雑記

【再び来日!】昨年のダミアン・レーンの成績を振り返る【オーストラリア出身】

昨年の有馬記念をリスグラシューで制した「D.レーン」が日本にやってきます。
最近、よく似た外国人がいっぱい来るので、違いが分からないという方も多いと思います。
今回は、レーン騎手について調べてみました。

ダミアン・レーンとは

1994年2月6日生まれの26歳。
父が調教師、母も元調教師という競馬一家の元で生まれる。
日本では、ノームコアでヴィクトリアマイル、リスグラシューで宝塚記念、有馬記念を制覇。
身元引受調教師は堀調教師、契約馬主は吉田和美。



昨年の成績

まず、目に入るのが単勝回収率、複勝回収率が100を超えているという点。
普通、外国人騎手は過剰人気になるので、これで回収率がここまで良いということは相当すごい。

ちなみに芝、ダートともに成績優秀。
まぁしいて言えば、ノーザンファームの御加護がありますので、芝の方がさらに優秀。

続いて、生産者別成績。まずは芝だけの成績。
ノーザンファームで19勝。その他を見ても社台系やゴドルフィンでしか勝っていません。
中小牧場の生産馬に乗っているときは注意。

続いてダート。
ノーザンファーム生産馬はもちろん、中小牧場生産馬でも勝ち鞍が確認できます。
ダートならノーザンファーム生産馬以外でもOK。



続いて距離別成績。まずは芝から。
うん、万遍無く素晴らしい。しいて言うと、1600mと2000mあたりに良績が集中しています。
やはりノーザンファーム生産馬に乗ることが多いので、このあたりの所謂根幹距離を走る馬が多いのでしょう。
逆に、非根幹距離の1800mでは連対すらなし。ノーザンファームの馬の特徴が良くわかります。

続いてダート。
こちらは、何となく距離が伸びた方が良い感じ。
一度、ルメール騎手の考察記事でも書きましたが、上手い騎手というのは基本的に長い距離でパフォーマンスを発揮します。
中山ダート1200mなんて、スタート出して後は押すだけみたいなレースですしね。あまり騎手の腕が問われるようなレースにはなりません。

ルメール騎手の記事はこちら。

 



次に調教師別成績。
上位はズラッと、ノーザンファーム御用達調教師が並びます。
特に堀厩舎での勝ち鞍が目立ちますね。

まとめ

いかがだったでしょうか。
まとめとしては「ノーザンファーム生産馬に乗ることが多いので、どちらかというと芝」「短距離より長距離
という感じですかね。

個人的にはノーザンファーム生産馬に多く乗るということは、良馬場で狙いたい騎手だと思っているので、今週はどうかなあと思っております。

関連記事

  1. 雑記

    サトノダイヤモンドが復活した理由

    去年の阪神大賞典以来1年7か月ぶりの勝利を挙げたサトノダイヤモンド…

  2. 雑記

    【WIN5対策】中山芝1600mの傾向【枠順、血統】

    今週のWIN5はキャリーオーバーで熱い!ということで、改めてWIN…

  3. 雑記

    【桜花賞2019出走予定馬】これを見れば3歳牝馬の勢力図が分かるPART2【賞金・ボーダーライン】

    前回の記事の続きで、桜花賞の出走予定馬の分析を行っていきます。PAR…

  4. 雑記

    【2019桜花賞・皐月賞】グランアレグリア、サートゥルナーリアに見るノーザンファームの凄さとは【C.…

    2019年の桜花賞はグランアレグリアが、皐月賞はサートゥルナーリアが勝…

  5. 雑記

    2018年10月7日のお得情報&勝負レース

    明日のレースのお得情報を一つ。ズバリ、東京ダート1600mの新…

  1. 重賞回顧

    【2019ユニコーンS】ワイドファラオ根性の勝利【ヘニーヒューズ産駒】
  2. 平場予想

    2018年8月18日 岩室温泉特別(1000万下)
  3. 重賞予想

    【GⅠ】フェブラリーステークスの予想【出走馬分析】
  4. 重賞回顧

    【2019重賞回顧】新潟記念、小倉2歳ステークス
  5. 重賞予想

    ミッキーロケットに続きマカヒキも回避…どうなるジャパンカップ
PAGE TOP