重賞予想

【GⅡ】中山記念が向く馬、向かない馬【出走馬分析】

中山記念の出走馬分析と、予想を行っていきたいと思います。
まずは枠順確定後の出馬表をご覧ください。

中山記念枠順

逃げると思われるマルターズアポジーが内に入ったので、上手くスタートが切れればスムーズに隊列は決まりそう。マルターズアポジーが出走することが決まり、ペースはある程度流れると思われます。

 

中山記念が向きそうな馬

ウインブライト

何と言っても中山巧者なこの馬。中山成績は何と「4-2-0-1」
そもそも、中山1800mは切れ味が要求されないコース。今回、マルターズアポジーが逃げ、離れた2,3番手を確保できれば、当然勝ち負けになる一頭だろう。

 

ラッキーライラック

初めて、坂路で仕上げてきたがタイムは良く出ている。坂路を左手前で駆け上がってきているのも好印象。
とにかくピッチ走法の馬で、広いコースよりも中山のような小回りコースは向いていると思う。
休み明けで、安定感のないオルフェーヴル産駒。買えない要素は多いが、ある程度期待している一頭。

 

エポカドーロ

この馬もオルフェーヴル産駒。
これもピッチ走法の馬で、中山が向く印象。実際、中山で結果を出しているし、何より皐月賞馬だ。
馬場は渋る方が良いので、開幕週がどうか。できれば時計がかかってほしい。

 

中山記念が向かない馬

ディアドラ

上がり勝負になれば、強烈な切れ味を使えるが、それが発揮できるかは微妙な舞台。
元々、前でも競馬できる馬だが、近走は行き脚がつかず、どうしても後ろからの競馬になってしまう。
さらに、目標は次のドバイなのは明らかで、無理に前に出して折り合いを欠くようなことはさせないと予想。
差し切れない可能性は十分考えられる。

 

スワーヴリチャード

手前の記事で取り上げさせていただいた馬だが、やはり「右手前」が得意な馬。
大阪杯を勝ったが、あれは途中「右手前」で捲りを決め勝った特殊なレース。中山1800mが向く馬かと言われれば、明らかにノーだ。

ちなみに追い切りの映像を確認しましたが、栗東のウッドコース(右回り)の直線を相変わらず「右手前」で走っていることが確認できました。

ご覧の通りです。やはり相当「右手前」が好きなのでしょう。
やはり右回りでは評価を落としたい一頭ですね。

 

結論

馬券的には、ウインブライト、ラッキーライラック、エポカドーロを重視して買いたいと思います。
開幕週なので、土曜日の馬場傾向には要注目ですね。

 

関連記事

  1. 重賞予想

    2018年8月12日 第23回 エルムステークス(G3)

    まず出馬表から内枠に先行馬が揃った印象です。&…

  2. 重賞予想

    2019シンザン記念。出走馬検討。

    2019年、最初の3歳重賞。シンザン記念。去年のアーモンドアイ、古…

  3. 重賞予想

    2018年菊花賞(GⅠ)ペースから見る傾向と分析

    今週は3歳牡馬クラシック、最後の1冠「菊花賞」です。まずは基本デー…

  4. 重賞予想

    【GⅠ】フェブラリーステークス狙いの2頭【出走馬分析】

    私事ですが、引っ越しで忙しく、更新が途絶えてしまいました・・・こう…

  5. 重賞予想

    2018年秋華賞(GⅠ)ペースから見る傾向

    今週は3歳牝馬最後の1冠「秋華賞」です。まず、基本データを見てみま…

  6. 重賞予想

    ミッキーロケットに続きマカヒキも回避…どうなるジャパンカップ

    この記事を書き始める前に、マカヒキのジャパンカップ回避が発表されました…

  1. 重賞予想

    2018年9月30日 スプリンターズステークス(GⅠ)全馬分析前半
  2. 重賞予想

    2018ジャパンカップ(GⅠ)穴馬:ミッキースワローの魅力
  3. 重賞予想

    有馬記念。買い目最終決定。
  4. 平場予想

    2018年10月6日 東京6Rダート1400m予想
  5. 重賞予想

    【2019金鯱賞】リスグラシューの魅力とは【実は左回り巧者?】
PAGE TOP