重賞

【2023優駿牝馬オークス】圧倒的1番人気リバティアイランドは信頼できるのか

今週は優駿牝馬オークスです。
桜花賞で圧倒的な力を見せつけたリバティアイランドが中心視されています。

果たして、リバティアイランドは信頼できるのかデータから見ていきましょう。

出馬表

東京2400mは基本的に内が有利なので、リバティアイランドは良い枠に入りましたね。
できれば偶数枠が欲しかったと思いますが、まぁ問題ないでしょう。

リバティアイランドの不安データ

前走の桜花賞は、内前有利の馬場の中を差し切っての勝利だったので、正直かなり強い内容でした。
能力的には抜けている印象ですが、不安点がないというわけでもありません。

まずは距離不安です。
馬の距離不安ではなく、厩舎の距離不安です。
中内田厩舎はマイルで素晴らしい実績がありますが、長距離での実績はありません。

以下は最近5年の中内田厩舎の距離別重賞実績です。

1600mまでであれば、勝率20%超え、単勝回収率も100を超えています。
一方、2100m以上になると勝率は0%で勝ちがありません。距離が伸びるほど成績が下がっていることを見ると、距離が伸びることは厩舎的にはマイナスです。

次に鞍上の川田騎手の長距離実績についてです。
以下は最近5年間の川田騎手の距離別重賞実績です。

こちらも綺麗に距離が伸びるほど成績が下がっています。
中内田厩舎は重賞で川田騎手も乗せることが多いので、中内田厩舎の成績と川田騎手の成績がリンクしているのかもしれませんね。

ということで、リバティアイランドは血統的には距離不安はないのですが、厩舎・騎手的には距離延長は間違いなくマイナスでしょう。

では、リバティアイランドを負かすことができる馬はどの馬なのでしょうか。
一般的に、強い馬を負かすとすれば前で競馬ができる馬と言われています。

可能性があるとすれば12.ハーパー、9.コナコースト、14.ペリファーニアの3頭でしょう。
もし、リバティアイランドが怪しいと思われる方はこれらの馬から狙ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 重賞

    【枠順確定後】2020年京都金杯(GⅢ)買える馬。買えない馬。

    1月5日(日)の京都金杯の枠順が確定しました。そもそも、前日にならない…

  2. 重賞

    【2020年】京都金杯(GⅢ)芝1600m【荒れるハンデ重賞】

    さて、2020年最初の重賞「京都金杯」です。毎年恒例のハンデ重賞。…

  3. 重賞

    【名馬への登竜門】シンザン記念(GⅢ)の勝ち馬候補は2頭のみ【京都芝1600m】

    今週はジェンティルドンナ、オルフェーヴル、アーモンドアイなど名馬が輩出…

  4. 重賞

    【2019有馬記念】アルアイン~クロコスミア【出走馬分析】

    出走馬分析の続きを。アルアイン松山に皐月賞、北村友一に…

  5. 重賞

    【2019有馬記念】アーモンドアイ~アエロリット【出走馬分析】

    いよいよ、来週はグランプリ有馬記念です。今年も1年早かったですね。…

  6. 重賞

    【2020年2月16日(日)】共同通信杯(GⅢ)&京都記念(GⅡ)【出世レース&古馬の始動戦】

    今週は、3歳馬の出世レース「共同通信杯」と古馬の始動戦「京都記念」です…

  1. 平場予想

    2018年9月1日 長岡ステークス(1600万下)
  2. 雑記

    このサイトの説明&使い方
  3. 重賞予想

    【2019大阪杯】阪神内回り2000m攻略の鍵とは【出走予定馬分析】
  4. 重賞予想

    【桜花賞トライアル】チューリップ賞(GⅡ)の危険な人気馬【阪神1600m】
  5. 重賞

    【牡馬クラシック1冠目】2020皐月賞(GⅠ)で激走するのはこの馬だ【重馬場】
PAGE TOP