重賞

【2019有馬記念】アーモンドアイ~アエロリット【出走馬分析】

いよいよ、来週はグランプリ有馬記念です。
今年も1年早かったですね。来年はもっと更新頻度を上げていきたいと思います。というより503エラーが多発する問題を何とかしたい。誰か教えて・・・

アーモンドアイ

言わずと知れた現役最強馬。初の中山、初の2500mと不安もあるが、圧倒的な強さで現役最強を証明できるか。

まぁ、この馬を自信を持って消せるという人はいないと思うので、後は馬券を買う人のスタンス次第ですね。個人的に有馬記念は好きな馬を買うレースだと思っているので、人それぞれレースを楽しむ気持ちが必要かと。

それはさておき、アーモンドアイが中山2500mを走ることは結構リスクがあると思います。そもそも、アーモンドアイがなぜ有馬記念に出走するのか、前回の記事でまとめましたのでご覧ください。

 

 

この記事でも少し書いたのですが、やはり初の中山、2500mというのは最大のリスクです。東京コースが力を出しやすいコースであるのに対して、中山コース、特に2500mは紛れが起きやすいコース形態です。アーモンドアイは、おそらくオッズで言うと2倍前後になる(下手したら1倍台もありえる)ことを考えると、割りに合わない感じはあります。

ただ、最近のアーモンドアイはある程度前で競馬ができるようになっているので、その点は安定材料ともいえる。桜花賞までは後ろから差す競馬しかできなかったこの馬が、オークスで前からの競馬をするようになった。現代競馬では、後ろからの競馬だけではやっていけないことをルメールはよく分かっていたのでしょう。この辺はさすがルメールといったところですね。オークス以降、世界レコードを記録したジャパンカップなど、割りと前付けしてレースができるようになりました。これは、中山2500mを勝つ上では非常に重要な点ですね。やはり、中山2500mは後ろからの競馬で届かないことがある。それはディープインパクトが証明してくれています。

ただ、アーモンドアイが必ず前付けできるかと言われれば、そういうわけでもありません。皆さん忘れているかもしれませんが、アーモンドアイは決してスタートが速い馬ではありません。良いスタートを決めたジャパンカップも、運良くたまたま前脚を上げた瞬間にゲートが開いただけなのです。特に、有馬記念はまず枠番が重要だと言われますので、アーモンドアイがどのゲート番号に入るかも注目ですね。馬場もパンパンの良馬場の方が良いのは明らかで、暮れの中山が合うとは思えません。今のところ、枠順によっては、印を下げようかと思っています。



アエロリット

抜かれても差し返す根性娘。引退レースも根性で凌ぎきるか。

この馬には何度もお世話になりました。アエロリットの良さは、何と言っても逃げ馬で交わされても、もう一度差し返す根性があるところ。何度も見させていただきました。

ただ、お世話になったからこそ分かることがあります。この馬は高速馬場専門であるということ。というよりも、超高速ラップを踏み続けることが得意な馬です。正直、馬場も合わないと思うし、距離もさすがに長いと思うので馬券的にはパスかな。外枠に入れば確実に要らないでしょう。

でも、この馬の出方が展開のカギを握るのは間違いないでしょう。恐らく3コーナーくらいからペースを上げていくはず。結構早めに垂れると思うけどね。



関連記事

  1. 重賞

    【秋のマイル王決定戦】マイルCSの勝ち馬を見つけよう【スワンS組は?】

    今週末は秋のマイル王決定戦。マイルチャンピオンシップ(GⅠ)です。…

  2. 重賞

    【2020年】京都金杯(GⅢ)芝1600m【荒れるハンデ重賞】

    さて、2020年最初の重賞「京都金杯」です。毎年恒例のハンデ重賞。…

  3. 重賞

    【2019有馬記念】アルアイン~クロコスミア【出走馬分析】

    出走馬分析の続きを。アルアイン松山に皐月賞、北村友一に…

  4. 重賞

    【2020エリザベス女王杯】大外枠も関係なし。ラッキーライラック連覇達成【引退レース?】

    11月15日、阪神競馬場で行われた第45回エリザベス女王杯。勝った…

  5. 重賞

    【未知なる可能性】デアリングタクトの将来性とは【2020桜花賞】

    さて、桜花賞が終わりました。勝ったのは2番人気の「デアリングタクト…

  6. 重賞

    【名馬への登竜門】シンザン記念(GⅢ)の勝ち馬候補は2頭のみ【京都芝1600m】

    今週はジェンティルドンナ、オルフェーヴル、アーモンドアイなど名馬が輩出…

  1. 重賞回顧

    2018年9月30日 スプリンターズステークス(GⅠ)回顧
  2. 重賞回顧

    第64回産経賞オールカマー(GⅡ)回顧
  3. 重賞

    【牡馬クラシック1冠目】2020皐月賞(GⅠ)で激走するのはこの馬だ【重馬場】
  4. WIN5

    WIN5企画始めます。
  5. 重賞予想

    2018天皇賞秋は間違いなく瞬発力勝負になる
PAGE TOP