雑記

【ディープインパクト急逝】ディープが消えた競馬界はどうなる。

30日、ディープインパクトが亡くなった。17歳だった。
頸椎の骨折による安楽死とのこと。今年の途中から種付けを中止したというニュースを聞いていたので、そろそろ危ないのかなとは思っていたが、いざニュースで聞くと驚いた。

ディープインパクトは現役時代の成績はもちろん、種牡馬としても、まさに史上最強といえる成績を残していた馬だった。しかも、種牡馬としての成績は、現時点でもトップに君臨している。それだけに、今後の競馬界に与える影響は計り知れない。

この記事では、具体的にいつからディープインパクト産駒がいなくなり、競馬界の変化が起きるのか述べていきたい。

ディープインパクトの種付け数について

ディープインパクトの種付け額は1回6,000万円にも関わらず、その種付け数は年間200回を超えていた。これが、死因の原因の1つと私は思うのだが・・・。それはさておき、ここではディープインパクトの種付け数の推移を見ていき、具体的にいつからディープインパクト産駒がいなくなるのか見ていきます。

次の表は、次の2つのサイトを参考に私が作成しました。

JBISサーチ

https://www.jbis.or.jp/horse/0000742976/sire/generation/thorough_s/

日刊スポーツの記事

https://p.nikkansports.com/goku-uma/m/news/article.zpl?topic_id=1&id=201904020000342&year=2019&month=04&day=02


今年2019年デビューの世代は種付け年で言うと、2016年。生まれで言うと2017年生まれの世代である。
リアアメリアラインベックといったあたりが新馬戦を勝ち上がっている。

表を見て分かるが、順調に種付けができているのは2018年まで。
つまり、2018年に種付けされた2019年生まれが、ある程度数の揃った最後の世代と言える。
※2018年、2019年の生産頭数は、過去の割合を元に出した仮定数です。

馬のピークが4歳と考えると、この世代が4歳を迎える2023年がディープインパクト産駒が最後の輝きを放つ年となりそうだ。
つまり、2024年からはリーディング種牡馬から「ディープインパクト」の名前がほぼ消えることとなる。

これからの競馬界を引っ張るのはどの種牡馬になるのでしょう。



ディープインパクト産駒は、とにかく「瞬発力」に秀でているので、良馬場のスローペースからの瞬発力比べに滅法強かった。これが、ディープ産駒がいなくなると競馬界は混沌とするでしょうね。ハーツクライも高齢ですし、やはりディープのこども達の産駒が瞬発力勝負の中心になるのでしょうか。キズナ、リアルスティール、サトノダイヤモンド、フィエールマン・・・
うーん、こう見ると競馬界の中心はディープではなく、キンカメ系(ロードカナロア、モーリス、ドゥラメンテなど)にシフトする気がします。あくまで個人的な見解ですが。

関連記事

  1. 雑記

    【右手前・左手前】手前を替えるとは【得意・不得意】

    よく競馬において、「手前を替える」という表現が使われます。そもそも…

  2. 雑記

    【WIN5とは】2018年12月28日のWIN5を買うしかない

    2018年の有馬記念が終わり、例年であれば中央競馬は終わり。なので…

  3. 雑記

    【馬券で生かせる】ピッチ走法の馬とは【得意・不得意な条件】

    今回、取り上げるのは、馬の走法について。主に「ピッチ走法」という走…

  4. 雑記

    2018年を終えて。来年に向けた抱負について。

    2018年、中央競馬が幕を閉じました。武豊の4000勝や、ルメール…

  5. 雑記

    【競馬予想】JRA-VANデータラボの使い方【TARGET frontier JV(ターゲット)】

    こんにちは。この記事では、JRA-VANデータラボの人気No.1ソ…

  6. 雑記

    【桜花賞2019出走予定馬】これを見れば3歳牝馬の勢力図が分かる【賞金・ボーダーライン】

    いよいよ、2019年のクラシック競争が始まります。今回は、3歳牝馬の…

  1. 重賞予想

    2018ジャパンカップ(GⅠ)穴馬:ミッキースワローの魅力
  2. 平場予想

    【夏競馬の締めくくり】9月1日の競馬【新潟記念】
  3. 重賞

    【デアリングタクト2冠達成なるか】第81回優駿牝馬(GⅠ)と明日の田辺騎手
  4. 重賞予想

    2018秋華賞(GⅠ)出走馬分析 オールフォーラヴ
  5. 重賞

    【2019有馬記念】なぜアーモンドアイは有馬記念に出走するのか
PAGE TOP