重賞回顧

【芝・ダート両GⅠ制覇】フェブラリーステークスの回顧【モズアスコット】

モズアスコットが勝ち、芝・ダートGⅠの両制覇となりました。これで矢作厩舎は有馬記念、ホープフル、フェブラリーステークスの3連続GⅠ制覇ということで恐ろしいですね。リスグラシューは引退しましたが、今年もコントレイル、ラヴズオンリーユーなどGⅠの中心になりそうな馬がいるので、引き続き要注目ですね。

では、軽くフェブラリーステークスの回顧を。



第37回 フェブラリーステークス

戦前はスローペース濃厚と言われていましたが、終わってみれば46.4-48.8で2.4秒のハイペース。逃げる馬がいないとか言われていると、こういうことになるんですよね。ワイドファラオが逃げるのは想定内だったのですが、アルクトスが思ったよりいきましたね。田辺騎手も2番枠ということで、腹を括っての騎乗だったのでしょう。

しかしまぁ、馬券的にはケイティブレイブ抜けが痛いこと痛いこと。前走、川崎記念2番人気の馬が最低人気は流石にやりすぎですわな。私は騎手で切ってしまいました。モジアナフレイバ-買うくらいなら、ケイティブレイブ買えば良かった。でもモジアナフレイバ-6着まで来てたんですね。一応、地方馬の中では最先着。どこにいたのかまったくわからなかったのですが・・・

モズアスコットは次、オーストラリアに持っていくようです。ダートの適鞍が国内では中々ないですからね。矢作先生は開成高校出身だけあって頭も良く、レース選択の判断が素晴らしいですね。今回モズアスコットをダートで再び開花させたのも、矢作先生の判断によるところが大きかったんではなかろうかと思います。

来週からは、中山・阪神開催に変わります。また違った気持ちで頑張りましょう。



関連記事

  1. 重賞回顧

    【2019日本ダービー】伏兵ロジャーバローズが勝利。今の東京の馬場の謎に迫る【ダービーレコード】

    令和初のダービーは、伏兵11番人気のロジャーバローズ(浜中騎手騎乗)が…

  2. 重賞回顧

    アルゼンチン共和国杯(GⅡ)回顧

    今日の東京のレースを見てて思ったのだが、関東の騎手のペース配分酷すぎな…

  3. 重賞回顧

    2018菊花賞のペースがやばい

    少し汚いタイトルになってしまいましたが、感じたことを書きたいと思います…

  4. 重賞回顧

    【2019高松宮記念】ミスターメロディ初の1200mでGⅠ制覇【波乱決着】

    高松宮記念を制したのは、初の1200m挑戦のミスターメロディでした。…

  5. 重賞回顧

    【2019エプソムC】雨がもたらす騎手心理について【レイエンダ】

    エプソムCはルメール騎手騎乗のレイエンダが勝ちました。もうここ…

  6. 重賞回顧

    2018年9月30日 スプリンターズステークス(GⅠ)回顧

    ペースは33.0-35.3 ▲2.3秒のハイペース…

  1. 馬場傾向

    9月29日(土)阪神 馬場傾向(ダート)
  2. 重賞予想

    2018年秋華賞(GⅠ)ペースから見る傾向
  3. 重賞予想

    【2019ヴィクトリアマイル】ラッキーライラックの不安点とは【荒れるGⅠ】
  4. 重賞回顧

    【ダノンプレミアム復活】2019金鯱賞回顧【大阪杯に向けて】
  5. 平場予想

    【東京3R】2/17(日)オススメの一頭
PAGE TOP