重賞

【2020年2月16日(日)】共同通信杯(GⅢ)&京都記念(GⅡ)【出世レース&古馬の始動戦】

今週は、3歳馬の出世レース「共同通信杯」と古馬の始動戦「京都記念」です。
東京の芝は「内、前有利京都の芝は「差し有利と見ました。

マーフィー騎手がいなくなってから、東京が非常に難しい。明日は頑張ります。まずは、共同通信杯から。



共同通信杯(GⅢ) 出走馬一覧

毎年ですが、出走馬が少ないですねえ。マイラプソディを避けての結果なのかは、いざ知らず。普通に考えれば、ノーザンファーム生産馬は無視できません。さらにデータから絞っていきましょう。

枠順

まぁ内有利という結果。今週の傾向を見ても、これは変わらないかと。外枠でも前目を取っていたら問題ないように見えました。

生産牧場別成績

「おや、意外とノーザンファーム生産馬が勝ち切れていないな」という印象。それでも複勝率は流石。さらに、ノーザンファーム生産馬を詳しく見ていきましょう。

これが、前走のクラス別成績。新馬からの2頭はパーフェクト連対。一方、重賞組が勝ち切れていない・・・これはマイラプソディ大丈夫なのか?

ノーザンファームの前走からの乗り替わりの有無。お!乗り替わったら勝ててない!と思ったら、今回のノーザンファーム生産馬は3頭とも乗り替わりなしです。はい、クソデータでした。

前走距離別成績

うん、距離短縮>距離延長ですね。これは明確な傾向かと。

過去10年のラップ

東京は、最後の1ハロンのラップが落ちないのよね。決め手比べになることは間違いないでしょう。



共同通信杯のまとめ

うーん、まとめると。消せるのが1,5,9で、とりあえず6頭に絞られた。ミナリクは買いたくないし、4シングンバズーカは距離延長だから印は下げる。3ココロノトウダイが難しいところ。ノーザンファーム生産馬だが、福島で新馬走らせているので、何とも言えない感じ。7ダーリントンホールは、戦ってきた相手のレベルが微妙なので、これまた微妙。やはり、マイラプソディとフィリオアレグロなんだよなあ。

よし、デムーロについて調べてみよう。
過去1年で「デムーロ&堀厩舎&芝レース3勝クラス以上」で見ると0-3-1-8。これは・・・いや!堀厩舎は昨年まったく重賞でも勝てなかったので、たまたまかな、と。

「デムーロ&サンデーレーシング&芝レース」で見ると2-6-5-3。おお、複勝率は81.3%。ただ勝ち切れてなくね?

ということで印は
◎マイラプソディ
〇フィリオアレグロ
▲ココロノトウダイ
△ダーリントンホール
×シングンバズーカ

ちなみに、過去1年「武豊&ノーザンファーム&芝レースオープンクラス以上&3番人気以上」だと5-3-3-4です。うん、いいんじゃないでしょうか。



京都記念(GⅡ)

長くなったので、京都記念はシンプルに。こちらを。

年齢別成績。「4,5歳馬を中心に」です。ここで、1カレンブーケドール、5ステイフーリッシュ、7クロノジェネシスになるわけですが、実は斤量53,54キロで勝った馬がいません。0-2-0-10という有様。この中には、ハープスターとかディアドラ、モズカッチャンとかも含まれています。と、なるとステイフーリッシュしかいないでしょうと。

あと一頭気になるのが、アルメリアブルーム。今の京都は差し馬優勢。しかし、鞍上がフォーリー騎手。
過去1年「フォーリー&芝3勝クラス以上」0-1-0-10。グロ。しかも2着1回は、今日のクイーンカップです。頭はないかな。

印はこちら。
◎ステイフーリッシュ
〇クロノジェネシス
△カレンブーケドール
△アルメリアブルーム



関連記事

  1. 重賞

    【枠順確定後】2020年京都金杯(GⅢ)買える馬。買えない馬。

    1月5日(日)の京都金杯の枠順が確定しました。そもそも、前日にならない…

  2. 重賞

    【GⅠ天皇賞春】ディープボンド試練の大外枠、春の盾を手にするのはどの馬か【阪神芝3,200m】

    今年も阪神芝3,200mで開催される天皇賞春。菊花賞馬が無類の強さ…

  3. 重賞

    【2023優駿牝馬オークス】圧倒的1番人気リバティアイランドは信頼できるのか

    今週は優駿牝馬オークスです。桜花賞で圧倒的な力を見せつけたリバティアイ…

  4. 重賞

    【2020NHKマイルC】キンシャサノキセキ産駒の適性距離は?【ルフトシュトローム】

    キンシャサノキセキ産駒の「ガロアクリーク」が皐月賞3着で、驚いた方も多…

  5. 重賞

    【2020年】京都金杯(GⅢ)芝1600m【荒れるハンデ重賞】

    さて、2020年最初の重賞「京都金杯」です。毎年恒例のハンデ重賞。…

  6. 重賞

    【レース回顧】ジャパンカップ(GⅠ)を制したのはスワーヴリチャード

    最近、顕著な高速馬場化が進む東京競馬場ですが、重馬場で行われた今年のジ…

  1. 雑記

    ハービンジャー産駒は長距離が苦手?
  2. WIN5

    1/20(日)の競馬について
  3. 雑記

    【桜花賞2019出走予定馬】これを見れば3歳牝馬の勢力図が分かるPART3【賞金…
  4. 重賞予想

    2018秋華賞(GⅠ)出走馬分析 オールフォーラヴ
  5. 重賞予想

    【2019優駿牝馬オークス】穴狙いは禁物。オークスは固いGⅠ【桜花賞組が中心】
PAGE TOP