コース傾向分析

    今日から東京開催が始まりましたが、芝コースの傾向分析をしていきたい…

  1. まとめ

    2023年9月24日 第71回神戸新聞杯(GⅡ)
  2. 重賞予想

    朝日杯の穴馬。オススメ2頭。
  3. 重賞

    【2020エリザベス女王杯】大外枠も関係なし。ラッキーライラック連覇達成【引退レ…
  4. 重賞回顧

    【弥生賞2着】シュヴァルツリーゼの走法と可能性【皐月賞や日本ダービーは?】
  5. 重賞予想

    2018武蔵野S(GⅢ)出走馬分析
PAGE TOP