重賞回顧

第66回神戸新聞杯(GⅡ)回顧

更新が止まっており、すみませんでした。

これから少しスタイルを変えていこうと考えております。

 

 

 

ペースは3.2秒のスロー。

 

例年の傾向で、

神戸新聞杯はスローに振れることが多かったが、

何といっても、

エポカドーロがスタートで躓いたのが大きい。

 

結局、メイショウテッコンが逃げる形となり、

エポカドーロはワグネリアンより後ろの競馬に。

 

ペースとしては3.2秒のスローだが、

仕掛けは早く、最速はL3地点。

ワグネリアンが乗り替わりの藤岡康太だったこともあり

早く仕掛けたことが大きいだろう。

 

瞬発力というよりは、

長く良い脚を使う力(トップスピード持続力)

が問われたレースかと。

 

 

エポカドーロは出遅れがなければ、

少なくともメイショウテッコンよりは

上位に来ていただろう。

 

元々、エポカドーロはピッチ走法で、

前傾ラップ、馬場が悪い状況で結果が出ているので、

菊花賞は逆に狙えると感じた。

むしろ、後ろからでも意外と脚が使えていたので

スタートさえ上手く切れればそう崩れないのでは?

 

2着エタリオウは成長も感じられ、

長く良い脚が使えていたのでこれからも注目。

 

1着ワグネリアンは菊花賞ではなく、

天皇賞秋に向かうとのこと。

やや気性も荒く、かかるので

確かに天皇賞の方がいいと思う。

 

 

ステイフーリッシュ、タイムフライヤーは

前傾ラップの厳しい流れで結果が出ているのでまぁ仕方ないかと。

 

逆に

アドマイヤアルバ、ゴーフォザサミットは

少し期待外れかな。

 

個人的にエポカドーロが前哨戦で飛んでくれたので、

菊花賞で狙いたいと思わせるレース内容でした。

関連記事

  1. 重賞回顧

    2018年9月30日 スプリンターズステークス(GⅠ)回顧

    ペースは33.0-35.3 ▲2.3秒のハイペース…

  2. 重賞回顧

    2018マイルCS(GⅠ)レース回顧

    マイルCSの回顧をしていきましょう。レース…

  3. 重賞回顧

    【2019エプソムC】雨がもたらす騎手心理について【レイエンダ】

    エプソムCはルメール騎手騎乗のレイエンダが勝ちました。もうここ…

  4. 重賞回顧

    2018菊花賞のペースがやばい

    少し汚いタイトルになってしまいましたが、感じたことを書きたいと思います…

  5. 重賞回顧

    シンザン記念&今開催の京都と中山の分析

    シンザン記念を振り返ります。ペースは47.3-…

  6. 重賞回顧

    川田の逃げが素晴らしい件

    ジャパンカップが終わりました。まずは着順から。&n…

  1. 重賞回顧

    アルゼンチン共和国杯(GⅡ)回顧
  2. 重賞予想

    【2019高松宮記念】ここ2年とはまったく違う馬場。狙える馬は?【高速馬場】
  3. 雑記

    【フェブラリーS優勝】インティは今後、ダート界の王に君臨するのか【7連勝中】
  4. 重賞

    【2019有馬記念】アルアイン~クロコスミア【出走馬分析】
  5. 雑記

    サトノダイヤモンドが復活した理由
PAGE TOP