平場回顧

2018年10月2日 阪神6Rダート1400m回顧

まぁ予想したからには回顧しないとね。
皆さんも予想したレースをただ見るだけ。
という方は多いと思います。

なぜ、「自分が推した馬は勝ったのか、あるいは負けたのか」
は必ず分析した方が良いと思います。
それが次の予想につながるわけですからね。

レース結果


ペースは40.4-45.2で‐4.8秒のハイペース。
11.5→12.4→13.0で一本調子型。

馬場が稍重だったこともあり、
騎手の意識が自然と前へとなったのかなと。

よく馬場が悪い時に、
差しが届くことが良くありますが、
やはり騎手の意識が大きく関わっていると思いますね。

今回のレースで見ると、
最後の1Fで大きく落ちている。

先行するにしても、差すにしても、
いかに前半無理なく進められたかが
ポイントだったんじゃないかな。

1着タガノリアンは外枠から良いスタートを切り、
ペースが速いと見るや無理せず中団に。
下げすぎずに、中団につけ、捌いてきたことが勝因かな。

このレースを端的に表してるのが、
3着のシャワーブーケかなと。
映像を見ても、楽に先行できてるのはシャワーブーケのみ。

やっぱり外枠が大きいよなあと。
この展開で、オーロスターキスが来ないのが納得いかないなあ。
状態面が整ってなかったとしか考えられない。

そういう意味では
1番のレディギャングは一番きつかったよなと。
阪神ダート1400mで1番から押し切る馬は相当強い馬です。
こういうレディギャングみたいな馬は
次出るレースで、外枠などに入った時は少し評価を上げる必要がありますね。

阪神ダート1400は
外枠からすんなり先行できる馬を買うだけでいいです。

これに該当する馬を見つけるのが難しいんですけどね。

関連記事

  1. 平場回顧

    今週のおさらい

    では、買ったレースのおさらいをしていきます。…

  1. 重賞回顧

    エルムステークス回顧
  2. 重賞予想

    【2019大阪杯】阪神内回り2000m攻略の鍵とは【出走予定馬分析】
  3. 馬場傾向

    9月29日(土)阪神 馬場傾向(ダート)
  4. 重賞回顧

    2018年9月30日 スプリンターズステークス(GⅠ)回顧
  5. 重賞回顧

    2018有馬記念回顧。ブラストワンピース池添謙一。
PAGE TOP