【枠順確定後】大阪杯の最終予想【伏兵の台頭も】

懸念していた土曜日の雨ですが、予想よりかなり降りました。 管理人は関西在住なのですが、昼過ぎと夕方に、かなりまとまった雨が降った印象。これで少なくとも高速馬場での開催は無くなったかな。明日は晴れ予報なので、ある程度回復すると思うが、それでも標準~ややタフな馬場の想定で。   展開予想 馬場は予定より重い想定だが、逃げはキセキで変わりないだろう。ただ、馬場を考慮して若干騎手の意識としては抑 […]

【枠順確定後】大阪杯(GⅠ)の予想【出走馬分析】

今週は、阪神芝2000mで行われるGⅠ「大阪杯」です。 予想する上で少し気になるのが土曜日の雨。これが、どれくらい降るのかによって予想が大きく変わってきます。特に今年の阪神は、例年に比べてタフな馬場コンディションになっている。雨が降ると、よりその傾向が顕著になるので、土曜日の雨量には要注目です。 週中に書いた大阪杯の記事はこちら。     枠順と展開予想 うーん、何とも言えない […]

【桜花賞2019出走予定馬】これを見れば3歳牝馬の勢力図が分かるPART3【賞金・ボーダーライン】

桜花賞の出走予定馬の分析を行っています。PART2はこちら。     シェーングランツ 父:ディープインパクト、母父:Monsun、生産者:社台ファーム この馬は分かりやすい馬で、1600mだと忙しくて、エンジンがかかった頃にはレースが終わっている印象。一度、シェーングランツについて記事を書いたので良ければこちらをどうぞ。     まず、この記事で危惧したよ […]

【桜花賞2019出走予定馬】これを見れば3歳牝馬の勢力図が分かるPART2【賞金・ボーダーライン】

前回の記事の続きで、桜花賞の出走予定馬の分析を行っていきます。 PART1はこちら。     シゲルピンクダイヤ 父:ダイワメジャー、母父:High Chaparral、生産者:天羽牧場 トライアルのチューリップ賞で2着に入り、見事桜花賞への出走権を手に入れたシゲルピンクダイヤ。 今まで、マイルを3戦連続で使っているように、ダイワメジャー産駒らしくマイルに照準を合わせている。 […]

【2019大阪杯】阪神内回り2000m攻略の鍵とは【出走予定馬分析】

今週は、阪神芝2000mで行われるGⅠ「大阪杯」です。 まずは、阪神内回り芝2000mのコース形態から。 阪神芝2000mコースの特徴 以前の阪神大賞典の記事でも紹介しましたが、阪神内回りの特徴は「仕掛けが早くなる」ということ。 阪神大賞典の記事はこちら。       実際に、過去の大阪杯のラップを見てみましょう。 去年、一昨年と少なくとも残り800m~1000mの地 […]

【2019高松宮記念】ミスターメロディ初の1200mでGⅠ制覇【波乱決着】

高松宮記念を制したのは、初の1200m挑戦のミスターメロディでした。 うーん、予想としては結構予想通りだったんだが、ここまで荒れるとねえ。 まぁ、レースとしては結構分かりやすいレースで、タイムが速く、馬場が良かったので単純に内を通せた馬が上位に来たという印象。内外の馬場差は無かったということでしょう。 結果とラップを見ていきます。   高松宮記念の結果とラップ 勝ちタイムは1.07.3 […]

【2019高松宮記念】ここ2年とはまったく違う馬場。狙える馬は?【高速馬場】

いよいよ、春のスプリントGⅠ「高松宮記念」です。 土曜日の競馬を見る限り、これは面白いレースになりそうな予感。明らかに、今の中京は高速馬場と言えるでしょう。ここ2年の馬場とは、まったく異なる馬場。 まずは、土曜日の競馬を踏まえて馬場状態から。 馬場状態 土曜日に行われた唯一の芝1200mで行われた未勝利戦を見ていきます。 未勝利で走破タイムが1.08.6です。 これが、どれくらい速いタイムなのか、 […]

【2019日経賞】同型少ないメイショウテッコンの巻き返しに期待【エタリオウの取捨は?】

土曜日の中山メインは、芝2500mで行われる「日経賞(GⅡ)」です。 まずは展開予想から。 展開予想 逃げ馬候補としては、メイショウテッコン、グランアルマダ、クリンチャーあたり。 三浦皇成がどういう風に乗ってくるか未知数だけど、クリンチャーは二の足が遅いのが特徴。中山2500mの大外枠は、小頭数とはいえ、先行したい馬には結構きついと思う。 そんな中で、メイショウテッコンも近走スタートの出が悪いので […]

【桜花賞2019出走予定馬】これを見れば3歳牝馬の勢力図が分かる【賞金・ボーダーライン】

いよいよ、2019年のクラシック競争が始まります。 今回は、3歳牝馬の主な出走予定馬をまとめたいと思います。 まずは、桜花賞の出走予定馬を見ていきます。   桜花賞の出走予定馬(賞金順) ※2019.3.21時点 ※フラワーC勝ち馬「コントラチェック」はオークスへ。 今年は、ケガで離脱する馬も少なく、割とボーダーラインは高い印象。 やはり、阪神JFの勝ち馬「ダノンファンタジー」や、2着馬 […]

【高松宮記念】中京1200mコースの特徴とラップ【今年の中京の馬場はどうなの?】

今週は電撃の6ハロン戦、GⅠ高松宮記念です。 過去のラップ、コース形態から展開を予想していきます。 中京1200mのコース形態 緩やかな上り坂を100mほど進んだ後、すぐに下り坂に入る。そこから、3コーナーから4コーナーにかけて、すべて下り坂。そして中山に次ぐ急勾配の上り坂を登って、最後の200mが平坦というコース形態。 このコース形態が、ラップ傾向にもよく表れています。   高松宮記念 […]

1 2 12