重賞

【2019有馬記念】なぜアーモンドアイは有馬記念に出走するのか

今週は2歳GⅠ朝日杯FSですが、有馬記念にアーモンドアイが参戦ということで、有馬記念の話をしましょう。俄然、テンションが上がってきました。まずは、今年の出走予定メンバーから。

有馬記念2019出走登録馬

久々に豪華メンバーですね。最近は人気投票上位馬が出走しないことも多かったので、競馬ファンとしては、これだけのメンバーが揃うことは素直に嬉しいですね。

そして、ここに来て、まさかのアーモンドアイの有馬参戦というビックサプライズ。フィエールマンに池添騎手が騎乗ということで、池添好きの私としては、とにかくテンションが上がっております。

では、まずアーモンドアイについて見ていきましょう。そもそも、アーモンドアイはなぜ有馬記念に出走するのでしょうか。



アーモンドアイ

言わずと知れた現役最強馬。初の中山、初の2500mと課題はたくさんあるが、先行できるようになった今なら問題なし?果たして現役最強を証明できるのか。

アーモンドアイが有馬参戦と聞いて驚きました。正直、香港カップ回避の時点で有馬に向かうことはないと考えていました主戦のルメール騎手がフィエールマンで有馬に向かうと発表されていましたし、ノーザンファームの意向としても、わざわざアーモンドアイを有馬に出走させるメリットもないんですよ。あえて、トリッキーな中山2500mを走らせてもプラスはないですからね。そんな中での有馬参戦発表。何か意図があるんでしょう。もしくは何かしらの圧力がかかったとか。

ノーザンファームの一口クラブの序列は「サンデーレーシング>キャロットファーム>シルクレーシング」です。それが、サンデーレーシングのフィエールマンに騎乗が決まっていたルメール騎手をわざわざ下ろして池添騎手に変更し、シルクレーシングのアーモンドアイを出走させるわけですから。これは相当なことです。

ここからは私の推測ですが、アーモンドアイが牡馬であれば種牡馬ビジネスのために、さらに大切に扱われたと思うのです。牡馬の場合、優秀な馬であれば、引退後に種牡馬として年間100頭以上種付けをすることになります。亡くなったディープインパクトは種付け料が1頭1600万円だったそうです。つまり、牡馬であれば、種牡馬になった時の価値のことを考え、レースを選択します。

ただ、牝馬の場合、生める子どもの数は限らていますので、牡馬ほど引退後のビジネス(お金)になりずらいのではと思ったのです。名牝から優秀な子どもが生まれることもあまりありませんしね。ダイワスカーレットしかり、ウオッカしかり。ですので、できるだけ現役の時に稼いでおこうと思うのが普通だと思うのですよ。まぁアーモンドアイほどの馬になると話は別なのかもしれませんが。



アーモンドアイが越えなければならない壁

そんな話はさておき、アーモンドアイが乗り越えなければならない壁はいくつもあります。

まず、中山コースが初めてだということ。
そして、2500mという距離。

いずれもプラスだとは思えません。広いコースで圧倒的なパフォーマンスを見せている馬ですし、いま思えば勝ったとはいえ、牝馬3冠の3冠目「秋華賞」が1番危うい競馬だったと思うのです。京都の内回り2000mというコースがそうさせたのであれば、今回の中山2500mもかなり危険性を含んだコースです。

距離に関しても、ドバイ遠征の際にルメール騎手からの進言で、ドバイシーマクラシック(2410m)からドバイターフ(1800m)に変えたという経緯があります。オークス、ジャパンカップで2400mをこなしたとはいえ、超高速馬場で行われていたことも考えると、暮れの中山2500mが合うかどうかは未知数です。これから他馬のことも見ていきつつ、アーモンドアイの取捨について考えていきましょう。



 

関連記事

  1. 重賞

    【デアリングタクト2冠達成なるか】第81回優駿牝馬(GⅠ)と明日の田辺騎手

    さて、オークスです。田辺騎手予報がメインなので、オークスは手短に。…

  2. 重賞

    【レース回顧】ジャパンカップ(GⅠ)を制したのはスワーヴリチャード

    最近、顕著な高速馬場化が進む東京競馬場ですが、重馬場で行われた今年のジ…

  3. 重賞

    【2019有馬記念】アルアイン~クロコスミア【出走馬分析】

    出走馬分析の続きを。アルアイン松山に皐月賞、北村友一に…

  4. 重賞

    【2020年】京都金杯(GⅢ)芝1600m【荒れるハンデ重賞】

    さて、2020年最初の重賞「京都金杯」です。毎年恒例のハンデ重賞。…

  5. 重賞

    【未知なる可能性】デアリングタクトの将来性とは【2020桜花賞】

    さて、桜花賞が終わりました。勝ったのは2番人気の「デアリングタクト…

  6. 重賞

    【名馬への登竜門】シンザン記念(GⅢ)の勝ち馬候補は2頭のみ【京都芝1600m】

    今週はジェンティルドンナ、オルフェーヴル、アーモンドアイなど名馬が輩出…

  1. 重賞予想

    2018ジャパンカップ(GⅠ)穴馬:ミッキースワローの魅力
  2. 重賞予想

    【2019ヴィクトリアマイル】ラッキーライラックの不安点とは【荒れるGⅠ】
  3. 雑記

    【競馬予想】JRA-VANデータラボの使い方【TARGET frontier J…
  4. 重賞

    【2019有馬記念】なぜアーモンドアイは有馬記念に出走するのか
  5. 雑記

    ハービンジャー産駒は長距離が苦手?
PAGE TOP